マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ウイニングイレブン2017にJリーグのチームや選手は登場する?

time 2016/07/19

2017/06/07追記!!

ウイニングイレブン2018のJリーグ登場について書きました!
→ウイニングイレブン2018でJリーグのチームや選手は使える?評価や感想!


『ウイニングイレブン2017』
今回こそJリーグの選手はちゃんと使えるか!?





ウイイレ」といえば

Jリーグの選手が普通には使えず

”神データ”で忠実に再現したもので

我慢する…
というのが常識でした。





でも、今回の新作

ウイニングイレブン2017

こそは、使えるようになったりしないのか!?

気になりますよね!






そこで、この記事では

『ウイニングイレブン2017』で

Jリーグのチーム・選手は

使うことができるのか


これについて書いていきます!

















『ウイニングイレブン2017』
Jリーグの選手は…?





今回も「神データで対応すれば

Jリーグ(風)の選手をつかえる

ということに、なりそうです。





ええと、つまり…

今作でもJリーグの選手は

使えない
』ということです。





やはり、前作の2016のときから

コナミがJFAのスポンサーを

降りたのが決定的な原因
に。






この一件があってから

Jリーグのチームや

選手を登場させるのには

無理がありそう…。


これは今回だけでなく

今後も厳しそうです。





ただ、やっぱりそこは

ウイイレの選手を作る機能で

精巧に再現してくれる職人さんが

Jリーグの選手を作ってくれるので

それで、楽しむのが良いでしょうね。






…それでも、やっぱり

ちゃんとJリーグの選手を

使いたい!!


そういう気持ちもわかります。





そんなアナタに朗報です!





なんと、別会社のゲーム

FIFA2017』では

Jリーグのチームと選手が使える

んです。






『FIFA2017』では
Jリーグのチームの選手が使える…!




よくウイイレと比較される『FIFA』シリーズ。

FIFAも、いままではウイイレと同じように

Jリーグチームの選手は使えなかったんですが、

今回、EAスポーツとJリーグが契約したことによって

使えるようになったんです…!

(ただし、”J1”だけですが)







なので、「どうしても

Jリーグのチームと選手を使いたい!


というのであれば、

今年の10月頃に発売が予定されている

『FIFA2017』を買うことを

オススメします。






ただ、そのうえで

ゲーム性として

優れているのはウイイレ
だと

わたしは思っています。





ゴールした後のモーションとか

リプレイ動画の長さ、

初心者でも動かしやすい操作性…

などウイイレの魅力はたくさんあります。




(▲FIFAがゴールのシーン間際しか、リプレイしないのに対して…)




(▲ウイイレはゴールに至るまでのシーンや、シュート直前の描写がかっこいい)





チームの選手の再現性という意味では

FIFAシリーズが良いかも
しれませんが

操作性や勝ち負けのゲーム性という意味では

ウイイレシリーズがおすすめ。





ただ単にJリーグ選手を使いたいから

という理由で『FIFA2017』を買っちゃうと、

「あれ?操作しにくい…」

とか、なるかもしれないので

今作も神データで我慢して

次回からライセンス問題とかを解決してくれる

ことをお祈り
しましょう。






まとめ




というわけで

ウイニングイレブン2017』の今作も

Jリーグチームの選手が登場することは

ない
ようです。

どうしても使いたい!というアナタには

『FIFA2017』をおすすめしますが、

やはりゲーム性、操作性の面で

優れているのはウイイレだと思うので、

今回も神データで我慢して

楽しむのが良い
でしょう。




今作のウイイレについて

ちょっとでも気になるところが

ある人は、ぜひコメントで

語り合いましょう!!




購入はこちらから!

ウイニングイレブン2017【PS3】



ウイニングイレブン 2017【PS4】



ウイニングイレブン2018については!

→ウイニングイレブン2018でJリーグのチームや選手は使える?評価や感想!

















down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック