マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

羽根田卓也の家族や両親に実績は?強さに彼女や画像をwiki風に!

time 2016/08/10



羽根田卓也(はねだ たくや、1987年7月17日-)は、日本のカヌー・スラローム選手。リオデジャネイロオリンピック、スラローム男子カナディアンシングルの銅メダリスト。

株式会社ミキハウス所属。身長175cm、体重70kg。


略歴


運動はもともと得意で、7歳から器械体操を始める。その後、9歳のときに、元カヌー選手で父親の羽根田邦彦がカヌーを教える。

小学校3年生になり競技に参加するようになったものの、当初はカヌーが大嫌いだった。

朝日丘中学校へ進学、中学生になっても、カヌー嫌いは治らず、どうやってカヌーを辞められるか、こればかりを考えていた。しかし、中学3年の頃、ポーランドで開催された国際大会に参加したとき、世界で活躍する強豪選手をみて”強い選手がまだまだいる”ということを強く意識し、カヌー競技に真剣に取り組み始める。

すると、高校へはカヌーの強豪校である名鉄学園杜若高校へ進学。高校時代は負けなしだったという。

高校卒業後は、スロバキアのコメニウス体育大学に進学。カヌーの名門に進み、大学在学中にも多数の大会に出場、記録を残している。


Sponsored Link



実績・強さ


2006年
・ワールドカップ8位入賞
・アジア選手権優勝

2008年
・スロバキアオープン6位
・北京オリンピック14位
・アジア選手権優勝

2009年
・ワールドカップドイツ大会10位
・世界選手権13位

2010年
・オセアニアオープン3位
・ワールドカップドイツ大会10位
・ワールドカップ スペイン大会7位

2011年
・タトラスラローム優勝
・オセアニアオープン3位
・世界選手権10位

2012年
・日本選手権優勝
・ロンドン五輪7位入賞

2013年
・第36回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会優勝
・ワールドカップ5戦目5位
・ワールドカップ2戦目3位

2014年
・仁川アジア大会金メダル
・世界選手権アメリカ大会5位
・全日本カヌースラローム競技大会優勝

2015年
・リオ五輪テスト大会スラローム銀メダル
・第38回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会優勝

2016年
・ワールドカップ3位入賞
・第39回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会優勝
・リオデジャネイロ五輪銅メダル

日本人としては初めての、オリンピックメダリストという快挙。97.44点で銅メダルを獲得した。


家族


父親は羽根田邦彦。愛知県豊田市で羽根田設計事務所を経営、愛知県カヌー協会の理事長も務め、豊中ロータリークラブにも所属。また、本人も元カヌー選手であり、息子卓也と、その兄祥太朗にカヌーを教えた。兄祥太朗も現在、カヌーの競技に取り組んでいるが、目立った大会への出場などはしていない。

母親は、羽根田設計事務所で夫を助け、専業主婦であるという情報が現在有力。9歳のころからカヌーを始めた


彼女・交際関係



2016年8月現在、彼女あるいは配偶者がいる、という情報はない。しかし、今回のリオ五輪銅メダルを機に、年齢も30を前にしているから交際している女性がいる、ということがインターネットで噂になっている。同じように、今までより注目されるようになり、週刊誌などにも載ってくるようになる…という憶測も飛び交っており、こういった熱愛関係の話がマイナーだったカヌー競技の知名度をあげている。




Sponsored Link





down

コメントする




カテゴリー