マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)の仕組みはどうなっている?モーションIRカメラとは!?

time 2018/01/19

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)の仕組みはどうなっている?モーションIRカメラとは!?

先日発表されたニンテンドーラボがすごい!

自分で工作したものでゲームが遊べるなんて、かなり革新的。

どうやってゲームと連動させているのか、

仕組みが気になったので調べてみました!




Sponsored Link






ニンテンドーラボとは?








「段ボール」で、ピアノやつりざお、バイクなどをつくって、

それを「Nintendo Switch」と合体させると、

演奏したり、魚をつったり、レースしたり……

いろんな「あそび」になって、

自分でつくってあそぶから、しくみがわかって、夢中になっていると、

いつの間にか「新しいあそび」を思いついたりして。

こんな感じが、NINTENDO LABOです。

キミならどんな「あそび」をする?

つくる/あそぶ/わかる HELLO
NINTENDO LABO!



Nintendo Labo公式サイトより引用




発売日・価格


発売日は、2018年4月20日(金)。

2種類のToy-Conが発売されます。


VARIETY KIT(バラエティキット)






6980円+税



ROBOT KIT(ロボットキット)





7980円+税



Sponsored Link




ニンテンドーラボの仕組み


鍵となるのは、右のJoy-ConについているモーションIRカメラ。






IRカメラとは、赤外線カメラのこと。

大食いコンテストなどで使うアレです。





ジャイロセンサーや加速度センサーといったものは、

Joy-Con自体の動きが、ゲームに反映されていました。


このへんは、スマホなんかにもついているので分かりやすいですよね

(回転の動きが伝わったり、動かした速度が反映されたり)。



それに対して、IRカメラは赤外線で捉えた動きを、

ゲームに反映させることができる
んです。

すぐ近くについている、赤外線を出すライト。

それで照らした場所からの反射を、IRカメラが察知。

それを映像化して、スイッチへと送ります。

そして、その映像がどう動いているのかを、プログラムによって判断する、ということになります。


具体的にどんなことが判断できるかといえば、

じゃんけんの「グー、チョキ、パーどれを出しているか」を判別したり、

大食いコンテストでは、「口を開けたり閉じたりする動き」を読み取ったり、

などなど、どういう動きをしているのかを判断することができるようになります。



ニンテンドーラボでも、このモーションIRカメラを使っています。





ロボットのやつなんかは分かりやすいですよね。

背負ってるToy-Conに右のジョイコンが刺さってますが、

ジョイコン自体は全く動いていない。

中で上下している部分の動きを読み込んで、それをゲームに反映していると考えられます。



キーボードなども、どこの鍵盤が動いたのかを判断して、

それに対応した音を出す
、といった仕組みだと思われます。



これの何がすごいって、

スイッチの発売当初はIRカメラは、「これなにに使うねん」なんて言われてたんですよ。

さっぱり役に立たないと思われていたものが、これだけ遊びの幅を広げた

しかも、ダンボールや工作といった要素がシナジーして、

めっちゃ子供がやりたくなるようなゲームになっている。おみそれしました。



まとめ


ニンテンドーラボの仕組みについて調べてみました。

モーションIRカメラという、赤外線によって物の動きを判別する機能で、

現実の動きをゲームに反映させている
、という仕組みだと考えられます。


予約についてはこちらから!

ニンテンドーラボのマイニンテンドーストアやAmazonでの予約開始日はいつ?評価や感想は?



Sponsored Link



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック