マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ハイキュー!!の30巻の発売日や表紙にネタバレ感想!田中の過去編!!

time 2017/12/05

ハイキュー!!の30巻の発売日や表紙にネタバレ感想!田中の過去編!!

前巻→ハイキュー!!の29巻の発売日や表紙に感想!(ネタバレあり)

次巻→かなり先




どうも、ハイキュー29巻を読んで、テンションが上ってる管理人です。
29巻のラストの台詞『諦めてる余裕は無い』ってメッチャ熱い台詞ですよね。
仕事で挫けそうになった時、一度この台詞で立ち直ったこともあります(笑)



さて、突然ですが、貴方が”烏野で一番好きなキャラ”って誰ですか?

カッコイイ俺様キャラ、影山?
天真爛漫だけど実は影がある日向?
それとも常に冷静沈着な月島?

他にも菅原や西谷を上げる人が多そうです。

でも、『田中を一番に選ぶ人』って、けっこう少ないんじゃないでしょうか?

別に悪いやつじゃないんですが、結構地味だし、なんだかうるさいし……そもそもイケメンじゃないし(苦笑)
私も、正直一番ではありません(私は西谷派)

ただ、この30巻の田中はもの凄くカッコイイです。
熱い。本当に熱い展開です。


この記事では、30巻のそのあたりの感想と、発売日なんかをまとめていきます。




Sponsored Link




ハイキュー!!30巻の発売日


まず、これまでの発売日を振り返ってみますと


21巻→2016年 5月2日
22巻→2016年 7月4日
23巻→2016年 10月4日
24巻→2016年 12月2日
25巻→2017年 3月3日
26巻→2017年 5月4日
27巻→2017年 8月4日
28巻→2017年 10月4日
29巻→2017年 12月4日

と、大体2~3ヶ月に一回のペースで発刊しています。

このペースで行くと、次の30巻は


2018年 3月2日(金)

になるでしょう。


因みに、30巻の収録話は261~269話なので、ジャンプ本誌のストックは既に足りています。
コミックスの発売が3ヶ月先なのは、古舘春一先生のおまけイラストに時間がかかるからでしょう。
ハイキュー!!のコミックスは、最近の漫画の中では、おまけが多いですからね。




ハイキュー!!30巻の表紙


表紙はまだ不明なので、分かり次第追記します。

内容的に、田中が表紙を飾って欲しいですね~。



Sponsored Link




ハイキュー!!30巻の感想(ネタバレあり)



30巻 261話のあらすじ



――影山が繋いだボールを、旭は見逃さなかった。
旭は不自然な体勢ながらも、力強いスパイクを決め、烏野24-23と、第一セット奪取に王手をかける。

あと一点とれば、1セットゲット……というところで、影山から田中にトスが上がる。
しかし、これは稲荷崎に止められてしまう。



(C)古舘春一



悔しがる田中。考えてみれば、田中は今日、良い所が一つもない。

続く稲荷崎のサーブでも宮(侑)が狙うのは、今日イマイチな田中だ。
田中は望むところだ!とレシーブを狙うが、実際にそのレシーブを返したのは、西谷であった。




(C)古舘春一


田中は挫けそうになりながらも、西谷に『ナイスレシーブ!』と声を上げる。

その後、大地が珍しいバックアタックを決め、烏野は再び、あと1点取れば、1セット入手という状態になった。



30巻 262話 あらすじ


――時代は、田中が1年生だった頃に遡る。







(C)古舘春一


――田中は、あの頃を思い返し、再び気合を入れ直す。
あと1点で、あの稲荷崎から1セットとれるのだ。
逆に、ここまで押せ押せムードなのに1セットを獲ることが出来なければ、正直、この後が厳しいだろう。

田中は力いっぱい、スパイクを叩き込む。
――しかし、それは稲荷崎にブロックされる。
今まで田中が抜けていたテンポでは、抜けない。
稲荷崎のブロックの完成が早くなっているのだ。

しかし、田中はめげずに、返しの稲荷崎の攻撃をブロック。
これによって相手の攻撃は西谷のもとへ行かざるを得ず、再び烏野に攻撃のチャンスがやってくる。
田中は、自問する。
『俺は今日、何を、した
何が――できた

田中は稲荷崎のブロック3枚のすきを突き、スパイクを叩き込む。
しかし、それは無情にもOUT。
田中に、自責の念が襲いかかる――。



(C)古舘春一





Sponsored Link





30巻 263話 あらすじ



田中にプレッシャーが襲いかかる。
攻撃をすればOUTになり、防御に回れば西谷に助けられてばかり。
挙句の果てに、チームメイトの月島からも、今の田中は信用出来ないと、攻撃のトスを上げられない。

しかし、それでも田中はめげない。
折れることはない。
今いる二年生で、田中だけが唯一、この部にずっととどまり続けてきたのだ。





(C)古舘春一



――ところで、平凡な俺よ。
下を向いている暇は、あるのか。



30巻 264話 あらすじ



『レェフトォォォォオオオオオォォォオオ!!』
田中の声が、体育館に響き渡る。
影山はその声に応え、トスの準備を始める。
日向は右に走り、囮としての仕事をこなす。
状況は烏野26-25。あと1点とれば1セット入手だ。




(C)古舘春一


田中の一点が、ついに、突き刺さった。


Sponsored Link



30巻の感想


熱い!熱すぎる!
田中が滅茶苦茶カッコイイです!!

このセット中、田中はずっと良い所が一つもなくて、普通だったら絶対ふてくされちゃうし、モチベーションが下がっちゃうと思うんですよ。
なのに田中は、モチベーションが下がるところか、
『平凡な俺よ。下を向いている暇はあるのか』
と、自分を叱咤激励して、前を向けるんです。

これは、なかなか出来ることじゃないですよ!!


考えて見れば、ハイキュー!!の作者の古舘春一先生も、同じ思いをジャンプで味わったと思うんですよ。
ハイキュー!!の連載が始まった当初、周りにいるのはONE PIECEにNARUTOにBLEACH、こち亀にハンターハンターと、化物揃いです。
こういった漫画と比べた時、自分の漫画が、周りの漫画に届かないかもしれない――と悩んだことは、一度や二度じゃないはずです。

実際、古舘春一先生はハイキュー!!の前に『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』という連載をやってまして、これは早々に打ち切られてしまっています。
(個人的には面白いと思ってる漫画なので、読んだこと無ければ読んでみてください)




こういった打ち切りやら、強力なライバルに囲まれて、それでも挫けずに連載を続けた古舘春一先生。
気づけば、ONE PIECEと銀魂(とハンターハンター)を除いて、ジャンプで最も長期連載の漫画になりました。
ここまで挫けずに上りつめた古舘春一先生に、私は敬意を表します。


これからも、熱い台詞、熱い展開、楽しみにしてます!



※因みに、ジャンプ本誌掲載の時にも感想を書いてます。
飛び飛びなところもありますが、よろしければどうぞ。

261話→戸美学園の優が好き
263話→田中さん、勉強になります
264話→清水先輩かわいい
265話→スポーツ漫画っぽいやりとり
266話→中国風?
267話→正にスポーツ観戦




まとめ


ということで、ハイキュー!!の30巻についてでした。

発売日は2018年 3月2日(金)

内容は、田中がどん底のどん底から這い上がり、見事、烏野に1セット先取をもたらしてくれました。


ハイキューのこれまでのコミックスはこちら
ハイキュー!! (1-29巻 最新刊) 全巻セット




Sponsored Link


ハイキューの記事


→ハイキュー!!の29巻の発売日や表紙に感想!(ネタバレあり

→ハイキュー!!の最新刊23巻の発売日やネタバレに感想!音駒VS戸美!

→ハイキュー!!の強さ・イケメン度ランキング!






down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック