マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

終わりのセラフの13巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

time 2016/12/27

前巻→終わりのセラフの最新刊12巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

次巻→まだ

この記事では、終わりのセラフの13巻の発売日やネタバレを書いていきます。

Sponsored Link

終わりのセラフ13巻の発売日

13巻の発売日は、

2016年12月31日(土)

です。

いつもと違って、月末なのでご注意を。

また、地方の書店への入荷は、来年の始めになりそうです。

予約はこちら

終わりのセラフ 13 [ 山本 ヤマト ]

終わりのセラフ13巻の表紙

表紙はまだ明らかになっていないので、分かり次第UPします。

個人的には、そろそろフェリド辺りが来るんじゃないかと思います。

終わりのセラフ13巻のネタバレ

ここからは、ストーリーのネタバレをしていきます。

48話

フェリドによって、この世界が滅びた理由がグレンにあると明かされた一同。

混乱する中、優達はトイレ休憩と称して、フェリド達から離れていた。

女子トイレの鏡の前で、シノアは前髪をチョイチョイといじる。

シノア「あ、みっちゃん遅かったですね」

三葉「……トイレ後方の出入り口を確認してきた」

シノア「とか言い訳してをしてたんでしょー? ばっちー」

三葉「子供かおまえは」

シノア「はっ!そう言えばさっきから、ぷーんっと匂いも」

三葉「はいはい。もう疲れたから、おまえのおふざけには付き合わないぞ」

シノア「えー、つきあってよー」

三葉「付き合えるか。そうじゃなくてもひどい状況なのに……」

そう言いながら、三葉も髪型をセットし直す。

シノア「……しかし、いま裏口からダッシュしたら逃げ切れますかね?」

三葉「できるならとっくにダッシュしてる」

シノア「ですよねぇ。おまけに逃げたくなるような情報のオンパレード。

あの吸血鬼やばいですよねぇ」

三葉「グレン中佐の話か?

三葉が核心を突く。

シノア「…………みっちゃんは、信じますか?」

三葉「中佐のせいで、世界が滅びたって?

……どうかな。優たちは、あの吸血鬼は信用ならないと言っていたが」

シノア「見るからに信用できないですしね……

しかし問題は、中佐も私の姉も日本帝鬼軍も、フェリドさんと同じくらい信用出来ないってことですが」

三葉「うーむ……」

シノア「ところで男子たちはもう、トイレ終わりましたかね?」

三葉「どうかな」

シノア「みっちゃんみたいに大を……」

三葉「してないって言ってるだろ!!」

シノア「あは。いちいち反応してくれるみっちゃんが好きですよ。」

(C)鏡貴也/降矢大輔/山本ヤマト

――一方、男子トイレ。

優達は落ち着かなさそうに、向かい合っていた。

優「あいつなんなんだよ、あいつ!!

グレンが世界を滅亡させた――とか言い出した割には、全然ちゃんと喋んねーし!!

フェリド『ほーら、みんな。どんどん僕に興味が出てきたでしょー?

でも【終わりのセラフ】について詳しい話は実際の実験場を見せてからにするから、

その場所についてからにしよー♪』

……じゃ、ねーんだよ!!

回りくどく喋んないで、さっさと説明しろっての!!」

真琴「ちょ、いちいち怒鳴るな馬鹿優!

わざわざコソコソ話してる意味ないだろうが」

土方「そうだぞ馬鹿優。あいつらは耳が良い。もし聞こえてたら……」

ミカ「そうだよ優ちゃん。その声はさすがに聞こえてるから」

優「………………。

あ~……じゃあ、これくらいの声でいいかな?」

真琴「もっと小さく」

優「~?(ボソボソ)」

真琴「聞こえねーよ」

優「じゃあどれならいいんだよ!!??

真琴&土方「だから声がでかいって言ってんだろ!!」

優「あ!あ!いまのはこいつらの方が声大きかったよな!? な?ミカ」

ミカ「………………ハァ……もう馬鹿ばっかりだなここは……」

与一「あはは……でも、なんかちょっと安心したな……」

真琴「はぁ?今の状況のどこに安心要素があるんだよ」

与一「……いや、優くんがフェリドさんの薬打たれてから、少し性格が昔に戻った気がして」

優「え?」

与一「優くん、鬼とまじり始めてから、だんだん反応が冷たくなってたように感じてたから……」

優「……あ~、そうかな?」

土方「……まぁ、確かにそうかもな」

真琴とミカは、じっくりと与一の話に耳を傾ける。

与一「だから、みんなが言うほど状況は最悪ではないとぼくは思うんだ。

薬が必要だった。

でもそれが手に入った。

おまけに人間を蘇生出来るっていう話も、もしそれが本当なら……すごく魅力的な話だと思うしだけど」

優は、与一が抱えている茜の頭を眺める。

優「茜……ほんとなら他の子供たちも」

ミカ「……その話を信じるつもり?フェリドは相手の弱みに付け込む。こんな世界じゃ……」

真琴「誰も失ってないやつのほうが少ない。大切な誰かを生き返らせるためなら、人間はなんでもする

与一「で、グレンは仲間を生き返らせた……」

土方「作り話ならよくできた話だな。で中佐のせいで世界は滅びた……か

それで妹も病気にかかった。実験材料にもされた……」

(C)鏡貴也/降矢大輔/山本ヤマト

真琴「誰か、他に終わりのセラフについて情報を持ってるやつはいないのか?」

ミカ「……人間が触れるべきではない禁忌に触れると。

【滅びの天使】が現れると、吸血鬼たちは言っていた。

でも欲深い人間はすぐにそれに触れる。その実験をしようとする組織を、

吸血鬼たちは潰して回っていた」

土方「その禁忌が人間の蘇生か?」

真琴「フェリドの言葉を信じるならそうだな」

土方「つまりあー……どうなる?アイツの発言から想像すると、

【終わりのセラフ】はまず、人間を蘇生するところから始まってるように聞こえるな。

1,人間を蘇生する

2,しかしそれには天罰が下る

3,すると【滅びの天使】が現れて世界が滅亡する

この順番か?

(C)鏡貴也/降矢大輔/山本ヤマト

だが俺の妹を鎖が拘束したように見えた。

おまけにその上にバケモノが現れた。あれはなんだ?」

シノア「あれが【終わりのセラフ】なんじゃないですか?」

ここで、三葉とシノアが男子トイレに入ってくる。

シノア「黙示録のラッパが吹かれ、神さまが天使に人間を罰するように命じる。

ですが人間はその天使すら無理矢理コントロールしようとして――

この間成功してましたねぇ。それも二匹も」

優「シノア。おまえは【終わりのセラフ】について……」

シノアは首を横に振る。

シノア「知ってることはこれで全部です。

絶対に触れちゃいけない世界を滅ぼす研究だった……ということだけ。

まさかそれが人間の蘇生だったとは」

ミカ「フェリドを信じれば、だけどね」

シノア「それを……信じれば……

………………………………。

………………」

ここでシノアは、男子トイレの便器(小)に近づく

Sponsored Link

シノア「……話、変わるんですけど、これ、どうやって使うんですか?」

優「へ?」

シノア「男子用トイレ初めて入ったんですけど、女子と作りが違うんですねぇ。

しりませんでした」

土方「話変わりすぎだろ。これからどうするかを話し合うんじゃないのか?」

シノア「裏口ダッシュについてですか?

みっちゃんとは、でも他に行く場所ないよねって結論になったんですが。

だから彼から情報が引き出せる間は……」

ミカ「だが、どこかであいつは必ず裏切る。だから」

真琴「奴が裏切る前に裏切る必要がある。

具体的に言えば殺すためのフォーメーションだ。殺せると思うか?」

ミカ「いまの戦力じゃ無理だ」

優「いや。俺の中の鬼がフェリドにくっついて、三秒だけ鬼に心を譲れば殺せる可能性が……」

土方「却下だ。鬼はもっと信用できない」

(C)鏡貴也/降矢大輔/山本ヤマト

土方「これ、そーいう話か?」

優「仲間がいるだけいいよ」

与一「うん」

真琴「まぁどっちにせよ、次のトイレ休憩まではフェリドは殺せないな。

もっと情報を引き出す。だが、殺る時のアイズは決めておこう。

アイズが出たら全員フェリドを狙う」

シノア「……じゃ、聞かれないように、もっと小声で話しましょう」

ミカは渋々ながら、優以外のメンバーとも、少しだけ、距離を詰めた。

――――一方、フェリドサイド。

フェリド「……全然。出てこないねー。あ……そうだ、暇つぶしにしりとりでもする?」

クローリー「しないよ」

フェリド「り・ん・ご・の・ご!」

クローリー「しないって。ねぇフェリド君」

フェリド「んー?」

クローリー「そろそろ僕にも行き先、教えてよ。

これ、どこに向かってるの?

【終わりのセラフ】とかい実験の実験場?」

フェリド「いや、そんなとこいかないよ」

クローリー「さっき行くって言ったじゃない」

フェリド「もちろん嘘だよ」

クローリー「じゃあどこにいくの?」

フェリド「大阪湾

クローリー「何しに?」

フェリドはニヤリと笑う。

(C)鏡貴也/降矢大輔/山本ヤマト

――そして、大阪湾には……第三位始祖レスト・カーが到着していた。

続きは、単行本でご覧ください。

Sponsored Link

終わりのセラフ13巻の感想

うーん、怒涛の漫才回でした。

ある意味、終わりのセラフの真骨頂です。

とりあえずシノアくん、緊張感なさすぎ。

便器に興味を持ってる場合じゃない

まー前回が余りに重すぎる話でしたから、これはこれでバランスが取れてるのかな……。

あと、なにげにミカとメンバーの距離感が縮まってるのが良い感じです。

与一あたりとは、仲良くできそうですよね、彼。

(C)鏡貴也/降矢大輔/山本ヤマト

で、最期にはレスト・カーが出てきました。

個人的には、がかなり好きなキャラなので、今後の展開が楽しみですね。

まとめ

ということで、終わりのセラフ13巻でした。

発売日は年末、

内容は、メンバーのトイレ談義、ミカとちょっと仲良くなる、グレンとフェリドに加え、レスト・カーが大阪湾に集合です。

コミックスの予約はこちら

終わりのセラフ 13 [ 山本 ヤマト ]

Sponsored Link

今までの終わりのセラフの記事

→終わりのセラフの11巻のDVD付き限定版の発売日!OVAやネタバレ!

→終わりのセラフの最新刊12巻の発売日や表紙にネタバレや感想!



down

コメントする




カテゴリー