マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

東京喰種:reの12巻の発売日や表紙にネタバレや感想!ついに、トーカと……

time 2017/07/06

東京喰種:reの12巻の発売日や表紙にネタバレや感想!ついに、トーカと……

前巻→東京喰種:reの11巻の発売日や表紙にネタバレや感想!


この記事では、東京喰種:re12巻についてまとめていきます。


Sponsored Link




発売日


東京喰種:reの12巻の発売日は

2017年7月19日(水)

です。


購入はこちら
東京喰種トーキョーグール:re 12

電子書籍




表紙は?


表紙はまだ確定してないので、分かり次第追記します。

サイコの絵が出回ってますが、今回はトーカがいいなぁ……。


2017/07/26追記


やっぱりサイコでした。
……まぁ、これはこれで可愛いからいいか。



Sponsored Link




内容のネタバレ



今回は色々置いといて、ついにカネキとトーカが結ばれます。



125話 X



――暗がりの部屋に、男と女の吐息だけが響き渡る。


カネキはゆっくりとトーカの胸に頭を埋め、そのまま唇を、トーカの唇に重ねていく。
2人をもつれるように、布団へとなだれ込んだ。

カネキは手をトーカの腰に回し、そのままゆっくりと上へ動かしていく。
しかし、その手は途中でピタリと止まる。カネキの手は、トーカの胸の前で、石のように固まっていた。


トーカは呆れたような目で、カネキにさっさとしろ、と促す。



”プム”


カネキの手に、柔らかい感触があった。
カネキは最初はゆっくりと、次第に大胆に、この柔らかいモノを揉みしだく。

――ねぇ、カオがきもち悪いんだけど。

流石にトーカが非難の声をあげ、カネキは慌てて両手を引っ込める。
そしてカネキはそのまま、自分のシャツを脱ぎ捨てた。
包帯だらけのカネキのカラダが、トーカの目に留まる。


トーカはカネキの体を一瞥し、そのまま自分も、上着を脱ぎ捨てた。
トーカの肌、そして黒い肌着が、カネキの目をくらませる。


カネキは再び、トーカの胸に手を伸ばす。
しかし、今回はトーカの方が早かった。
トーカはカネキの鎖骨あたりにキスをして、そのまま舌を這わせる。
カネキはただ、されるがまま、トーカの下敷きになっていた。


――昔は、あんなにひょろかったのに。
トーカがカネキの腹を、ゆっくりとなでまわした。


あのとき出会った女が、今、自分の上にいる。
カネキはたまらず、再びトーカに口づけしながら、主導権を取り戻していく。

2人は布団の中で横になり、呼吸が重なっていく。



そして、ついにトーカが肌着を脱ぎ去った。
2人は、お互いの体温を感じ――そのまま、一つになる。


苦痛にカオを歪めるトーカ。
それとは関係なく、涙が込み上げるカネキ。


二人の営みは、夜が明けるまで続いていた……。





Sponsored Link



感想


なんつーかもう、「おめでとう」以外の感想が出てきませんね。

正直私は、初登場の時のトーカが好きじゃありませんでした。
生意気だし、自分勝手だし、思慮に欠けるし……。

でも、今のカネキがあるのは、トーカがいてこそですよね。
この2人が結ばれて、本当によかったと思います。


本編では、一話マルマル、ほぼサイレントでお届けという、
漫画史上で見ても、稀に見る芸術的な回だったと思います。


私の拙い文章の1億倍素晴らしい内容ですので、是非、その目で見ていただければと思います。



まとめ


ということで、東京喰種:re12巻についてでした。

発売日は2017年7月19日(水)


内容は、ついにカネキとトーカが結ばれます。




12巻の購入はこちら
東京喰種トーキョーグール:re 12

電子書籍



Sponsored Link




東京喰種:reの記事



→東京喰種:reの8巻の発売日や表紙にネタバレや感想!

→東京喰種:reの9巻の発売日や表紙に店舗特典は?ネタバレや感想!

→東京喰種:reの11巻の発売日や表紙にネタバレや感想!



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック