マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

カードキャプターさくらのクリアカード編の7話のネタバレと感想!詩之本秋穂の正体は如何に!?

time 2016/12/05

前回→カードキャプターさくらのクリアカード編の6話のネタバレと感想

次回→カードキャプターさくらのクリアカード編の8話のネタバレと感想!~小狼との近くて遠い距離~


この記事では、カードキャプターさくら[クリアカード編]7話の、

ネタバレと感想、考察を書いていきます。


前回はさくらが急に倒れて、夢の中でローブの人物に出会う……という所で終わりました。

続きはどうなったんでしょうか?


Sponsored Link




ネタバレ



ローブの人物の正体は?



さくらは再び出会ったロープの人物に戸惑いを隠せない。

さくら(また……!?あなたは誰なの?ここは夢なの?それとも……)

どこからともなく、シャンシャンシャラシャラ……と、鈴の音(?)が鳴りひびいていた。

ローブの人物は、ゆっくりとさくらに向かって手をかざす。

すると、さくらの鍵が、少しずつ、ローブの人物に近づいていく

さくら「だめ!だめ!いっちゃだめ!」



鍵を抑えきれずに、ズルズルとローブの人物の方向へと、さくらは引きづられていく。

2人の距離は、手を伸ばせば届く距離まで近づいていた。

さくら「あなたは……!」

さくらが、何かに気づいた時――――



さくら、目覚める


ケロベロス「さくら!」

ケロベロスの声で、さくらは夢から覚めた。

フローリングの床に倒れ込み、衣服も乱れている。怪我はないようだ。

さくら「………………わたし……………………」

ケロベロス「急に倒れたんやで!びっくりしたわ!どこか痛いとこないか!?」

さくらはそれには返事をせず、フラフラとたちあがり、

さくら「あの子…………背が……わたしとおなじくらいだった

ケロベロス「さくら……?」


ふらつきながらも、ケロベロスに顛末を話すさくら。

そんな2人を、窓の外、電柱の上で、ローブの人物が見つめているのだった。




翌日



さくら「おはよう」

桃矢「おはよ。……なんだ、ぽやぽやして。腹でも出して寝たか」

さくら「出してないもん!」

――翌日。さくらがリビングに顔を出した途端、桃矢のいじりが始まるのだった。



「何枚?」と桃矢がホットケーキの枚数を尋ねる。

さくらは「3枚!」と元気よく答えた。

さくら「……お父さんは?」

桃矢「早朝会議」

さくら「いそがしいね、最近。体、大丈夫かな」

桃矢「そう思うなら心配させんなよ」

さくら「ほえ?」

桃矢「なんか濡れて帰ってきたんだって」

さくら「あ、うんちょっと……でも、すぐお家帰ってお風呂入ったし」

桃矢「………………」

桃矢は、さくらに料理を出しながら、じっとさくらを観察する。

さくら「な、なに?」

桃矢「まだ……か

ため息をつく桃矢。

さくら「なにが?」

桃矢はそれには答えず、ブロッコリーを自分の皿から、さくらの皿に移す。

桃矢「それ食ってでかくなれ」

さくら「え!」

桃矢「ほら、これもやる」

さくら「ブロッコリーきらいなだけでしょー!!」




転校生、詩之本秋穂


――学校。

さくらは早速、朝あったことを皆に話す。

千春「さくらちゃんのお兄さんおもしろいー」

さくら「むう……いぢわるなだけだよ」

知世「パンケーキはいかがでした?」

さくら「それは…………おいしかったけど」

もにょもにょとさくらが濁す。

そうこうしているうちに、先生が教室にやってきた。


先生「おはようございます。みんな、席についてね」

皆「はーい」

先生「さて今日は、新しいクラスメイトを紹介します。……詩之本秋穂さん





詩之本秋穂「よろしくお願いします」

詩之本秋穂がぺこりと頭を下げると、皆が拍手で迎えた。

知世「……かわいい方ですね」

さくら「うん!すごく!……仲良くなれるといいな」


Sponsored Link



昼休み


昼休み、いつもどおり中庭で、皆がお弁当の準備をしている。

さくら「皆ごめんね、遅くなって」

千春「だいじょうぶ……ってあれ?」

千春は、さくらと知世の後ろにいた詩之本秋穂に、軽く驚く。

詩之本秋穂「こんにちは」

山崎「こんにちは。話題の二組の転校生さんかな」

千春「話題になってるの?」

奈緒子「うちのクラスの子ものぞきにいってたよ」

さくら「一緒にお昼、食べようって誘ったの」

ね、と2人は微笑みあった。





山崎「どうぞどうぞ」

詩之本秋穂「ありがとうございます」


詩之本秋穂について


話題は当然、詩之本秋穂について。

小狼「香港にいたのか

詩之本秋穂「はい日本に来る前は」

さくら「その前はフランスで、その前はドイツで、あと……」

知世「イタリアとイギリスにもいらしたと」

奈緒子「すごいね」

詩之本秋穂「なので日本語が正しいかどうか心配で」

さくら「だいじょうぶ!」

千春「でも敬語じゃなくてもいいのに。同い年だし」

詩之本秋穂「勉強したのがこれで……」

詩之本秋穂が苦笑していると、山崎がズズイ!っと前に出てくる。

山崎「敬語といえば!

基本、目上の人とか年上の人に使うよね。

でも、日本のある地域では年上の人が年下に敬語を使う所があってね。

とても礼儀に厳しい人たちだそうで。

敬語の使い方を間違えると、すごく怒られてしまうそうだよ。こわいね」

千春「……なんだか最近、山崎君の嘘、雑なんだけど……」

ペラペラと喋る山崎に千春がツッコムが、さくらと小狼、詩之本秋穂は信じた模様。




2人は似ている?


詩之本秋穂「あ!わたし先生の所にうかがわないと」

知世「職員室ですか?」

詩之本秋穂「はい」

さくら「場所わかる?」

さくらの問いに、ふるふると首を振る、詩之本秋穂。

さくらは「案内するよ!」と立ち上がった。

詩之本秋穂「まだお昼休み時間のこってますのに」

遠慮そうな詩之本秋穂だが、さくらは「案内させて!」と笑顔に、詩之本秋穂も「ありがとうございます」と笑顔で返した。

2人は職員室に向かって歩き出す。


詩之本秋穂「お弁当箱あずけてしまって……」

さくら「大丈夫。知世ちゃんと千春ちゃん、ちゃんと教室まで持っていってくれるよ」

詩之本秋穂「みなさん優しくて」

さくら「うん、みんな本当に優しいの」

詩之本秋穂「さくらさんも

さくら「え?わたし?」

こくこくこくと頷く詩之本秋穂。

詩之本秋穂「優しいです

屈託のない笑顔に、さくらは赤面するしか無かった。





さくら「そ、そういえば!似てるよね!わたしと秋穂ちゃん」

詩之本秋穂「え?」

さくら「木之本桜……詩之本秋穂ちゃん。なんとなく似てる。特に名字

詩之本秋穂「本当ですね。わたし、さくらさんと仲良くなりたいです!」

さくら「私も!」

詩之本秋穂「よろしくお願いします、さくらさん」

さくら「よろしくお願いします」

2人は踊り場で、仲良く手を取り合った。



一方、小狼&エリオル


一方、中庭では皆から離れ、一人でエリオルに電話する小狼の姿があった。

小狼「……ああ、転校生だ」

エリオル「女の子なんだね」

小狼「そうだ。魔力は感じなかった

エリオル「占いにもそう出てるね」

エリオルはタロットカードのようなものをめくる。

小狼「他には?」

エリオル「何も。さくらさんんと気が合う……くらいかな。いい友達になれそうな」

小狼「……そうか」

エリオル「他に変わったことは?」

小狼「また一枚、新しいカードが」

エリオル「……辛いだろうけれど、今はまだ」

小狼「分かってる。その時のためにおれはここに来たんだ

エリオル「なにかあったら、いつでも遠慮しないで。こちらからも気づいたことがあったら必ず連絡するから」

小狼「……ああ。ありがとう」

小狼は電話を切り、悲しそうに顔を伏せた。



理科室にて


――五時間目は理科。皆は理科室に集まった。

理科の先生「では先週の続きを。花の観察についてなんだが、ルーペを使ってやってく、というのは説明したね。ルーペは虫眼鏡じゃないので、目にあてるようにして。かんさつしたあとに絵を描いてもらいます」

さくら「絵かー。お花とか苦手なんだけど」

知世「しっかり観察して描けば大丈夫ですわ」

さくらは頑張る、と知世に返事をしながら、理科の教科書をパラパラとめくる。

さくら「ほえ?」

知世「どうなさいました?」

「奈緒子ちゃんだと思う。この前、教科書貸したから」

さくらが教科書の1Pを見せる。そこには、さくらと小狼のイラストが。




知世「まぁかわいい。イラストでも仲良しさんですわね」

さくら「ほえええええええ!!」

思わぬ知世の言葉に、さくらが大声を上げる。

先生「どうした、木之本」

さくら「す、すいません……」

さくらは真っ赤になって縮こまる。


反省したさくらは、ふっと窓の外をみて……また大声を出してしまう。

今度は、教室中の皆がさくらを見る。さくらは謝るが、それどころではない。

窓の外では、木々が勝手に動き出し、根を足のようにして歩き回っているのだ。



つづく


感想&考察


クリアカード自体はほぼ出ていないのに、かなり濃密な回でした。

まず、外でさくら達を見張っていたローブの人物

夢の中だけで会える人物かと思ってたんですが、当たり前のように実在していたようです。




そもそも今の鍵をさくらに渡したのは、このローブの人物ですよね?

(参照:カードキャプターさくらのクリアカード編の2話のネタバレと感想!

それが何故いまさらになって、鍵を夢の中で取り上げようとするのか?

彼女(彼?)の目的がさっぱりわかりません。



ただ、思い返してみれば、鍵は夢の中では、常にローブの人物の元に行きたがってるんですよね。

ドラゴンの夢のときもそうでした。

もしかしたら、ローブの人物どうこうではなく、鍵やカードの意志が、さくらから離れようとしているのかもしれません。

(参照:カードキャプターさくらのクリアカード編の3話のネタバレ!



そっと見守る桃矢


ローブの人物は一旦置いといて、さくらと桃矢の会話……いいですね。

桃矢は本当にさくら思いなんだなーと、読んでいてほっこりしました。

桃矢の「まだ……か」って言う台詞は、

「まだ(何も話してくれないの)か(まぁ、言いたくなったらいえばいいさ)」

の略だと、勝手に受け取りました(笑)

桃矢もさくらのことが心配でしょうに、無理やり、さくらを押さえつけずに、そっと見守る距離感がいいですよね。



詩之本秋穂とは?


で、とうとうやってまいりました、新キャラです。

カードキャプターさくらといえば、毎回魅力的な新キャラが、物語の中心人物となっていました。

今回の詩之本秋穂も、物語に深く関わってくることは間違いないでしょう。




とりあえず、まず思うのは、詩之本秋穂=ローブの人物、ですよね。

流石に分かりやすい気もしますが……どうなんでしょう?

少なくとも詩之本秋穂ちゃん自体は、ものすごくいい子で、さくらと敵対するようには見えないんですけどね。

(そもそもローブの人物がさくらと敵対しているのかというのも分かりませんが)

もしくは、詩之本秋穂を誰かが操って、ローブの人物となっているとか?

それこそローブ自体に意志があって、詩之本秋穂の体を乗っ取って、さくらにちょっかいを掛けているのかもしれません。

それなら、ローブが木之本桜と名前や身長が似た人物をわざわざ探して、さくらの前に現れた、なんてストーリーもありそうですね。

例えばローブはクロウに敵対する魔術師のもので、イギリスで長い間、眠っていたのだけど、詩之本秋穂が近づいたことにより目覚め、木之本桜に近づいた……みたいな。


うーん……我ながらこんがらがってきました。

コメント欄で他の方が仰るように、この世界そのものが全て夢という説なんかも有りえますし、まだまだ可能性は無限大ですね。


Sponsored Link




エリオルと小狼の暗躍


で、エリオルと小狼は相変わらず、2人でぼそぼそ話し合ってます。

本当に小狼はさくらの彼氏なんだろうか……もうちょっと王子様っぽい活躍がみたいっす。


で、2人よると、どうやら詩之本秋穂は「何でもない普通の人」らしいですね。



これが本当なら、ローブの人物は別にいるということになりますが……

逆に考えれば、エリオルや小狼を騙せるだけの実力者という可能性もあります。

未だに小狼の目的もはっきりしませんし……うーん、謎だらけですね。



次のカードは[森林]?[樹木]?それとも[行動]?


で、ラストの木が動くシーン。

……なんだか、この漫画で一番、気持ち悪かったです。

なんでだろう。無機質にうねうね動くのが、虫をイメージさせたんでしょうか。


考えられるカードは木関係の二文字ということで、[森林](Forest)や[樹木](Timber)、

もしくは木以外も動かす[行動](Action)などの可能性もありそうですね。

これについては、次回を楽しみに待ちましょう。

……しかし、これだけ大っぴらに動くとなると、いよいよ皆に、カードのことがバレてしまうんじゃ……。

あ、でも、[花]の時も皆なんとも思ってなかったし、大丈夫かな。

(最近、アニメをネットフリックスでちびちび見返してます。メチャメチャ面白いです)



まとめ


というわけで、カードキャプターさくら、クリアカード編の7話についてでした。

カードとのバトルはなかったものの、

・ローブの人物はさくらの近くにいることが判明

・桃矢とさくらの関係

詩之本秋穂の登場

・小狼とエリオルの密会

木々が動き出す

と非常にボリュームのあるお話でした。

次回のなかよしの発売日は12/28(水)ということで、いつもより早く続きが読めそうです。



※大変お待たせしました。続きはこちら

→カードキャプターさくらのクリアカード編の8話のネタバレと感想!~小狼との近くて遠い距離~




カードキャプターさくら クリアカード編の1巻の購入はこちら

カードキャプターさくら クリア 1 特装


アニメのBlu−rayはこちら

カードキャプターさくら Blu−ray BOX(Blu−ray Disc)


Sponsored Link

コメント

  • いつも楽しみに拝見しています。とても分かりやすいですよー(о´∀`о)

    by きいろ €2016年12月5日 6:49 PM

    • >きいろさん

      コメントありがとうございます。
      分かりやすいと言っていただき嬉しいです。
      まだまだ表現は未熟ですが、頑張っていきますね(≧▽≦)

      by 管理人 €2016年12月5日 7:42 PM

  •  今回の話でここが“友枝町”でない可能性が強くなりました。本当に友枝町であるのならば、「ここにきた」と初めてくるような場所の言い方はしないはずです。

     新キャラの詩之本秋穂ですが魔力の気配がないは、おかしくありません。そもそも、今回のカード達は魔力の気配がないのですから、『無』の属性なら探ろうとしても何も関知しません。
     彼女についてですが、味方として想定した場合、私は一つの可能性に気付きました。作中でも桜が秋穂の名前と自分の名前が似ていることを指摘していました。「しのもと あきほ」と確かに名字が似ています。試しに名前を『きのもと』と並び替えてみると、「きのもと あしほ」と一見すると意味がない名前になりますが、名前を並び変え「あほし」という名前を導き出した時、私は似た名前を見つけました。
     中国語で『星』を意味する言葉をひいてみると『明星』という言葉が出てきました。この文字、どことなく「あほし」と読めるような気もします。(本来は「みょうじょう」と日本語では読むのだが)
     「木之本明星」。そして、“クリア”の別の意味である「星の明かり」。これは偶然なのだろうか。
     ここからは、私の想像になるが、秋穂の正体は未来で四月一日に対価を支払い過去にタイムスリップしてきた桜と小狼の娘、もしくは子孫にあたる人物ではないだろうか。この話が未来でよくない結果を招くので変える為にやってきた。
     そう考えると、黒幕は別にいるということになります。

     黒幕に関しては不明ですが、黒幕が操っているもしくはなりすましているのはケロベロスだと思います。今までの話を読み返すと、彼は一度も真の姿に戻っていません。未知のカードが現れたというのに、ユエとは違い。桜が危険な目に遭っていても心配もせずにゲームをしている。
     黒幕はケロベロスの姿を借りることができても、真の姿を知らないからではないだろうか。彼の動向も注意しておく必要があるかもしれません。
     長文失礼しました。

    by N €2016年12月5日 8:05 PM

  • 無理ありすぎ

    by 匿名 €2016年12月15日 4:33 PM

  • こんにちわ。今回も書かせていただきます。

    前回のコメントにあった話ですが、クリアカードはさくらカードが変化したものである説が多いように思います。今のところ原作19枚の中から、関係のある要素があるカードが出てきていますからね。
    私もその説に一票入れたいですね。

    1・転校生は誰なのか?
    多い説は、小狼と桜の娘説ですかね。そしてローブの中の人物と同じだと。
    鍵が引き付けられた理由はそこにあるのだと。

    2・木々を動かしているカード
    原作19枚に行動を示唆するカードはありません。アニメオリジナルで移(ムーヴ)のカードが
    あるのでアニメオリジナルで行動(action)は出てくるかもしれませんが。
    原作には樹のカードがありますから、管理人様が予想する、樹木や森林が妥当かと思います。

    運動会で花が大量に降ろうと4月に大雪が降ろうと問題にもならない世界ですから、今回も騒がれないのかなと思います。
    現実ではyahooニュースレベルなんですがね。
    ただ、闘のカードのときは武道家たちが女性(闘のカード)に襲われたと新聞記事に載りましたから
    全て騒がれないわけではないのでしょうが。

    桜は中学一年生。公式設定で4月1日生まれです。
    日本の法律では、4月1日生まれは早生まれとされています。
    ということは、未だ12歳。来年の誕生日で13歳(計算あっているかな?)なわけです。
    13歳になる魔法少女・・・、といえば他に思いつくのが、魔女の宅急便のキキではないでしょうか。

    なぜキキは飛べなくなってしまったのか。
    都市伝説として、生理・初潮が来たからだという説があります。
    さくらも子供から大人になるので、カードも子供仕様(萌な絵柄が多い)から大人仕様(抽象的な絵柄のみ)に変わっていくのではないか・・・。無理やりかな?

    そして、お兄ちゃんの発言の真意は、『まだ・・・か。』(初潮が・・・。)
    ごめんなさい、ジブリ都市伝説に引っ張られちゃってますね。

    【結論】
    クリアカード編の真意は、さくらの子供から大人への通過儀礼であると。

    来年も書かせていただきますので。失礼します。

    by ろんろん €2016年12月20日 10:56 AM

  • 皆さん、いつもコメントありがとうございます。

    >Nさん

    『ここに来た』……たしかに、そういう読み方もありですね。
    小狼の決意を表しているようにもみえますが、はたして……?


    気配については、確かにそうですよね!
    ローブの人物が外にいても気づかないですし、今回の戦いは厄介なことになりそうです。

    詩之本秋穂のアナグラム(並び替え)は面白い説ですね!
    「明星」はCCさくらの世界観にも合ってる単語ですし、あり得るかもしれません。

    詩之本秋穂の正体は難しいですねー。
    未来から来たというのも有りえますし……まだ、ちょっと材料が足りなく見えます。

    ケロベロスが怪しい……以前から仰っていただいてますが、十分ありえますよね。
    ただ、一方でNさんの発言を見て気づいたんですが、
    今回のクリアカードって、気配が一切しないじゃないですか。
    だから、ケロちゃん的にも、イマイチ緊迫感が出ないというか……何やっていいのかわからなくなっているのかも?
    理屈としては心配するべきなんですけど、ユエと違って、ケロちゃんは気分屋ですから……。



    >匿名さん

    そうですね、私を含め、飛躍し過ぎかもしれません^^;
    でも、こうやって皆で好き勝手いうのも一つの楽しみ方かなーと思うので、好きに喋ろうかと思います(・∀・)


    >ろんろんさん

    さくらカードが変化した説……うーん、たしかに、今のところは、変化形と思われるものが多いですね。

    疾風=ウインディ
    包囲=メイズ
    水源=ウォーティ
    反射=シールド
    今回の木=ウッディ

    といったところでしょうか。

    詩之本秋穂は2人の娘……たしかに、私も4話の感想で、ローブの人物は2人のこどもという予想をしました。
    あの時は半分冗談だったんですけど……可能性はありそうですね。


    木のカードは、原作カードの変化と考えれば、樹木が妥当そうですね~。

    4月に雪……そんなこともあったんですか。
    いまアニメを見返してるんですが、やっとメイリンが出たあたりなので、まだまだ先の話になりそうです。

    ヤフーニュースはたしかにww
    今は昔と違ってSNSも発達してますし、現実ならインスタが賑わってそうですねw

    魔女の宅急便については、私も同じように思ってます。
    トンボとの出会いが、キキの思春期を誘発したのかな、と。

    考えてみれば、小狼と再開した途端、クリアカードになったという見方もできるんですよね。
    だとすると最後の手に入るカード飛翔(フライの変化)で、小狼を救いに行く展開ですねw


    皆さん、コメントありがとうございました。
    明後日には8話もUP予定です。

    また何かあれば、どんどんコメントお願いします。

    by 管理人 €2016年12月26日 4:36 PM

  • いつもたのしく見させさて頂いてました。
    過去系なのは、どうゆう訳か前は漫画の画像がちゃんと表示されてましたが、最近ずっと表示されてません、この現象は私だけでしょうか?、Wi-Fiにつなげてみてもダメでした

    by シアン €2017年1月12日 10:05 AM

    • >シアンさん

      コメントありがとうございます。

      大変申し訳ありません。画像なのですが、トラブルによって、一度サイトの全画像が消えてしまったのです。

      そのため、今後は記事に画像がなくても通じるよう、なるべく記事内で画像を使わない方向にサイト方針を変更しました。

      by 管理人 €2017年1月13日 3:45 PM

  • あー、なるほど、なら仕方ないですね、教えてくださりありがとうございます!

    by シアン €2017年1月13日 11:06 PM

    • >シアンさん

      いえいえ。
      よろしければ、今後ともよろしくお願いします!

      by 管理人 €2017年1月16日 7:31 PM



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック