マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

暗殺教室のアニメの2期の放送日を予想!1話の動画やネタバレも!?

time 2015/06/18

もうすぐ暗殺教室のアニメの2クール目も終わり、2期が始まりますね!!

 



 

そこで、今回はアニメの2期の放送日について書いていきます!!

そして、アニメの2期の1話の動画やネタバレについてもあなたにお伝えしていきます!!

 
 

 
 
Sponsored Link

 


 

◆◆暗殺教室のアニメの2期 放送日は?◆◆

 

もうすでに制作が発表されている、暗殺教室のアニメの第2期!!

さっそくその放送日について書いていきます!!

 

まだまだ消化していない原作のストックはたくさんありますし、

すぐに放送が始まりそうです!!

 

とはいえ、2015年夏アニメですぐに始まるわけではないようですから、

おそらく2015年の秋、あるいは2016年の冬アニメで放送が始まるでしょう!!

ですので、2015年の10月、または2016年の1月から放送開始となると予想しています!!

 

こういうのは1クールおきに放送されるパターンが多いので、

2015年秋アニメの可能性が高そうです!!

 

タイトルはちょうど2学期が始まるところからですから、「暗殺教室 二学期」とかでしょうか!(笑)

22話の予告でも、「殺せんせーの1学期、これにて修業!!」って言ってますしね(笑)。

 



 

◆◆暗殺教室のアニメの2期 1話の動画やネタバレ!!◆◆

 

それではいよいよ気になるアニメの2期の1話のネタバレについて書いていきます!!

 

沖縄から無事帰還したE組たち。

夏休みも終わり、2学期を迎えようとしているE組メンバーたち。

しかし、殺せんせーに、「E組を抜ける」と伝える生徒が1人……!?

 



 

その生徒は竹林!!

……正直、印象が薄い(笑)。

 



 

始業式で壇上に上がり、E組の環境が地獄だったとスピーチをします。

 



 

そのスピーチに湧く本校舎組。

対してE組は竹林に失望。まあ急に手のひら返されたらねえ。

 

放課後E組は、竹林に事情を聞きに行きます。

竹林は、冷静に賞金を手にできる確率を考えて、せいぜい分前は10億くらいだと判断。

彼の家は代々病院を経営していて、それくらいなら「できて当たり前」の額。

そんなラッキーでは、家族は竹林のことを認めない……。

 

E組を抜けれたとき、親は初めて、

「頑張ったじゃないか。首の皮一枚つながったな」と一言。

その一言のために、血を吐く思いで勉強したといいます。

 



 

そう、竹林は、家族に認められるために、E組を抜けたのでした!!
しかし、A組にうつった竹林は、A組の授業の非効率さを知ります。

 



 

ちなみに殺せんせーによる授業はこんな感じ。

 



 

私の知ってる「俺妹」と違う!!(笑)

 

A組のクラスの様子を知り、E組のみんなや殺せんせーが、自分のことを知ろうとしてくれていたことを思い出します。

 



 

メイド喫茶についてきた寺坂満喫してる笑

 

そんなとき、理事長が竹林に、E組再教育委員会を立ち上げるように言います。

全校集会でその賛同を得るためのスピーチをしろと言うのです。

 

集会当日、嫌な雰囲気の竹林が壇上に上がります。

 



 

しかし!!

「E組がメイド喫茶の次ぐらいに居心地良いです」

 





 

E組の良さを語り、理事長の盾を破壊!!

 



 

「これでE組行きですね」

 



 

おおお!! かっこいいぞ竹林!!

 

……というわけで、アニメの2期の1話は、竹林がかっこいい話になりそうです!!

 

◆◆まとめ◆◆

 

というわけで、暗殺教室のアニメの2期について書いてきました!!

どうでしたか?

 



 

 

アニメの2期は、おそらく2015年の秋アニメ、あるいは2016年の冬アニメとして放送されそうです!!

ですから、2015年の10月、または2016年の1月からの放送開始となるでしょう!!

 

2期の1話の内容としては、主役となるのは竹林!

E組を抜けた彼ですが、E組との絆を思い出し、復帰!!

E組行きになるために、盾を壊すシーンがめちゃくちゃかっこいい!!

 

復帰後は、火薬の取り扱い監督に。

爆弾による派手な暗殺が見れるようになりそうです!!

楽しみですよね!!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
 

 
 
Sponsored Link

 


 






down

コメントする




カテゴリー