マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

弱虫ペダルの49巻の発売日や表紙にネタバレや感想!深夜、巻島と……

time 2017/01/27

弱虫ペダルの49巻の発売日や表紙にネタバレや感想!深夜、巻島と……

前巻→弱虫ペダルの48巻の発売日や表紙にネタバレや感想!2日目決着!!!

次巻→弱虫ペダルの50巻の発売日や表紙にネタバレや感想!今泉との約束!!





この記事では、弱虫ペダルの49巻の発売日やネタバレについて書いていきます。


Sponsored Link




49巻の発売日


49巻の発売日は

2017年2月8日(水)

です。


予約はこちら

弱虫ペダル 49 [ 渡辺 航 ]



49巻のネタバレ



前巻のあらすじ


インターハイ2日目、総北は遅くも敗退、

優勝は、御堂筋の率いる京都伏見であった。

御堂筋は表彰台で実に【らしい】挨拶をみせる。

一方、三日目での優勝を誓う手島と青八木。

しかし、青八木の膝には異変が……?



417話



膝を抱える青八木を前に、手島は、拳を強く握る。


手島(……一人でやってきたつもりはない。――でも、どこかで驕っていた

『オレはオレのことを、自分のことだけ、精一杯やればいい』

そうしたら、あいつが助けてくれる。……そう、心の何処かで思ってたんだ。

『オレは弱い』なんて言葉を盾にして。

今までそうしてきたように、今日…………そうしてくれたように。

あいつならなんとかしてくれるって思ってた。

このインターハイの夢舞台の中でも。





オレは、バカだ………………

頼り切ってた。

あいつは丈夫なやつで、いつでもそばにいるんだと思っちまってた)

手島の頭に、青八木が膝を崩した場面がリフレインされる。

青八木は、けつまづいただけだと。つかれただけだと。寝れば治ると、言っていた。

手島(何でもないわけない

チームメイト一人連れ戻して、仕事して、疲労してる。

当たり前だ! 顔に出さねぇだけだ!あいつはそういうやつだ!

なのにオレは夢なんか語って、バカヤロウ!手嶋純太!全員を同じように見なきゃいけないんだよ!

オレは総北のキャプテンなんだよ!

青八木!!けつまづいてあんな痛そうな顔するかよ!

痛みがあるのか!だとしたら、明日のレースは――!!)

手島は、自らの思考の海に潜っていった。





一方、青八木はホテルの屋上でベンチに座り、遠くを見つめていた。

腰に手をあてる青八木。

青八木(……………………夢を語ってくれて、ありがとう、純太…………

オレはいつもできなかったことにうじうじ悩む。だから、お前の明るさに助けられてるんだ。

いつも口にする、『キセキ』とか『望み』とか『夢』――――

そうしておまえがビジョンを見せてくれるから、オレはまっすぐに進めるんだ、純太。

走ろう、明日も…………)

“ズキッ”青八木の膝に、痛みが走った。

「つっ!」と声を上げる青八木。



青八木(ムリをしすぎた……痛みがひどくなってきている…………)

右足から、絶え間ない痛みがやってくる。

青八木(誰にも言わないつもりだったが仕方ない。頼むしか無いな……

誰か……1年で経験者……鏑木か………………いや)



青八木は屋上から、段竹の元へ向かう。

段竹「えっ、ケ…………」

橘「ちょっとー、段竹くん!休んでる暇ないわよ!1年生、まだまだ選択――――――――あ」

橘は青八木の姿に声を上げる。

青八木「少し借りる」

橘「あ、青八木さん。 どーぞ。……大変ー!戦力1人減ったよ、幹!」

幹「じゃあ、もっとガンバロー♪」

橘「また笑ってるー……買い出しでも頼むかなー」




二人きりになった、青八木と段竹。

青八木「段竹、オレは明日も走る。だから準備してくれ」

段竹「はい」

暖竹は青八木の迫力につばを飲み込んだ。

青八木「ありったけのテーピングと、サポーターアイシングと痛み止めを部屋へ。

テーピングとマッサージをおまえに頼む。

そして、このことは誰にも言うな!

鏑木にもだ。余計な不安は増やす必要はない!」

段竹「……はい!!」

段竹は責任感を覚えながら、頷いた。





一方その頃、坂道は自転車を、ホテルの玄関まで運んでいた。

坂道「よいっしょっと……ふう」

鳴子「お、何や小野田くん。風呂上がりにまた乗るんかいな。汗かくで」

坂道「あ、鳴子くん。

じ、実はね……明日のために寒咲さんが……あ!通司さんが、登り用の軽いギア交換しといたよって、言ってくれたから。

そのお試しに、ちょっと走ってこようかなって」

鳴子「ほー」

坂道「……ていうのもあるけど、今年のインターハイ、明日が最期でしょ?

……それを考えると、ちょっと落ち着かなくって。

何ていうか、ドキドキっていうか、そわそわしちゃって。

何か、やり残したことがあるような気がして。

自転車に乗ってたほうがなんか、落ち着くかなって…………」

鳴子「カッカッカ! 小野田くんらしいわ!!

けどもっと小野田くんらしいんわ、超絶ナントカアンドナントカヒエメのCDをヘビロテで聞きまくるんかと思ったけどな!!」

小野田「はわ!!その手があったねー!!

……ああ、どっちにしよ!」

鳴子「カッカッカ、乗りかかった舟や。とりあえず回してきーや。

暗いで気ぃつけやー」

坂道「うん、すぐもどるよ」

坂道は走りながら振り返って、鳴子に手を振る。

結果、電柱にぶつかってしまう

坂道「ウヒャ! アハハ、ゴメン!」

鳴子「……大丈夫かいな」

鳴子はジト目で、坂道を見送ったのだった。



Sponsored Link




山道を進んでいく坂道。

坂道(緊張してる、ボク。明日が最期のレース……

だから、皆が1年か、一生懸命やってきた。すごく頑張ってきた。

だけど今、僕たち総北は、このインターハイで1枚もゼッケンを獲れていない

今日も最後、今泉くんも頑張ってくれたけど、捕れなかった……


明日は3日目……最後の日だ

ボクが頑張らないといけない…………

昨年……とったから

たぶん……皆……期待してる――



できるかな……ボク)

「て!!そ……そういうこと考えるからだめなんだ、落ち着かなくなるんだよもー……」

(でも去年は、巻島さんがいてくれたから――)

坂道の頭に、去年の巻島との走りが浮かんだ。



坂道「……ダメだ、なに考えてんだボク。去年とは違って強くなるんだって、青八木さんも言ってた!

よし、ラブヒメの歌を歌おう。

ヒーメーたー想いー ずぅーと ミーラクルル ミーラクルル♪」

歌いながら坂道は、前を走る自転車の影を見つけた。



坂道(あれ、一人前を走ってる……自転車……こんな夜に誰だろう?

こんな小さな峠を……見たことある……あのフォーム……)


坂道(速い……!!そして、音がしない!!

追いかけよう!!あの人は…………たぶん間違いない!

すごい!!偶然だ!!

箱根学園も近くに合宿があったんだ!それできっと激励に来てたんだ。

去年――山を湧かせた――――こうして一対一でお会いするのは初めてかもしれない…………)


「箱根学園の山神!!東堂さん!!と……東堂さんですよね!!」


坂道は東堂に追いついていく。

東堂「なんだ、にぎやかな歌とともにチラチラ、ライトがやけに早いペースで追いかけてくると思ったら、メガネくんじゃないか!!」

坂道「こっ……あ……

(聞かれてた)

うひゃっ、こんばんはです。ごぶちゃたしてます、あ……さたしてます!

(振り返っただけで凄いプレッシャーだ。

すごい、なのに余裕ある……やっぱりカッ…………カッコイイ!!)

あ…………ぐ、偶然ですね、うれしいです。

箱根学園の皆さんの、あの、激励ですか?」

東堂「ワッハッハ。そんなところだ。

だがちょっと1本連絡が入ってな。

途中から様子が変わってしまったよ。

こんな借り物のジャージと、借りもののバイクで走らなければならなくなった」

坂道「え!?」

東堂「悪いなメガネくん、急ぐのでな。

ゆっくり話をしているヒマはないよ。

この先を登る、ある男を追いかけているのでな」

坂道の鼓動が、期待感が早まる――。




続きは、単行本でご覧ください!


Sponsored Link




49巻の感想


ついに、巻ちゃん回がやってきました!

これまでも、何回かチラホラ巻島は出てきていましたが、いよいよ、坂道と再開です!

しかもそれが、東堂との競争付きと来てますから、熱くてしょうがないですね。


私は巻島の、常識を気にせず自分を貫くというスタイルが大好きなので、

巻島の回はいつも読んでて面白いです。



まとめ



というわけで、弱虫ペダル49巻についてでした。

発売日は2017年2月8日(水)

内容は、巻島VS東堂の再来です。


予約はこちら

弱虫ペダル 49 [ 渡辺 航 ]




おまけ


最近読んだ自転車漫画を一つ紹介します。

マガジンで連載していた、オーバードライブです。





ぶっちゃけると、私は弱虫ペダルの方が好みでした。

マガジンだけあって、ちょっとヤンキー臭い所があるんですよね。

あと、前半中盤に比べて、後半がピンときませんでした。


でも、熱い展開もけっこう多かったし、弱虫ペダルと似たようなシーンもいくつかあったので、

悪くはなかったです。


興味があれば、こちらで無料立ち読みしてみてください

オーバードライブ1巻無料立ち読み



弱虫ペダルの続きはこちら
→弱虫ペダルの50巻の発売日や表紙にネタバレや感想!今泉との約束!!


Sponsored Link




最近の弱虫ペダルの記事



→弱虫ペダルの47巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

→弱虫ペダルの48巻の発売日や表紙にネタバレや感想!2日目決着!!!

コメント

  • マガジンがヤンキー臭いとか貴方には悪いが馬鹿もいいところだ

    by 匿名 €2017年1月28日 11:20 PM



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック