マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

【シャドウバース】テミスの粛清は本当に強いのか?壊れ、クソカードなのか評価をまとめてみた【シャドバ】

time 2018/06/17

【シャドウバース】テミスの粛清は本当に強いのか?壊れ、クソカードなのか評価をまとめてみた【シャドバ】

シャドウバースの9弾の新カード、テミスの粛清が話題ですね。

プレイヤーの間で、いろいろと評価が分かれています。

また「はいテミス」ってされるのはどうなのっていう意見はもちろん、

実はそんなに強くないのではないか、という声もあります。



というわけで、現状でテミスの粛清は強いのか、壊れなのかということを考えてみます。

みなさんの評価をまとめたうえで、

私(一応1弾のころからビショップマスター達成)の意見も書いていこうと思います。







テミスの粛清へのみんなの評価


まずは、テミスの粛清へのプレイヤーのみなさんの評価をまとめていきます。


強い・ぶっ壊れ・クソカード派


まずは、強いと判断されている方のご意見をまとめていきますね。

















ネクロが死んだ、また全除去か、という批判的な声が多め。

特定のクラスに大ダメージを与えることや、

ビートダウンが全除去をくらう不快感からでしょうね。

今の環境がかなりバランスよく、不快な動きも少なかっただけに、

クソカードと感じる人が特に多いようです。



そこまで強くはない派






https://twitter.com/syo4510/status/1008257052055986178






一方で、そこまで強くはないという声もあります。

どちらかというと、ビショップをよく使うという人ほど、この声が多いですね。

8コストという重さや、自分の場にも何も残らないこと、

消滅は刺さると強いけど、基本的にはなくてもないい
こと、などが理由として挙げられそうです。



みんなの評価を見ると・・・


みんなの評価をまとめてみます。

相手にすると嫌だけど、使うとそこまで強くはないと感じるカード

といったような評価が現状の世間的な評価といえそうです。


続いて、私が感じたことを書いていきます。







テミスの粛清への私の評価


私のテミスの粛清への評価は、

「弱くもないけど強くもない」といったところ。

一部のデッキではまあまあ強いけど、いろんなデッキでは見ない。

更に、使えるデッキでも、いうほど強くはないと思います。


理由はいくつかあります。

・これ自体は勝負を決めない

・現状入りそうなデッキが天狐のみ

・疾走は止まらない

・アンリミではさすがに使いづらい


この4つが私のテミスの粛清への評価の根拠です。1つずつ説明していきます。


1 これ自体は勝負を決めない


1つは、テミスを単体で見ると、これだけで勝負を決めるカードではないことです。

「勝負を決めない」というのは、「勝たない」という意味です。

どこまで行ってもリセットカードでしかないので、他に勝つカードを用意する必要があります。


そして、ビショップというクラスは、基本的に「勝ちづらい」クラスです。

というのも、天狐も教会も獅子も権化もニュートラル獅子も、

どれも2枚以上の特定のカードが組み合わさってようやく勝ちます。

更に、次の弾でイージスという1枚でほぼ確実に勝つカードはローテからいなくなります。




なので、次のローテ環境のビショップは、

盤面や手札が万全の状態を作らないと勝てません(現状)。


その点から見ると、テミスは時間稼ぎこそしてくれますが、

勝つ手段を集めることには寄与しません。


むしろ、自分の場のフォロワーを減らしているので、勝ち筋を一時的に減らしているとも見れます。


ですので、どこまで行っても後ろ向きなカードで、勝ちまでは遠いカードです。

勝たなきゃ「強い」とは言えないので、単体で見ると「強い」とは言い難いと考えています。


2 現状入りそうなデッキが天狐のみ


次に、テミスの粛清が入りそうなデッキを考えてみます。

単体では勝たないとはいえ、これを撃つことによって「勝てる」のであれば強いカードです。


ですが、現状これが噛み合うのは天狐の社デッキだけ。




当然、天狐の社にはすごく噛み合います。

自分の場の社と白牙の神殿は残り、敵のフォロワーは全滅。

今まで倒しづらかった巨大なフォロワーもしっかり一掃できて、

相手のリソースが減れば、社のダメージも顔面に行きやすくなり、勝ちも近づきます。


逆に、上で書いたように、テミスは盤面のフォロワーをリセットします。

つまり、自分の場の基本的な勝ち手段であるフォロワーが消えてきまうので、

ビートダウンデッキにはむしろ噛み合いません。

8コスト払って、貴重な手札を1枚使って、更に自分のフォロワーが死ぬのはマイナスが大きすぎる。

ジャンヌの方が万倍強いと考えます。


ですので、つぶしの効くカードではないと思っています。

多くのデッキで見かけるようなカードではありません。


もちろん天狐の嫌らしさ強さが増すというのは事実です。

ですが、天狐の社デッキは次のローテ環境で勝ちづらくなります。

理由はイージスがいなくなったこと。

社を引かないと回復を続けるだけで、ただのジリ貧デッキです。

今まではアイテールからのイージスという勝ち筋がありましたが、

今後はありませんから、フィニッシュ力が落ちるため、今環境ほどの総合力はないと考えています。


3 疾走は止まらない


更にいうと、疾走が止まらないことが問題です。

これは旧テミスもそうですが、こちらは8コスト。

8コストもかけるのに、相手の攻め筋を完全に潰しきれないというのは、あまり強くありません。


特に、テミスの粛清を使う天狐のようなデッキは時間がかかります。

ですので、リントヴルムのような下準備を重ねてからの巨大な疾走にとても弱いです。




それに対して強くなっていないことを考えると、テミスを脳死で3枚入れるのは危険だと思います。


4 アンリミではさすがに使いづらい


アンリミでの評価もご説明します。

アンリミではさすがに使いづらいでしょう。


アンリミ環境では、テミスの審判という2ターンも早く撃てる全除去があります。

ですが、それでもアンリミ環境のトップはビートダウンです。

審判があるにもかかわらず、

リノセウスやフォルテ、アルベールを強く使えるビートダウンがはびこっていることから、

粛清のほうは一切間に合いません。


では、アンリミの重いデッキに勝てるかどうか。

これは消滅である意味がないので、テミスの審判で十分なことが多いです。

その上、超越ウィッチという、テミス系が入っていると一生勝てないマッチアップまであります。


というわけで、アンリミではテミスの粛清は使いづらいです。

基本的にテミスの審判でも間に合っていない上、

消滅のために2コストも重くする必要がありませんから。




下で、ここまで書いてきたことをまとめますね。





まとめ


ここまで書いたテミスの粛清への評価を、改めてまとめます。


・世間的な評価は、「使われると不快だけど、使うと強くないカード」

・私の評価は、弱くないけど強くもない
なぜか?
1 テミスの粛清単体では勝たない
2 今の段階では天狐にしか入らない+天狐はイージス抜けて勝ちづらい
3 疾走は結局止まらない
4 アンリミではかなり使いづらい



というのが重要ポイントでした。


【シャドウバース】ケルベロスやレディ・グレイ、フェリをナーフしないのは何故?ヒッポグリフの乗り手の下方修正の理由は?【2018年11月26日~】










down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック