マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ジョジョリオンの17巻の発売日はいつ?感想を語ってみた!(ネタバレ含む)

time 2017/12/05

ジョジョリオンの17巻の発売日はいつ?感想を語ってみた!(ネタバレ含む)

前巻→ジョジョリオン16巻の発売日はいつ?表紙やネタバレに感想!

次巻→そのうち書きます。


この記事では、ジョジョリオン17巻の発売日や感想をまとめていきます。


Sponsored Link



ジョジョリオン17巻の発売日


17巻の発売日は

2017年12月19日(火)

です。


予約はこちら
ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス) [ 荒木 飛呂彦 ]



ジョジョリオン17巻の表紙


表紙は不明なので、分かり次第追記します。



Sponsored Link


ジョジョリオン17巻の感想(ネタバレあり)


17巻のあらすじ




(C)荒木飛呂彦


今、定助、康穂、そして礼のいるリフトに、敵が迫っていた。
定助は、礼に落とされた康穂に声をかける。
康穂は足を怪我したが、気は失っていないようだ。



(C)荒木飛呂彦


定助は康穂を助けるために下に降りようとするがそれは礼に止められる。

礼「……いいかな。雑草の害虫に襲われた『下のイチゴ』も……
ちゃんと収穫できる時もある。
彼女のおかげで、我々の生存率は23%に増えてるぞ。

……この「敵」は謎だ…………
だが、倒すチャンスは必ずおとずれる………………」

礼のこんな状況でも顔色一つ変えない態度に、定助はただただ、圧倒されるばかりだ。

定助は康穂を助けに下に降りることを諦め、康穂に『上へ』登れと指示する。
坂の上の6番柱までいき、リフトの柱を登らせるつもりだ。



(C)荒木飛呂彦



康穂は急いで、6番柱へ向かう。
しかし、敵はスデに回り込んでいたらしい。
靖子が近づいた6番柱の土台のコンクリートが崩される。
そのまま床からとび出てきたつぶてに襲われる康穂。
定助は慌てて、ソフト&ウェットを発動し、シャボン玉の階段を作り出す。
しかし、康穂の前に、敵が姿を見せる。




(C)荒木飛呂彦


敵は康穂の首を掴みかかる。
そのままウイルスのような攻撃を康穂にばらまき、もうダメか――と思った、その時。
礼はスタンド『ドギー・スタイル』を使って右腕を伸ばし、ナイフを敵の肩あたりに突き刺す。
その拍子に、敵は康穂から手を伸ばした。

康穂はスタンド『ベイズリー・パーク』を発動させ、6番柱にあるトイレの貯水タンクから水を吹き出させ、その水で敵のウイルスを洗い流すことに成功する。

礼はここで、あることに気がつく。

礼「敵は岩人間……だが、『2体』いる


(C)荒木飛呂彦


To be continued…


Sponsored Link


17巻の感想


ジョジョ4部の鉄塔に住む鋼田一豊大+料理の上手なトニオさんみたいなキャラが出たと思ったら、今度は5部のチョコラータとセッコみたいなキャラが出てきました。
私、ジョジョリオンが終わったら5部のリメイクが出るのを凄く楽しみにしてるんですけど(5部が一番好き)、もしかして、ジョジョリオンが4部と5部両方一気にやっちゃうのかな……


で、それは兎も角、敵の能力ですが、下のほうは移動タイプっぽいですね。
キャタピラみたいのがついてるから、一瞬『シアー・ハート・アタック』を連想しましたが、流石に考えすぎか。



(C)荒木飛呂彦



敵のウイルスは水で洗い流せるみたいですけど、康穂はよくそれがわかりましたね。
多分、スタンド能力で察したんでしょうけど、本当に便利な能力だなw

今回は康穂が下にいるということで、敵との距離が一番近いですから、康穂がガチバトルをする必要がありそうです。
康穂を定助(+礼)がサポートするという、珍しい構図ですので、どんなバトルになるか、今から楽しみですね。



まとめ


ということで、ジョジョリオン17巻についてでした。

発売日は2017年12月19日(火)

内容は、康穂が突き落とされた後に敵に襲われて、それを定助と礼が援護するという、珍しい戦いになっています。



17巻の予約はこちら
ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス) [ 荒木 飛呂彦 ]



Sponsored Link


ジョジョリオンの記事


→ジョジョリオンの最新刊13巻の発売日やネタバレに感想!

→ジョジョリオン16巻の発売日はいつ?表紙やネタバレに感想!

→ジョジョの実写映画でキャストや山崎賢人がひどいと批判!?画像で比較!



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック