マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

カードキャプターさくらのクリアカード編の6話のネタバレと感想

time 2016/10/04

前回→カードキャプターさくらのクリアカード編の5話のネタバレと感想!

2016/11/04追記



最近、近所の本屋に行くと、常にさくらちゃんの顔を見ている気がします。

というのも、なかよしの表紙が、常に『カードキャプターさくら クリアカード編』なんですよね。

もう何年も前の作品のリメイクなのに、今の世代にも人気ってことですよね。

本当にすごい作品です。


それではこの記事では、カードキャプターさくら クリアカード編6話の、

ネタバレや感想を書いていきます。



Sponsored Link



カードキャプターさくら クリアカード編6話 ネタバレ



表紙はエリオル


カラー表紙は、不敵に笑うエリオルと、おそらくはクロウの顔。

エリオルは良い奴だとは思うんですけど、いまいち、何を考えてるかわからないですよね。

油断してたら、何されるかわからないという恐怖があります(笑)


部活動



昼休み、みんなでお弁当を食べながら、

話題は部活動について。

千春はさくらと同じ、チアリーディング部に決めたらしい。

一方、奈緒子は演劇部にしたようだ。

友枝中学では、生徒が脚本を書いた舞台も上演するというのが決め手らしい。


そんな中、山崎はバスケ部にしようか、どこにしようか、お悩み中。

実は、本当に入りたい部は他にあるらしく……



奈緒子
「そうなの?」

小狼
「香港から来たばかりだし……やらなければならないこともあるし」

さくら
「やらなければ、ならないこと?」

小狼
手続きや揃えなければいけないものも、たくさんあるから



意味深な発言ですねー。

エリオルと一緒に、何かやることがある、ということでしょうか?



チア部




放課後――

さくらと千春は、経験者ということで、皆に演舞を披露する。

先生もさくらを、さすがは友枝小学校チア部とほめちぎった。

さくらは顔を赤くして、頭をかく。


本日は初回ということで、軽く説明をして終了、解散となった。

さくらも、千春と帰ろうとするが、靴紐が解けてしまう。

「先に行ってて」と千春に言って、さくらは靴紐を結び直す。

そして、顔をあげると……



さくら
だれも……いない……

………………! ひょっとして!」

鍵のキーホルダーを取り出すさくら。

さくら
「新しいカードのせいで、誰もいなくなったのかな?

それなら……」





さくら
「でも、まだ誰も来ない……

やっぱり、カードの力は働いてるんだ……

どれか、カードを試してみよう。『包囲』は、何を包めばいいのか、まだわからないし……」





『疾風』の風が『何か』にはじかれ、逆にさくらに襲いかかる。

さくらはそれを躱して、何度か『疾風』を使ってみるが、

『何か』は移動して、疾風の風をかわしていく。


さくら
「……だめ。

すぐ動いちゃって、どこにいるかわからない……みえないし……

………………あ!

もっと大きい範囲の魔法なら!」

さくらは閃き、『水源』(アクア)を発動する。




カードは無事、クリアカードに封印された。

『何か』の正体は『反射』(リフレクト)

だから魔法を跳ね返していたのだと、さくらは納得した。

ただ、カードを捕まえて油断したのだろうか。

アクアによって作られた大量の水が、雨となって降り注ぎ、

さくらはずぶ濡れになってしまった。

そこに、小狼がかけつける。

小狼
「さくら! 大丈夫か!?」

さくら
「う、うん。

……また、新しいカードが……」

小狼はその言葉を無視して、ブレザーをさくらにかぶせる。






小狼くん、マジでかっこいいですね。

まさに王子様。はにゃーんってカンジ。


ただ、出てきたタイミングが気になります。

小狼ほどの魔力があれば、もっと早く、異変に気づけたはず。

さくらがカードを封印するのを、まるでどこからか見ていたかのようなタイミングです。

うーん、怪しい……。



帰宅

さくらは無事、家に帰ることができた。

お父さんに、体操服を水に引っ掛けてしまったのと説明して、

お風呂に入ることにする。

さくらは着替えを取りに、部屋へ向かった。

さくら
「ただいま!ケロちゃん」

ケロベロス
「おっかえりー!

……お?着替えへんのか?」

さくら
「お風呂、入っちゃおうかと思って。

ケロちゃんも一緒に……」

そこまで言って、さくらは着替えの服を、手から落としてしまう

頭がぐらつき、足元がふらつく。

さくらはゆっくりと、意識を失っていく。

そして、気づいた時、

そこにいたのは、かつて夢に出てきたローブの人物だった。



つづく



ついに、物語が動き始めました。

ずっと気になっていたローブの人物、はたして次回、正体が明らかになるんでしょうか?

いいところで続きますねー


Sponsored Link




カードキャプターさくら クリアカード編6話 詳しい感想



さて、6話の感想ですが……とにかく、小狼くんが怪しすぎですね。

さくらちゃんが『反射』に襲われているのに、現れなかったり、

意味深にクリアカードを見つめたりと、色々、考えていそうです。




今回、表紙がエリオルだということもあって、全てはエリオル=クロウの手の中なんじゃないかという気がしてきます。

小狼は、エリオルの指示に従って、裏で暗躍しているようなイメージです。

もちろん、それはさくらのため、さくらへの優しさなんでしょうが、

それが本当の優しさといえるかは、難しいですね。



なにはともあれ、小狼の思惑がはっきりしない以上、なんとも言うことはできません。

ちょうど、さくらが夢に落ちて、ローブの人物と出会ったことですし、

次回、謎を解き明かすヒントぐらいは見つかるかもしれません。





続きはこちらをご覧ください。

→カードキャプターさくらのクリアカード編の7話のネタバレと感想!詩之本秋穂の正体は如何に!?


Sponsored Link

コメント

  •  コメント失礼します。
     今回の一件で、この世界が『夢の中』であるとほぼ確信しました。
     さくらはカードのせいと思っていますが、カードは『反射』であり、『消』とは違い人を消すようなことはできません。また、エリオルの時のように人を遠ざける魔法とも違い、一瞬にして人を消してしまいました。そのようなことができるのは、ここが『現実』ではなくすでに何者かに支配されている『夢の中』であるとしか思えません。
     クリアカードについて正体は分からないことは多いですが、悪夢が具現化した姿とも考えられます。何らかの目的で夢の中に閉じこめられたことに気付いていないさくらを襲っており、彼女を守る為に結界を施すも、悪夢(仮名)は結界をも無視して彼女の近辺だけでなく周囲に影響を与えるまでに成長しています。
     このまま、カードを放置しておくと夢の世界が浸食されてしまい手遅れになってしまうかと。

    by N €2016年11月5日 10:07 AM

    • >Nさん

      いつもコメントありがとうございます。

      たしかに、今回、チア部のみんなが消えてしまったのは違和感がありますね。
      無理矢理な解釈をすれば、今回のカードが人払いの魔法を使ったという可能性もありますが……
      Nさんの仰るとおり、『反射』にそれは難しそうです。

      クリアカードが悪夢の具現化!
      それは新しい解釈ですね。

      もしここが夢の中だとすると、現実世界で小狼やエリオルが、さくらを目覚めさせようと何らかの魔法をつかい、
      2人だけがさくらの夢の中に入ることができた……みたいな展開もあるかもしれませんね。

      次回の7話で、少しでも情報が増えればいいんですが……。

      また何かあれば、是非ともコメントお願いします。

      by 管理人 €2016年11月16日 1:34 PM

  • お久しぶりです。

    今回のカードは、『反射』でした。
    これに関与するカードは、

    ①消・・・他のみんなを消したから
    ②鏡・・・反射させるなら、これ(アニメ版では、撃の攻撃を反射させた)
    ③盾・・・これも反射させれるかな?

    で意見が分かれてますね。

    クリアカード編のアニメ化が進行していますね。
    ただ、水源のカードが、水のカードが原因ならば、アニメオリジナルの水に関するカードは
    どうなるだろうか・・・。

    雨・雲・霧・波とアニメオリジナルはありますからね。
    旧アニメオリジナルを反映させるなら、クリアカードも52枚出さなければなりませんからね。

    ①漢字2文字であること
    ②英語は、旧カードを意識させない単語であること

    今後の展開が楽しみです。

    by ろんろん €2016年11月17日 5:15 PM

    • >ろんろんさん

      お久しぶりです。
      返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

      私はあまりネットの考察などは読んでいないのですが、やはりクリアカードは、クロウ(さくら)カードの変化という見方が主流なのでしょうか?
      だとすると、さくらはある意味、もう友達(カード達)と会えないってことで、ちょっと切ないですね。


      クリアカード編のアニメは、確かにおっしゃるとおりですね。
      スタッフさんも旧アニメと同じメンバーのようですし、アニメの52枚を無かったことにはできなさそうです。


      また何かあれば、ぜひともコメントをお願いします。

      by 管理人 €2016年12月4日 11:22 PM



down

コメントする




カテゴリー