マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

キングダムの52巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)

time 2018/06/06

キングダムの52巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)


今回は、キングダムの52巻について紹介します。

発売日はいつなのか、表紙は誰になるのか、

あらすじや感想をまとめました。

ネタバレを含みますのでご注意ください。


Sponsored Link




キングダムの52巻の発売日はいつ?


キングダムの52巻の発売日は、

2018年10月19日(金)となるでしょう。


48巻:2017年10月24日
49巻:2018年1月19日
50巻:2018年5月18日
51巻:2018年7月19日



このように、キングダムの単行本は平均3ヶ月おきに発売されています。

20日前後である可能性も高く、19日の発売が多いため、

2018年10月19日(金)の発売となるでしょう。



キングダムの52巻の表紙


表紙はまだ分かっていません。

分かり次第追記してお知らせします。



Sponsored Link




キングダムの52巻のあらすじ(ネタバレあり)


それでは、キングダムの52巻のあらすじを紹介します。

52巻には、559話~569話が収録されます。


趙国軍の馬南慈に防陣を抜けられ、ピンチとなった亜光。

趙の尭雲将軍も襲いかかり、亜光は一対二の戦いを強いられる。

「卑怯だぞ」と罵る秦国の兵。

しかし、馬南慈は亜光たちの作戦負けであるという。


飛信隊の信と玉鳳隊の王賁も、

岳嬰を倒すために戦っていますが、こちらも苦戦。

更に、亜光が責められ、虞寧が討ち死にしたことが知らされる。



王賁は考え、決断を下す。

「この右翼において 亜光将軍の代わりはきかぬ

玉鳳本隊は左に反転

亜光将軍の救出に行くぞ!」






(C)原泰久


そして、「岳嬰の首は信に託す!」と宣言する!



その頃、亜光は馬南慈と尭雲の二将軍に挟撃されている。

体勢を崩し、首を取られるかというところで、

亜花錦が現れて、亜光を助け出すのだった!



(C)原泰久






Sponsored Link




キングダムの52巻の感想


馬南慈の「何が卑怯か これは貴様らの作戦負けよ」という台詞が大好きです。



(C)原泰久



戦争で卑怯って、さすがに甘えてますもんね。

馬南慈は勝つために最大限の努力をしているわけで、

どう考えてもそれを予測できなかった亜光側の落ち度ですから。


それはともかく、岳嬰を信に任せる王賁の決断が熱いポイントですね。

普段は衝突しがちですが、王賁が信の実力を認めているからこそ、

こういう判断ができたんだと思います。


本来は信と王賁の二人で戦う予定だったのを崩しているので、

ちゃんと倒せるかは不安が残りますが、信の活躍が楽しみです。



まとめ


以上、キングダムの52巻についてでした。

発売日は2018年10月19日(金)

亜光が尭雲と馬南慈に挟撃され、王賁が助けに向かいます。

そして、岳嬰撃破が信に託される――というのが内容です!



今までのキングダムの単行本をお得に読むならebookjapanという電子書籍サイトがオススメです。

キングダムをお得に読む

今なら、買った漫画の半額分のポイントが返ってくるため、

キングダムを半額で読むことができます!

試し読みもできますから、読みたいところも探しやすいかと思います。

ぜひ試してみてください。



まさかの実写化。あまりにもひどかったので感想を書きました。

キングダムの実写映画のキャストがひどいと批判!原作漫画とビジュアルを比較してみた!大コケで爆死の予感・・・


Sponsored Link




キングダムの記事



キングダムの49巻の発売日やネタバレに感想!ついに”アイツ”が将軍へ!!


キングダム50巻のネタバレ感想!発売日や表紙は?王賁の持つ六将の視野が光る!一方、壁は……


キングダムの51巻の発売日はいつ?表紙や感想!(ネタバレあり)


キングダムの53巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!





down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック