マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

アイドルデスゲームTVのストーリーやエンディングをネタバレ!評価や感想!

time 2016/07/12

『アイドルデスゲームTV』は
女の子たちがセンターを争うゲーム…だけど?





PS Vitaで今年の10月20日

発売する『アイドルデスゲームTV』…

ちょっと調べてみたら、

なかなかエグいゲームですね…。





命かけてセンター争いって

どんなゲームなんだ…怖い

まるで江戸城大奥の女中たちです。

これはさらに、深いストーリー展開や

最後はどんな結末を迎えるのか

知りたい
ですよね。





そこで、この記事では

『アイドルデスゲームTV』の

ストーリーやエンディング
について

書いていきますよ!

すでに出ている評価・感想についても

まとめていきます!








Sponsored Link








『アイドルデスゲームTV』
ストーリーのネタバレ!





人気アイドルグループ

”プロジェクト・47”

センターを決めるイベント

”ドリーム・オブ・ドリーム”(D.O.D)





そんな大きなイベントであるD.O.Dですが

今年は異常な雰囲気が立ち込めています

それは、

人気ランキング下位のメンバーも含まれる謎の選抜基準

台本もなく、イマイチわからないイベント内容…という

いつもではありえない状況があるから。

アイドルデスゲーム 画像1 (▲この状況もどういうことなのか!?)





この疑問をもったまま、

テレビの生放送は始まりつつあった。






その奇妙なイベント…

それは…




センター争いの審査で

落ちてしまった人


この世から抹消されてしまう…

ということ。

アイドルデスゲーム 画像2
アイドルデスゲーム 画像4


『デスライブ』という罰ゲームに

よって、その罰を喰らいます…。

アイドルデスライブ 画像3 (▲こういうゲームにはつきもの。かわいいキャラが逆に狂気感を高めています)





こんな命をかけた審査を

乗り越えていくゲーム
が、

アイドルデスゲームTV』です。








『アイドルデスゲーム』の
エンディングはどうなる…?





ゲームの内容を調べたところ…

キャラクターごとの物語が楽しめる

ということ。

そして、勝ち残ったキャラクターによって

物語での生き残るアイドルも変わっていく

とのこと。





…となると、エンディングは

選ぶアイドルによって違って

いろんな結末が待っている
んだと思います。





そのうえで、生き残ったアイドルは

「みんなのことは忘れない!」

という感じで、新しい道を歩んでいく

という展開になりそうです。





もちろん、黒幕も明らかに

なるでしょう
が、黒幕は

「プロジェクト・47」の

生みの親、いわゆる秋元康みたいな

キャラになる
でしょうね。

アイドルデスゲーム 秋元康 画像 (▲ちょっと、黒幕っぽい顔をしてらっしゃるような…)



Sponsored Link




『アイドルデスゲームTV』の
評価・感想まとめ!




アイドルデスゲームTV』は

現段階で、どういう評価を

うけているんでしょうか?


ちょっとTwitterの反応

見てみようかと思います。



▷みんなの反応!


















…やはり、「面白そう」「楽しみ」

というポジティブな感想が多いです!




まぁ、確かにこの設定はいままでなかったですよね。

いままでは、

かわいい女の子同士がいちゃいちゃする

か、

かわいい女の子がひたすら頑張る

くらいのパターンのゲームくらいしか

なかったですから、

まさか、かわいい女の子が

センターを争いあって

欲望をぶつけ合う
なんて…





そんな、男子には

恐ろしい世界を体験できるゲームなんて

ありませんでした。

これは、ほんとに楽しみです!

(学校で女子って、仲よさそうに見えて

めっちゃ悪いこと…よくありますからね)






まとめ



というわけで

アイドルデスゲームTV

について、ストーリーや

エンディングのネタバレをしていきました!

可愛い女の子たちが

センターを競って骨肉を争う…


そんな、ある意味異世界を体験できる

ゲームになる
でしょう。




購入はこちら

amazon限定版楽天





Sponsored Link





down

コメントする




カテゴリー