マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ヒナまつりのアンズがホームレスだけど天使で可愛いし泣ける!新田やサブとの恋愛フラグは?【画像】

time 2018/05/12

ヒナまつりのアンズがホームレスだけど天使で可愛いし泣ける!新田やサブとの恋愛フラグは?【画像】





ヒナまつりのアニメが面白いですね!

個性的なキャラが多くて笑えます。

中でもアンズがいいキャラすぎる。

マジ天使で可愛いし、感動回もこなしてしまって超魅力的。



というわけで今回は、ヒナまつりのアンズについてまとめてみました。

どんなキャラなのか改めて紹介した上で、

泣ける回やみんなの感想、かわいい画像をまとめています。

新田やサブとの恋愛フラグなど、気になるところもご紹介しています!



Sponsored Link




ヒナまつりのアンズはどんなキャラ?





声優は村川絵梨さん。


ヒナを「処分」するために組織から派遣されてきた少女。ヒナと同じく念動力を使うがヒナには劣る。無表情なヒナとは異なり、表情豊かで喜怒哀楽がはっきりしている。転送直後は攻撃的で傍若無人な性格だったが、根は素直で心優しいため、人々との交流の中で徐々に性格が和らいでいった。

ヒナの処分に失敗し、組織に戻れずホームレス生活を送ることに。

そのおかげでお金の大切さなどを学んでいく。


泣けるアンズ回ネタバレ


しかし寝ぐらにしていた公園が自治体の整理事業の対象になったため、

仲間のホームレスたちとは別れることになります。

アンズは別れを惜しみますが、彼女を思うホームレスたちに突き放されます。



その後、詩子の紹介で町内の中華料理店「来々軒」の林夫妻に引き取られる。

林夫妻は何もしなくてもご飯を用意してくれますが、

やっさんの教えを守り、「働くからこそご飯を食べられる」と、

お店の手伝いを自分から買って出ます。





そして林夫妻に教えられます。

「アンズちゃんの中にはちゃんとやっさんの教えが生きてるんだ。いい事じゃねぇか」

「それにきっとアンズちゃんもみんなの中にいる」

「それだけじゃないんだ。アンズちゃんと今まで過ごした思い出がみんなの中にある」


と、林夫妻に教えられ、アンズは涙するのでした。






Sponsored Link




アンズが天使すぎて可愛いと話題に!


アニメで話が進んでいくにつれ、

どんどん可愛くなっていくアンズに陥落していく視聴者が増えています!






https://twitter.com/momomoatack/status/995240820360953856








いやほんと、良い子すぎますよね・・・。





Sponsored Link



新田やサブとの恋愛フラグは?



サブとの恋愛フラグ



来々軒でお手伝いをしていたアンズですが、ある日おじさんから店を閉めるということを聞きます。

どうしても店の味を残したいと思ったアンズは、おじさんが昔やっていた屋台から始めることに。

新田はサブを連れて週3でその屋台に通いますが、サブはラーメンの味に飽きてしまいます。

そして、彼はアンズに、ラーメンの味を変えることを提案。

その際に・・・






アンズは頬を赤らめます。

自分のことを気にかけてくれてる、というところに惚れてしまったようです。

(本当はラーメンに飽きただけだけど)

サブは許されない・・・!という意見が殺到しています。



新田との恋愛フラグ


恋愛フラグというか、新田が一方的に父性愛を感じています。




良い子すぎて気持ちはわかるんですけどね。

サブによってラーメンの味が変わったときは、こんな感じになってしまいます。




怖い怖い。

で、新田はアンズにそれをぶつけてしまい、2人は喧嘩。




結果、新田は出禁になってしまいます・・・。


まとめ


以上、ヒナまつりのアンズについてでした。

ホームレスと別れるときに健気なところを見せたり、

お店の手伝いをすぐに買って出たりと、天使すぎて可愛いです。

新田→アンズ→サブといった感じで恋愛フラグが立っていて、

サブはちょっと批判を食らっています。




Sponsored Link





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!





down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック