マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ジョジョの実写映画でキャストや山崎賢人がひどいと批判!?画像で比較!

time 2016/05/30

ジョジョの奇妙な冒険4部(ダイヤモンドは砕けない)の実写映画化が発表されてしまいましたね。

以前、松潤が3部の承太郎をやるときは、

身長が195センチないからイメージと違う」ということで、

荒木先生がストップをかけました。

(ソース:2016/6/28 デイリーニュースオンライン)



今回は4部の仗助で身長180センチ(初登場時は185センチでしたが、180センチに改められています)なので、

日本人でもいけるだろう、という判断だそうです。


でも、原作ファンからすると、そういう問題じゃないような……。



この記事では、既に決まっているキャストと原作キャラの比較や、

映画化に対するファンの反応などをまとめます。






実写化の比較



東方仗助/山崎賢人



ジョジョ4部 映画
(C)荒木飛呂彦

山崎賢人 空条承太郎 画像

山崎賢人に、サザエさんみてーな頭は無理だと思います。



広瀬康一/神木隆之介


ジョジョ4部 映画 こういち
(C)荒木飛呂彦

ジョジョ4部の映画 神木隆之介

最大の敵は身長ですね。

神木隆之介は167センチ、康一君は公式で157センチ、

実際は100センチぐらいです。



空条承太郎/伊勢谷友介



ジョジョ4部の映画 空条承太郎
(C)荒木飛呂彦


ジョジョ4部の映画 空条承太郎/伊勢谷友介

4部の承太郎は28才と落ち着いているので、

この中ではアリな方かなーと思っています。



片桐安十郎/山田孝之


ジョジョ4部の映画 アンジェロ
(C)荒木飛呂彦

ジョジョ4部の映画 アンジェロの山田孝之

山田孝之さんは一時期、吉良吉影を演じると言われてましたが……、

今回は4部の第一章と、章分けすることになったので、

敵役がアンジェロになったんでしょうね。


(正確に言うと、二章が放映されるかはファンの反応次第だとか)

虹村億泰/真剣佑


ジョジョ4部の映画 虹村億泰
(C)荒木飛呂彦


ジョジョ4部の映画 真剣佑 虹村億泰
金髪のせいか、どっちかっていうと形兆に見えてきますね。



虹村形兆/岡田将生


ジョジョ4部の映画 虹村形兆
(C)荒木飛呂彦

ジョジョ4部の映画 虹村形兆/岡田将生
原作以上に似てない兄弟になりそうですね。



山岸由花子/小松菜奈


ジョジョ4部の映画 山岸由花子
(C)荒木飛呂彦

ジョジョ4部の映画 小松菜奈 山岸由花子

今回の中では一番、原作に近いかも?

山岸由花子の狂気がどこまで再現できるかですね。



Sponsored Link



ロケ地はスペイン


映画の記者会見では、

合わせてロケ地がスペインで行われると示唆されました。


えーと、舞台は日本ですよね?皆、日本人ですよね?




なぜスペイン?



いや、確かに荒木先生はそっちの雰囲気好きだけども。

5部の映画化も見るなら、そっちの国に慣れておきたい気持ちもわかるけれども。

せっかく原作で唯一、日本だけで完結する物語なんですから、(多分8部もだけど)

4部くらい日本でやりましょうよ。


ちなみに、映画化にあたり、プロデューサーの平野隆氏のコメントがこちら。



日本人が、日本人が主人公、日本を舞台にした作品に挑むのは必然的。

話もすごく面白いので、4部をやりたかった」




だから、なんでスペイン


原作ファンの反応



ここで、ツイッターの原作ファンの呟きを見てみましょう。



















皆の心は一つ……!!



三池監督の評価



今回、ひどいと言われる原因の一つが

三池 崇史監督の作品、というところもあるようです。


個人的には、「悪の教典」は好きでしたが……

テラフォーマーズは擁護できない。


公開して2週間で映画館に客が一人ってどういう映画ですか。



さいごに


ということで、ジョジョ4部の実写映画についてでした。

色々酷評しましたが、騒いだところで、既に制作が決定されているのも事実。


もはや、私にできることは、

制作がうまくいくように祈ることと、「覚悟」することだけです。



「覚悟」するものは幸福である!!



ジョジョ4部のコミックスはこちら

【漫画】ジョジョの奇妙な冒険 [新書版] 第4部 ダイヤモンドは砕けない 全巻セット(29-47巻 計19巻)/荒木 飛呂彦/集英社



Sponsored Link




down

コメントする




カテゴリー