マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ちはやふるの34巻の発売日や表紙にネタバレや感想!机くん号泣!!

time 2017/02/24

ちはやふるの34巻の発売日や表紙にネタバレや感想!机くん号泣!!

前巻→ちはやふるの最新巻33巻の発売日やネタバレに感想!

次巻→まだ



この記事では、ちはやふる34巻の発売日やネタバレ、感想を書いていきます。



Sponsored Link



34巻の発売日


34巻の発売日は、
2017年3月13日(月)です。


購入はこちら
ちはやふる(34) [ 末次 由紀 ]



34巻のネタバレ



174話



全国大会も終わった夏休みの朝。自習に行くと家を出ようとする千早を、お母さんが呼び止めます。

「だまされないわよ」
「かるたの練習でしょ」
「夏休みまえ、三者面談で言われたこと忘れたの?」


『全国大会で部活からスッパリ足を洗えば、なんとか行ける大学はあります』

「で……でも私」
「クイーン戦に……」


「千早」
浪人してまでクイーンになってなんになるっていうの?


千早はなにも言い返せず、逃げるようにして家を飛び出しました。





部室にて


「は~~~~~~」

部屋の掃除をしながら、大きなため息をつく千早。
自分でも、今は勉強を頑張らなきゃいけないとは思う。


(でも……)
(どこも受からなかったら?)
(浪人する?)
(お金は?)
(出来る限りバイトして……)
(でもその間だって)
かるたをやり続けたい


千早が唸っている所に、太一がやって来ます。
大掃除をしている千早を見て、手伝ってくれることに。


普段はやらないようなところまで掃除をする2人。
しかし、どこもホコリが積もっていないことに気づきます。


「……ああ、かなちゃんだ」
「こんなところまで掃除してくれてるのはかなちゃんだ」


壁についているシミを見つけた2人。
「このコーヒー牛乳のシミは西田だ」


テーブルの上には、キッチリ整理されたノート。
「このノートの生理の仕方は駒野だ」


2年半、部員が過ごしてきたを実感する2人。





カラオケへ



この日は、部室の1階と2階の取替をめぐって、かるた部と吹奏楽部でカラオケ勝負をすることになっていました。
それを知らなかった太一も、流れで一緒に連れていかれてしまいます。


かるた部のトップバッターは千早。昔お姉ちゃんが勢いで出した曲(なぜかラップ)を歌います。
完璧に歌い切り、特典は95点。


太一は笑って、千早の歌をききます。
「久しぶりに聴いた千早のコレ」
「帰り道の鼻歌の定番だったよな」
「うまくなってるし」


笑う太一の後ろに千早は座ります。

『真島さー』
『周防さんのいる東大かるた会に練習に行ってるんだってさ』

肉まん君の言葉が、千早の頭に響きます。


『かるたをしてれば』
『おれらの道はいつか重なる』

新の言葉が、千早の心に響きます。




それからカラオケ勝負はすすみ、大トリは机くん。
しかし、かるた部は劣勢で、部員がみんな青ざめます。

前奏が始まるも、頭が真っ白になる机くん。
そこに、太一が立ち上がり、机くんからマイクを受け取ります。

「まえ行ったカラオケでおれのほうが点高かったし」
「今日せっかく掃除したし」

机くんの代わりに歌い始める太一。
その美声に、みな聞き惚れていました。




帰路にて



カラオケ勝負は、太一のおかげで、かるた部の勝利。
部室を守った皆は、笑顔で帰り道を歩きます。


「肉まんくん」

歩いて行く皆の後ろで、肉まんくんに声をかけ、立ち止まるかなちゃん。

「……肉まんくん」
「ありがとう」
あのとき,好きって言ってくれて

はっとして、一瞬言葉に詰まる肉まんくん。

「な」
「なんだよー」
「言ったじゃん!ウソだって!」

肉まんくんは笑って誤魔化します。


「……ありがとう」
「うそって言ってくれて」

ニッコリと笑うかなちゃん。その目には、涙が滲んでいました。



肉まんくんは切なそうな表情を浮かべ、机くんのところに走っていきます。
「おい机くん!」
「かなちゃんの髪下ろしたのヤベーな!」
「かわいすぎんな!」

肉まんくんは照れ隠しなのか、机くんと肩を組みます。


しかし、なぜか机くんは寂しそうに泣いていました。
「部活思いっ切りやって」
「おれら、引退したね……」
「友達がいて」
「後輩がたくさんいて」
「みんなで帰り道笑って……」

「どうしよう」
「これ宝物だ」
「2年半」
「ただの時間だったはずが」
「自分にはムリだって思ってたものが」
「手に入ったよ」
「宝物になったよ…………」


そう言って、机くんは号泣しました。



TV特番



解散して、一緒に帰る千早と太一。


「机くんすごかったね」
「あんななったの初めて見た」

「駒野たちはこれで引退で」
「かるたは一段落だからな」


『駒野たちは』の言葉が胸に刺さる千早。
千早の笑顔が消え、思い詰めた表情に。


「私は器用じゃないし」
「バ……バカだから」
「受験捨てて」
「クイーン戦予選に懸けていいのか」
「今年は諦めて」
「来年目指すべきなのか……」

自分の悩みを吐き出す千早。
しかし、太一は千早の腕を掴み、その手の腕時計を見ます。
「もう始まるぞ」

「えっ?」
千早には、太一が何を入っているのか分かりません。

「知ってるだろ」
「テレビで周防名人と若宮詩暢の」
かるたの特番があるの」

ハッとする千早。
そして、太一の腕を引っ張り、自宅までダッシュしていきました。



……続きは、単行本でご覧ください!


Sponsored Link




感想



机くんの思い


机くんの気持ち、すごくわかります。
私は学生時代、部活に入らず、勉強するかテキトーに遊ぶかだけでした。

それはそれで楽しいんですけど、やっぱり、じゃれ合える仲間、本音で語り合える仲間って、何よりも宝物なんですよね。

特に机くんは、学業をキープしつつ、かるたでも結果を出したんですから、本当に凄いです。


男前な肉まんくん


ありがとう、うそって言ってくれて

この台詞に、すごくドキッとしました。
机くんのために嘘をつく肉まんくん、それを察したかなちゃん。
高校生の恋愛とは思えません。


……いや、逆ですね。
変な打算のない、友情と恋が混ざりあったコレは、
むしろこの世代にしか出せない味なのかもしれません。


千早の明日はどっちだ


千早が悩んでおります。
自分が情熱を注ぎたいものに賭けるか、生きていくために必要なものを取るか。
両方重なれば一番なんですけど、なかなかうまくは行かないですよね……。

コミックスではこのあと、千早が千早なりに、自分の人生を切り開いていくきます。


まとめ


ということで、ちはやふる34巻についてでした。

発売日は3月13日(月)

中身は、机くん達がかるた部を卒業し、千早が大学受験の岐路に立たされます。

コミックス後半では、須藤さんや詩暢ちゃんも出てきます。



34巻の購入はこちら
ちはやふる(34) [ 末次 由紀 ]


Sponsored Link




ちはやふるの記事



→ちはやふるの感動シーンやかっこいいセリフに名言のまとめ!

→ちはやふるの実写映画の内容やあらすじの予想!公開日やエキストラは?

→ちはやふるの映画の続編の公開日はいつ!?周防のキャストは!?

→ちはやふるの28巻のネタバレや感想や発売日は?続きの予想【画像】

→ちはやふるの29巻の発売日やネタバレに感想!千早がヒョロ君を…!?

→ちはやふるの最新巻30巻の発売日にネタバレと画像や感想!瑞沢が勝利?

→ちはやふるの最新刊の31巻の発売日やネタバレに感想!千早VS新!?

→ちはやふるの最新巻32巻の発売日やネタバレに感想!

→ちはやふるの最新巻33巻の発売日やネタバレに感想!



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック