マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

七つの大罪の24巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

time 2016/10/24

七つの大罪の24巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

前巻→七つの大罪の23巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

次巻→七つの大罪の25巻の発売日や表紙にネタバレや感想!3000年前の大事件!



この記事では、七つの大罪24巻の発売日表紙

ネタバレ感想を書いていきます。



Sponsored Link




24巻の発売日


七つの大罪の24巻の発売日は、

2016年12月16日(金)

です。


予約はこちら

七つの大罪24巻(amazon))


24巻のネタバレ



前巻までのあらすじ



デンゼルは自らの命と引き換えに、

女神族<神兵長>ネロバスタを降臨させた。

しかし、ネロバスタは無様に逃亡し、

デリエリに一瞬で吹き飛ばされてしまう



七つの大罪 24巻 デリエリ ネロバスタ
(C)鈴木央


そのままデリエリは、ホークママを補足

エリザベスをも吹き飛ばそうとした、次の瞬間……

メリオダスが、長い眠りから目覚め、エリザベスを救い出す。

メリオダスと十戎の戦いが、再び始まろうとしていた……。


第189話「英雄 立つ!」


エリザベス
「信じられないかもしれないけど……私 昔のあなたに会ってきたの……あなたはずっと前から私を見守り続けてくれてたわ

きっと……きっとそのせいなのね…あなたを見るたびに懐かしさと優しさで胸がいっぱいになるのは……

七つの大罪 24巻 メリオダス
(C)鈴木央

でも身体は本当に…大丈夫?」


メリオダス
「心臓ならホレ 全部 元通り!!」

メリオダスはエリザベスの手をとり、胸に触れさせ、心音を確かめさせる。



メリオダス
「む?おっ、よく見たら新調した制服じゃああーりませんか!!

やはり中は白ですなー フムフムフーム!!腰回りといいタイツといい文句なし…!!

エリザベス勘違いするなよ〜?あくまで服装チェックでだな…」

いつもどおり、セクハラを楽しむメリオダスだが、

いつもとはエリザベスの反応が違った。


七つの大罪 24巻 エリザベス もっと触って
(C)鈴木央

メリオダス
「!!」

エリザベス
「ちっ、違うのよメリオダス!!変な意味じゃなくて……ね?

あなたの肌のぬくもりが嬉しすぎて……その……ね?や……やだっ 私ったら……!!」




デリエリとモンスピート


一方、森までふっとばされたデリエリ

モンスピート
「デリエリ デリエリ!!しっかりしろ!!」

デリエリ
「ケツから言って……なんでだ?」

モンスピート
「私にもわからん メリオダスはたしかに心臓を全て破壊され死んだはずだ……

しかしあれは紛れもなく本物の…」



デリエリ
「あれはやべえ

七つの大罪 24巻 デリエリ
(C)鈴木央

それだけ言って、デリエリはメリオダスめがけて走り出した。

モンスピート
「(眷族どもよ 我が命に従え…!!)」

モンスピートの眷属をなぎ倒しながら、デリエリはコンポスターを貯めていく。

デリエリ
「1 2 3 4 5…………51……

七つの大罪 24巻 ホークママ デリエリ
(C)鈴木央

吹き飛ばされたホークママ。

仇を取らんと、ホークが行く。


七つの大罪 24巻 ホーク デリエリ
(C)鈴木央

ホーク、リタイア。


メリオダス
「さんざやってくれたな」

ホークが作った隙に、メリオダスはデリエリをなぎ倒す。

メリオダス
「ほっ これでコンボリセット」

デリエリ
「裏切り者のクソ野郎が!!」

デリエリが再びコンポを貯める。

デリエリ
「1 2 3……10…………」

七つの大罪 24巻 メリオダス デリエリ
(C)鈴木央

デリエリを圧倒するメリオダス。

だが、モンスピートはこの時間を利用して、メリオダスへの攻撃を準備していた。


七つの大罪 24巻 モンスピート 灰燼龍”
(C)鈴木央


メリオダス
「 “俺はできることならお前らを殺したくねぇ”

……以前の俺ならそう言ってたな」

メリオダスは、モンスピートの横へと、デリエリを蹴り上げる。

七つの大罪 24巻 フルカウンター
モンスピートは、デリエリを守ろうとし……

七つの大罪 24巻 デリエリ モンスピート 最期
跡形もなく吹き飛ぶ。





……続きは、単行本でご覧ください!




Sponsored Link




24巻の感想



なんというか、メリオダスもエリザベスも、大人になりましたね。

まずはエリザベス。

メリオダスへの敬語が消えて、親密度がUPしています。

これはもう、メリオダスを自分のパートナーとする覚悟ができたんでしょうね。



今までのエリザベスは、メリオダスにどこか遠慮のようなものがあって、

いつも助けてくれるメリオダスに、どこか申し訳ない気持ちがあったんでしょう。

メリオダスに助けられる一方で、自分はメリオダスに何が出来るのか分からない……という状態でした。


しかし、これからは、メリオダスを強く信頼した上で、

自分もメリオダスを支えていく

ある意味、同等の立場に立つという決意が、

エリザベスから感じられます。



一方、メリオダスは……随分とワルになって帰ってきました。

今までにないワイルドさがあって、カッコイイんですけど、

逆に不安になります。

主人公ぽくないというか……このままで本当にいいのかという感じ。

これには、仲間も困惑するでしょう。


メリオダスが仲間たちに、どう受け入れられていくのかに注目ですね。


まとめ



というわけで、七つの大罪の24巻でした。

発売日は2016年12月16日(金)

内容は、アダルティーに変化したエリザベスとメリオダスが楽しめます。



続きはこちら
→七つの大罪の25巻の発売日や表紙にネタバレや感想!3000年前の大事件!



Sponsored Link



down

コメントする




カテゴリー