マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

2017年46号ジャンプ感想(磯部磯兵衛物語が最終回&腹ペコのマリー打ち切り号)

time 2017/10/16

2017年46号ジャンプ感想(磯部磯兵衛物語が最終回&腹ペコのマリー打ち切り号)

今回はマジで時間無いので簡易的に。




【斉木楠雄のΨ難】感想:映画宣伝回


出だしで笑ったw
こいつら出ないのね。

本編は脱出ゲームのパロディで面白かったです。

Sponsored Link



【約束のネバーランド】感想:冷たいおじさん


おじさん、とにかくコミュニケーションを避けてますよね。
これはあれか?情が移るのを避けてるのか?
それともなんか理由があんのかな。

大砲打ってるエマの、イメージ映像は可愛かったです。
久しぶりだな、こんな、ほんわかした感じ。


銃の考察については、私はさっぱりです。
友人のこの動画などを見てください。






【Dr.STONE】感想:クロムとコハクが熱い


思った以上に素直なストーリー展開でした。
ただ、クロムが改めて、千空と対等になる展開は熱いですね。

それにコハクの過去話を絡めてくるのもお見事。
コハクが強くなった理由の一端が見えたのもいいですね。

アイシールド21時代からそうでしたけど、
「なぜこのキャラはこんな能力を得たのか」について、少しでも理由を見せてくれるのは嬉しいです。


しっかし、恋バナしてる時のコハクは可愛いですね。
千空ともうちょいイチャつく話とか無いかなー。
ヒル魔の足にまもりが包帯巻く程度のやつでいいから。




【ハイキュー!!】感想:キャプテン北が新しい


ハイキュー!!でここまでサイボーグチックなキャラは初めてな気がします。
私は好きですよ、北さん。

落ち着いている雰囲気が評価される作品ってあんまりないんで、
冷静、慎重、理屈っぽいのが褒められると嬉しいです。

斉木楠雄とか、冷静なキャラって好きです。


【トマトイプーのリコピン】感想:磯部磯兵衛物語の後釜なるか


あとで詳しく描きますけど、まさかの磯部磯兵衛物語最終回でした。

これは……『ピューと吹くジャガー』枠こと、巻末にリコピンが来る可能性が高いですね。

巻末にちょこっと載ってるギャグ漫画としては、なかなか質が高いと思うので、
悪くないと思います。


【火ノ丸相撲】感想:桐人、案外カマセ感


うーん……まだ大相撲編が始まって間もないので、当然といえば当然なんですが、
あんまりもりあがらず、あっさり決着が付いてしまいました。

もちろん、桐人の良さは刹那的に戦う、居合のような面白さ、というのは理解してるんですが、
やっぱり火ノ丸を引き立てるカマセ感が拭えないですね。
言ってしまえば、これから現れる強敵を引き立てる前座ですよね、これ。
いつかちゃんと、盛り上がる試合をやってほしいなぁ。

ガッツポーズとった礼奈は可愛かったです。
実は今、ジャンプでもトップクラスにヒロイン感があるかもしれない。
高校生時代には考えられなかった展開だぜ。

Sponsored Link



【ゆらぎ荘の幽奈さん】感想:朧の珍しい内面


緋扇回かと思ったら、朧回でした。

ここまで朧の能力が掘り下げられたり、内面を露わにするのは珍しいですね。

義務感だけの関係かと思えば、素直にコガラシにデレてるみたいで、
グッと魅力的になりましたね。



【鬼滅の刃】感想:主人公補正に甘えない


炭次郎に限界が来ました。
素晴らしい。

私、主人公が気持ち『だけ』で無理矢理困難を乗り越えるのが大嫌いなんですよね。
気持ちの力、火事場のクソ力は認めますが、それじゃあ、なんでも有りじゃないか、と。
なんのために敵は敵で頑張ってきたのか、と。


『怒りという感情だけで勝てるのならば、
もうこの世に鬼は存在していないだろう』

そうなんですよ。
別に主人公以外にも、限界を超える資格のあるキャラ(人間)はいくらでもいるわけで、
主人公補正に甘えないでいただきたい。


その点、ネズコが勝つなら筋が通ってます。
非常に理にかなっていて、ワクワクします。


【BORUTO】感想:世界観がブレすぎじゃなかろうか


ナルトの世界で、『データユニット』だの、『巻物メモリ』だののワードが出るとは思いませんでした。

科学忍具とかがあるんで、あってもおかしくないんですけど……やっぱり違和感がありますね。

ナルト時代には電話すらなかったのに、いきなりデジタル化されても、戸惑うばかりです。


そもそも、ここまで忍術、チャクラという概念がある世界で、
科学がここまで発展するものでしょうか?

科学は戦争で発展してきた以上、忍術の技術ばかりが向上しそうなもんですが。
……戦争がなくなったからこそ、科学が発展した?
うーん……どんな流れなら、そうなるんだろ?


Sponsored Link


【ぼくたちは勉強ができない】感想:すっかり文乃は恋愛相談室


文乃が相変わらず、恋愛相談に手を焼いています。

国語が得意な彼女だからこそ、このポジションにつけるわけですけど、
ヒロインとしてはちょっと不遇ですよね。
恋愛対象として、見られにくいというか。

ただ、けなげにポニーテールアピールするところは萌えました。
これは、全国の文乃ファンも満足では?



【コミックス紹介】ぼくのわたしの勇者学、文庫化


ぼくのわたしの勇者学が文庫化で再販です。
集英社も思い切りますねー。

けっこう面白いし、私は好きですけど、大衆受けはしない作品ですよ。
どうしても、ちょっと地味だったり、空気感がイマイチだったりするんですよね(特に、賢者教師が嫌い)

映画効果で多少は売れるでしょうが、大ヒットはしなさそう




【磯部磯兵衛物語】感想:まさかの最終回!なぜ?


似てる人ギャグは面白かったけど、
最終回ということに驚愕しました。

え、なんで!?
人気的には、絶対、まだまだやれるでしょ!!

もちろん、掲載順位の判断が出来ないので、
最近はアンケート取れてなかった、という可能性もありますが、
私から見て、クオリティが落ちてるようには見えないので、それはないでしょう。

えー、なんで終わっちゃったんだろ?
作者さんが限界だったのかなぁ?ネタ切れ?
それとも、新作を描きたくなった?

この前、ギャグ漫画の読み切りも書いてましたし、磯部磯兵衛に飽きた、って可能性もありそうですね。


とりあえず、ギャグ漫画としてはかなりレベルが高い作品だったので、終わるのが非常に惜しいです。
仲間先生の次回作に期待するで候。


Sponsored Link




【食戟のソーマ】感想:叡山は食戟が向いてないと思う


叡山の過去が少し明らかになりました。
やっぱりこいつ、裏で暗躍やら、ビジネスがうまそうですね。


話の流れ的に叡山は負けそうだと思うんですけど、
叡山を食戟で負かしても、叡山をちゃんと倒したことにはならないと思うんですよね。

叡山の真骨頂は料理以外の点にあるわけで、
そこをぶち壊さないと、真に負かしたことにならないなーと。


叡山は前回も詰めが甘くて負けちゃったし、食戟なんてしないで、ビジネスやってればいいと思います。


【シューダン!】感想:何の漫画なんだこれ


内容としては面白いです。
サッカーというゲームの中で、強大な敵を倒すための工夫、努力が見られます。

ただね、この作品、何を伝えたいのかさっぱり分からない。

ロクちゃんの心の話なのか、
ナナセが女だてらに頑張る話なのか、
ソウシの作戦を楽しむ話なのか。

いうなら、話のテーマが無いんですよね。


例えば、友達と話すときに、

「昨日サッカーやっててさー、
そこで友達が本気出さないで、手を抜いてたから、熱くなれよ!ってキレちゃったんだよねー。
で、相手チームが強敵だったんだけどさー俺ががむしゃらな作戦たてて、なんとか1点リードしたのよ、
それでな……」

とか言われても、ちょっと困りません?
友達を叱る話なのか、サッカーでがむしゃらながらも得点した話なのか、よくわかんないんですよ。


ONE PIECEとか、逆にすごくテーマがはっきりしてる作品で、
一貫して「自分勝手な理屈で、他人を縛るなよ、人の人生を決めてんじゃねーよ」って尾田先生が仰ってますよね。

横田先生は画力は十分、場面場面での話は面白いので、
あとは一貫したテーマがあれば、大きく化けると思います。


Sponsored Link



【クロスアカウント】感想:なんか面白かった


あれ?なんか面白いぞ?

なんででしょう?大地が珍しく、UFOキャッチャーでプレゼントするっていう、
明確に人のためになる行為をしたからでしょうか?
それとも、単に私が男装女子が好きだからなんでしょうか?


真面目な話、大地が『有害君』として、菜乃花に大きく貢献しているからでしょうね。
対等な目線でヲタ話をする、というだけで、大地は菜乃花に大きな幸せを与えています。

それは、幼馴染に『なんとなく好かれる』のとは大きく異る、納得できる価値観です。

惜しいなー。もっと早く、大地のこういった姿を見たかった。

多分もう、打ち切られてしまうんですが、
伊達先生の次回作に期待しています。



【腹ペコのマリー】感想:打ち切り


まー、予想通りすぎる打ち切りでした。

時間無いんで、打ち切られた理由とかはそのうち、
この記事みたいに、シーズンでまとめようと思います。


とりあえず、一番の敗因はマリーのキャラブレでしょうね。
『腹ペコの』マリーと言いながら、中盤からは全くと言っていいほど、腹ペコ要素がありませんでした。
結局、バトル漫画なのか、グルメ漫画なのか、幽霊モノ漫画なのかもわからないまま終わってしまいました。

こういうの見ると、べるぜバブは運良く当たっただけの一発屋感が拭えませんね。


絵は本当に上手なので、ジャンプ以外のところで、田村先生の好きな話をただ描けば、
コアな人気が出ると思います。



ベスト3と打ち切りレース


ベスト3



1位、鬼滅の刃(主人公の限界をよくぞ描いてくれた)

2位、Dr.STONE(コハクが色っぽい)

3位、ROBOT×LASERBEAM(時間無くて言葉にできなかったけど、熱い展開で良かったです)


打ち切りレース


1位、クロスアカウント(話的にはここからとも言えるし、たたみにきたとも言える)

2位、青春兵器ナンバーワン(ミコナミ・ユウのキャラ崩壊が早すぎる。使い捨てというか、打ち切り決まったのではっちゃけているようにしか見えない)

3位、シューダン!(あくまで個人的な経験則ですが、打ち切り漫画特有の空気感がいよいよ出てきました。)



Sponsored Link



→オススメ!!ジャンプコミックスランキング10!!!

→2017年31号のジャンプ感想

→2017年32号のジャンプ感想(僕のヒーローアカデミア出張&炭治郎の名言が光る号)

→2017年33号のジャンプ感想(ONE PIECE20周年記念のしまぶーの漫画&ワンピースパーティ出張号)

→2017年34号のジャンプ感想(ジャンプ展へ行こう!掲載号)

→2017年35号のジャンプ感想(移ろう時の中で読切&僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!出張掲載号)

→2017年36・37合併号ジャンプ感想(藤村どら先生読切『転生起-HAKUSAI-』&麻生先生読切『青少年有害環境規制法』掲載号)

→2017年上半期のジャンプ打ち切り作品をまとめて、考察してみた

→2017年38号ジャンプ感想(月イチBORUTO掲載号)

→2017年39号ジャンプ感想(阿波連さんははかれない&貧民超人カネナシくん出張号)

→2017年40号ジャンプ感想(近未来杯、石川光貴先生『ジキルの使い魔』掲載号)

→2017年41号ジャンプ感想(眞道雅興『除冷師煉太郎の約束』&BORUTO掲載号)

→2017年42号ジャンプ感想(小林英拳『レイブンブライ』&こち亀掲載号)

→2017年43号ジャンプ感想(松原大『超加速人間レオ』&塚沢サンゾ『威風!堂堂くん』掲載号)

→2017年44号ジャンプ感想(仲間只一『魔法少年X』掲載号)+打切予想

→2017年45号ジャンプ感想(大石浩二『トマトイプーのリコピン』連載開始号)



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック