マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

遊戯王デュエルリンクスに5D’sやシンクロモンスターはいつ実装される?登場キャラは?

time 2017/11/30

遊戯王デュエルリンクスに5D’sやシンクロモンスターはいつ実装される?登場キャラは?

遊戯王シリーズでは、5D’sが一番好きな管理人です。

一番OCGで遊んだ時期ですし、

ストーリーもネタとガチのバランスがとても良い。

時点はDMかな。



とそんなわけで、

デュエルリンクスに5D’sのキャラやワールド、

シンクロモンスターが実装されるのはいつなのか、

どのキャラやカードが実装されるのか
を予想してみました。








5D’のキャラやワールド・シンクロはいつ実装される?


5D’sのキャラ・ワールドと、シンクロの実装時期は同じでしょうから、

2つ合わせて考えてみます。



結論から言うと、

2018年10月以降となる可能性が高いです。



根拠としては、過去の実装ペースから。

デュエルリンクスのリリースが、2016年11月17日。

それから約11ヶ月後の、

2017年9月28日
にGXワールドが実装されました。




方針としては、約1年ごとに、作品を解放していくスケジュールといえそうです。

ただ、5D’sの場合、シンクロという新システムを導入するため、

GXよりもちょっとだけ時間がかかる
んじゃないかなと思います。

シンクロはカードパワーが高いこともあって、

インフレを緩やかにしていきたい、ということもあるでしょうし。


なので、1年はかかるとみて、2018年10月以降と予想しています。








登場キャラやカードは?


5D’sで登場しそうなキャラとカードを予想してみます。


不動遊星


主人公なのでそりゃ出ますよね。





エースカードはジャンク・ウォリアーが妥当そうです。






スターダストはちょっと、デュエルリンクスだとオーバーパワーかも?

実装されるにしても、レベル4チューナーや特殊召喚の手段をあまり実装せず、

出しづらくするって感じかなと思います。

能力は、ピンチにシンクロンをドローできる、みたいなのになりそうです。


ジャック・アトラス


こちらもまあ当然でしょう。






彼の魂である、レッド・デーモンズ・ドラゴンも間違いなく実装されそう。

リゾネーター絡みの能力がありそうです。



クロウ・ホーガン


BF使い。

BFはカードで出たときのように無双しそうです。

デュエルリンクスだとゲイル、カルート、旋風は強すぎでしょうし。






アーマードウィングあたりがエースカードでしょうか。



十六夜アキ


植物族をサポートする能力をもって実装されそう。






ブラックローズのリセット能力は、

デュエルリンクスなら後続を出しづらそうで、案外ちょうどいい気がしますね。

もう1つの効果は文句なく強いですが。



龍亞


ディフォーマーはデュエルリンクスでもちょうどいいカードパワーっぽい。

表示形式を変更する能力がありそうです。






パワーツールは、装備魔法をいっぱい採用するのが難しそうですが、

とはいえさほど問題ではなさそう。効果は使えて1回でしょうし。




龍可


実装されそうではあるんですが、

正直エンシェントフェアリー以外、何使っていたかは覚えてないんですよね。






まあでも杏子とかですら実装されてるんで、

ハブられるってことはなさそうです。


鬼柳京介


5D’sを語る上で外せない存在。







ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン、

コカパクアプあたりがエースモンスターになりそう。

コカパクアプは別にインフェルニティと相性よくないですけど、

それが逆にデュエルリンクスっぽい。

手札を捨てる能力はかなりありえると予想してます。



ブルーノ


大好きブルーノちゃんのD!







アクセルシンクロは実装が難しそうですが、

いいキャラなので実装希望、って感じです。




まとめ


デュエルリンクスの5D’s・シンクロ実装について考えてきました。

実装は2018年10月以降になりそうです。

登場しそうなキャラはチーム5D’sメンバーが中心になりそうです。



遊・戯・王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド 闇遊戯VS海馬瀬人 (Vジャンプブックス) [ Vジャンプ編集部 ]











down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック