マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ハンターハンターの35巻の発売日に表紙にネタバレや感想!36巻はいつ?

time 2016/07/28

ハンターハンターの35巻の発売日に表紙にネタバレや感想!36巻はいつ?

『私が止める』クラピカがそう言って、連載が止まってから幾年月。
ようやく先日、ハンターハンターの連載が復活しました。


私自身は富樫大先生に調教されているので、「意外と復活は早かったなー」と思わんでもないです。
なんつーかもう、死ぬ前に書き終えてくれればそれでいい、みたいな感じ。



この記事では、ハンターハンター35巻のネタバレや、発売日がいつかを考えていきます。




Sponsored Link



35巻の発売日はいつ?



2018/01/10追記


35巻の発売日は、

2018年02月02日(金)

です。


予約はこちら
HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス) [ 冨樫 義博 ]




35巻の発売日はいつになるのか?
これはもう、冨樫先生の仕事ぶり次第ですので、幾つかパターンが有ります。



パターン1:いつもの冨樫先生


いつも通りの冨樫先生だと、9~10話書いたくらいで、また1年程の充電期間があるでしょう。

34巻発売&連載再開が2017年6月26日ですので、
王道パターンをいくなら、

2018年6月

が35巻の発売日になると思われます。

(因みに、33巻の発売日は2016年6月です。
34巻が今年の6月と考えれば、けっこうありえると思います)



パターン2:冨樫先生が覚醒する


ないとはいえませんが、万が一、いや、億が一の確率で、冨樫先生が週間連載を復活したとしましょう。

この場合、35巻の内容を2ヶ月半で書き終え、そのあともスムーズに進めるということですから、発売日は

2017年10月2日(月)

とかになります。


自分で書いてて興奮してきました。
本当に今年中に35巻が出たらマジで嬉しいです。


ただ、そのためには2つの高い壁をのりこえなくては行けません。


・冨樫先生の腰痛が再発しない

・冨樫先生が7月末発売のドラクエ11にハマらない


これは高すぎるハードルですよ




因みに36巻の発売日は?



36巻の発売日は、当然ですが35巻の発売日次第です。

パターン1,35巻が来年発売なら、36巻の発売日は再来年、2019年でしょう。
パターン2,普通に連載が続くなら、2018年12月29日(金)とかになりそうです。

(最近のジャンプコミックスは、1月頭発売のコミックスを、12月末に前倒しする傾向にあります)


表紙はどうなる


表紙は分かり次第追記します



Sponsored Link




35巻のネタバレ



361話



サイールドが奇声を上げつつクラピカに突進していく。
突きつけられた包丁を華麗に避けたクラピカは『導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)』を使ってサイールドの腕を拘束し、そのまま地面に叩き伏せる。

呆気に取られているビルに、クラピカはサイールドを拘束しながら問いかける。


クラピカ「ビル、さっき話した3つの方法…継承戦からの離脱にこいつは必要か?」

ビル「…必要だったのはカートンの方だ…具現化系で最大5人乗せることが可能な船か車に『変身』できた」

「ジョイント型で他人のオーラが必要だったが…」

サイールドに話しかけるクラピカ「お前の系統と能力は?」

サイールド「ヒマだったから…頼まれたから!」

サイールドはうつろな目で答える。



ビルに視線を送るクラピカ

焦るビル「彼の了解を得ずに俺が勝手に彼の能力を教えるわけには…」

クラピカ「この危機的状況を早急に解決するため必要な確認だ!」

「王と王妃の安全が最優先だという言葉は偽りか?」

ビル「サイールドは放出系能力者だが…使う能力は操作系よりだな…」

「念をボール状に飛ばし 捕えた虫を操るっていう」

クラピカ「なるほど。使えるかもしれない」

人差し指の鎖を具現化するクラピカ。
鎖の先端には注射器が付いている。

注射器には十字架とイルカのマークが。





――――クラピカ回想

修業時代のクラピカ。
夜の森でイズナビと話している。

イズナビ「1つは残しておけ」

クラピカ「残す?なぜだ?」

イズナビ「様々な能力を指ごとに使い分ける鎖のアイディアには基本賛成だが…」

「どうもお前はその鎖を『一人で戦い抜くため』だけに使いそうな気がする」

クラピカ「…何が悪い?」

イズナビ「念の戦闘は相手が複数ならこっちも複数が大原則だ」

「それ程に能力の相性やコンビでの攻撃は個人の力を凌駕しやすい」

「戦ってみればわかる…と言いたいとこだがそれだと手遅れだからこうして忠告してる訳だ」

クラピカ「……」

イズナビ「ま、お前は納得しないよな」

「だから折衷案だ」

「実際に戦ってみて何が足りないかを実感したら それを補う能力を加えることを勧める」

「目的を誤るなよ?」

「お前は『自分の気が済む様にやれれば失敗しても満足』ってタマじゃない」

「目的達成の為にならあらゆるものを二の次にしたい類の人間だろ?」

「A級首の集団と戦争する気なら 私情を捨てて仲間を募れ」

クラピカ「…仲間といいながら都合のいい捨て駒を集めろと言う事か?」

イズナビ「…そうはならないさ」

「それも仲間と共に闘えばわかる」




――現在

クラピカ(確かに…お前の言う通りだったよ)

(シンプルに事が進む程簡単ではなかった)

(だが…! それでも…! だからこそ!!)

(一人で戦い抜く力が欲しい!!)

クラピカの脳裏にヨークシンでのゴンやキルア、レオリオ、それにワブル王子の姿が浮かぶ。

『奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)!!』

注射器がサイールドの胸に刺さる。
チュウウゥゥ…と中身が自動で注入されていく。

と同時にサイールドからクラピカへオーラが流れていく。

ビル「な、一体何を…!?」

クラピカ「一時的にだがサイールドの念能力を預かる」

「こうして注射器でオーラを吸い続けると『絶』と同じ状態にも出来る」

「『念獣』が宿主のオーラを必要とする寄生型ならば その念獣がサイールドに憑けているモノも寄生型かも知れない」

ビル「!?」

「…もし! 出ていかなかったら!」

「絶状態で悪意ある念にさらされ続けたらサイールドの心身はすぐに壊れるぞ!」

クラピカ「王妃と王子の安全が最優先…!」

「その危惧が現実になったらその情報を基に次の対策を立てられるだろう?」



「もしもこの後私がやられたらそれを君が考えるんだぞ? ビル…!」

何も言えないビル「……」

クラピカ「無論、君が別の念獣にやられたら私は新たな情報を得るために同じことをする」

ズズズズ…

「ギギ?」

サイールドの耳から”顔が熊のぬいぐるみになっている蜘蛛”が出てくる

目が緋色に染まるクラピカ
這い出てきた蜘蛛が逃げ出す


クラピカ(人差し指のエンペラータイム!!)

注射器からイルカの模型のようなものが飛び出す。





蜘蛛は通気シャフトの中へと逃げていく。
目線で追いかけるクラピカ。

クラピカ「奪った能力をセット!」

イルカ『セット完了! 解析します!』


『奪ったのは能力名裏窓(リトルアイ)』

『実際の小動物をボール型の念で捕まえそれを操る能力』

『ただし念で具現化された生き物はその範疇に含まれません』

クラピカ(敵の能力を逆操作するものではなかったか…)

(今の念獣…『ヒマ』というキーワードをきっかけに人を操る能力か…!?)

(しかし…『念獣の声が聞こえる事』が発動の条件なら)

(王子達をはじめ能力者でない者には効かない能力…!?)

イルカ『リトルアイの対象となる小動物を探してください!』

『能力を発動し ワタシが解除しない限りエンペラータイムは強制的に続きます!』

『エンペラータイムが発動している間は…』

クラピカ「わかってる。しばらく待機だ」

イルカ『了解』

クラピカ「ビル。もう大丈夫だと思うがサイールドをイスに拘束してくれ」

拘束されたサイールドは正気に戻っている。

サイールド「その…でかいヌイグルミみたいな奴と話した後にその…」

「小さなヤツがまとわりついてずっと俺に聞くんだ」

「ヒマか?って…」

「なぜかそいつはカートンにさえ見えないらしくて『ヒマじゃない消えろ!』って何度言っても全然聞かないから…つい…」

「その途端…体が自由に動かなくなって…あとは…」

やって来たカキン軍が死体を運んでいく。



「殺害犯は?カキン軍が拘束聴取するのでお引渡し願う」

サイールド「俺の能力はどうなってる…?」

注射器を取り出すクラピカ「まだ中だ」

サイールド「ならあんたがずっと持っててくれていい」

クラピカ「そうしたいのはやまやまだが 一度使うと自動的に本人へ能力が戻る縛りだ」

サイールド「そうか…一応もう少し説明しておく」

「俺の能力で操れるのは最大でハムスターくらいの小さな生き物だ」

「その生き物が見聞きしている情報を離れた場所にいても入手できる」

「ハエや蚊だと目立たなくていいが 天敵にやられたり殺虫剤で死ぬこともある」

「あんたの言ってる一回にもしかしたら捕獲失敗も含まれるかもしれないから注意してくれ」

「すばしっこいヤツは俺でも捕まえ損ねる事が時々あるからな」

「うまく使ってくれ。そいつで真犯人をみつけてくれよ」

そう言い残してカキン軍に連行されるサイールド。

入れ違いで2人の女中がクラピカの元へ。

女中「あの…もう…私共もこれ以上耐えられません」

「軍に拘束されても追放でも構いませんのでやめさせて下さい」

残されたのはクラピカ・ビルと2人の女中のみ。



クラピカ(出航してまだ…わずか2時間)

(11人の護衛が2人に…!)

クラピカ「話の途中だったな。方法の残り2つはカートンがいなくとも可能なのか?」

ビル「ああ…だが1つはパリストンの協力が必要で難易度は高い」

「もう1つはビヨンド氏の協力が必要で難易度はもっと高い」





――王子居住区エリア12区

護衛「本当に…モモゼ王子も警護はいいのですか?」

セヴァンチ「しつこいわね! 警護兵が6人もいれば十分よ!」

「この子の方が怖がってるの! 安心させてあげたいのよ!」

「マラヤームの警護の方が重要だから! 早く来て!」

ハンゾー(いいのか?本人に聞こえてるぞ?)

護衛「しかし我々はモモゼ王子との契約で…」

セヴァンチ「いいのよ! マー君の為に私が契約したの! ちゃんとお金は払うわ」

従者「私共も…移動してよろしいのですか?」

セヴァンチ「そうよ! モモゼは自分の世話は自分で出来るわよね!?」

モモゼ「はいお母様。心配いりませんわ」

椅子に腰掛け編み物を始めるモモゼ

モモゼ「あなた方も隣の部屋で寛いで下さいな」

護衛「お心遣い有難うございます。ですが任務ですのでどうかお構いなく…」

モモゼ「そうですかご苦労様」

(お母様。マラヤーム。お可哀想に)

(王の器でない者はあんなにも怯えふためくのですね)

モモゼの背後に巨大なヌイグルミ型の念獣(おヒマ?の人形の持ち主と思われる)

モモゼ(何故かしら?何もしてないのに今日は疲れたわ)

護衛(王子の料理は…)

護衛2(俺たちが作るしかないんじゃないか…?)

さっそくフルコースを作る護衛。

「お前…スゲーな」

「調免もってるから」





――パーティー会場

ハルケンブルグがVIPと談笑している。

執事「ハルケンブルグ様。御退席の御時間です」

ハルケンブルグ「ん。それでは失礼いたします」

VIP「次の晩餐会も楽しみにしているよ」

出口ではない別の方へ歩き出すハルケンブルグ

執事「ハルケンブルグ様?」

ハルケンブルグ「父に挨拶するだけだ」

ハルケンブルグの視線に気付いたホイコーロはVIPを遠ざける

ホイコーロ「スマンが息子が秘密の相談らしいホイ」

VIP「それでは又、あらためまして投資の相談を…」

ホイコーロ「どうしたホイな?」

ハルケンブルグ「僕は継承戦を辞退するよ」

ハルケンブルグの背後に禍々しい単眼の鬼の姿をした念獣が

ハルケンブルグ「セレモニーに参加したのは父の顔を立てる為…血塗られた王位などいらない」

ホイコーロ「ホッホッホ。好きにするといいホイな」




渦中――望もうが望むまいが。



Sponsored Link



感想


クラピカ、相変わらずつえーw

ずっと謎だった人差し指の能力が、ついに明らかになりました。
33巻の表紙に出てきていた、イルカも伏線だったんですね。





動物とキャラの絵は17巻あたりからちょくちょく挟んでたので、テキトーにスルーしちゃってました。



能力は敵の能力を奪うという、ハギャやクロロの系統の能力。
特質系とはいえ、マジで強いっすね、クラピカさん。



このイルカの能力『奪う人差し指の鎖』の制約はなんでしょうね?
奪った能力を「使う」のは緋の眼のエンペラータイムである必要があるみたいですけど、
能力を「奪う」自体はエンペラータイムでなくてもできるみたいです。


見る限り、オーラを吸い尽くすまで30秒~1分ぐらいかかるみたいですし、
実戦で使うのはかなり困難っぽい。
「相手に注射器を指して一分以上そのまま指し続ける』とかの制約なら、問題なく運用できそうな能力でしょうか。



まとめ


というわけで、ハンターハンターの35巻についてでした。

久しぶりに続きが読めて、マジでテンションが上がってます。


一週でも長く、冨樫先生には頑張っていただきたいです。


35巻の予約はこちら
HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス) [ 冨樫 義博 ]


Sponsored Link



人気の記事


→管理人が『君の名は。』の続きを小説で書いてみた

→ドラゴンクエスト11の体験版はいつ?仲間になるキャラやモンスターは?

→ハンターハンターの34巻の発売日やネタバレに感想!


2018年9月、連載再開決定!

37巻の発売日を予想してみました。

ハンターハンターの37巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!





down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック