マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

ちはやふるの39巻の発売日はいつ?特典やあらすじに感想!(ネタバレあり)

time 2018/06/20

ちはやふるの39巻の発売日はいつ?特典やあらすじに感想!(ネタバレあり)



今回は、ちはやふるの39巻について紹介します。

発売日はいつなのか、特装版の特典はどんなものなのか、

あらすじや感想などをまとめました。

ネタバレを含みますのでご注意ください。



Sponsored Link




ちはやふるの39巻の発売日はいつ?


ちはやふるの39巻は、

2018年8月9日(木)となっています。

公式からの発表ですし、既に予約が始まっていますので、間違いありません。


予約はこちらからできます。

ちはやふる(39) (BE LOVE KC) [ 末次 由紀 ]


また39巻は特典付きの特装版もありますので、

そちらもご紹介します。


ちはやふるの39巻 特装版の特典


ちはやふるの39巻には特装版があります。

税込1026円で描き下ろし表紙のふせんとメモ帳ブックが付属します。

画像はまだ判明していません。分かり次第追記します。


特装版の予約はこちらからできます。

ちはやふる(39)特装版 (プレミアムKC BE LOVE) [ 末次 由紀 ]


続いて、ちはやふる39巻の内容についてもご紹介します。



Sponsored Link





ちはやふるの39巻のあらすじ(ネタバレあり)


それでは、ちはやふる39巻のあらすじについてまとめます。

39巻には、199話~203話が収録されます。

ネタバレを含みますのでご注意ください。


挑戦者決定戦決勝、2試合目。

新VS太一は、早くも新はが枚も差をつけてリードします。


札を見ず、太一の顔をにらみ続ける新。

(いま目の前におるのは 勝つか負けるかようわからん ライバル ぶっ潰す)

そう考えていた。


しかし、新はまだ流れを掴みきれていない。

そう、今まで彼が取ってきた札は自陣のもののみ。

太一の陣の奥の札を取れていないのだ。

(守りが堅い選手の自陣奥は 水深5メートルのプールの底みたいに感じる・・・)

(違う すぐそこにある ある 取りきる 敵陣奥削り取る)


しかし、次の札も太一がとる。

次の札は「きり」。「きみ」が残っているにもかかわらず、太一が札を払う。

太一は考える。

(周防さんのそばにいた半年でわかったんだ 聴こえてるのに

いらないと思って脳が拾い上げない音がある)


更に考える。

(夢があるとすれば オレたちの最初の夢は名人とかじゃねーんだ

そんなかっこいいもんじゃねーんだ 俺たちはさ 綿谷新の瞳に映りたい)

(撹乱とかじゃなくて 小細工とかじゃなくて 何一つ実力の削られぬ綿谷新に 勝ちたい)

(青春全部かけてきた 本当の強さで)




ちはやふるの39巻の感想


おー、太一くんがかっこいい。

実力が上の相手に挑戦したい、

小細工なしで勝ちたいっていうの、すごく分かります。

勝つためになんでもするってのもありですけど、

再現性のない、自分の身になってない勝利に価値ってないんですよね。

太一くんにはぜひとも頑張ってほしいです。



Sponsored Link




まとめ


以上、ちはやふるの39巻についてでした。

発売日は2018年8月9日(木)。

特装版にはふせんとメモ帳ブックがついてきます。


ちなみに、今ならちはやふるの過去のコミックスが半額で読めます。

ちはやふるを半額で読む

こちらで漫画を買うと、今月買った漫画の半額分のポイントが返ってきます。

ブックオフとかと違って、最近の巻も安くすぐに読めてオススメ。

新刊の発売を知らせてくれる機能も便利なので、ぜひどうぞ。



Sponsored Link



ちはやふるの記事



ちはやふるの34巻の発売日や表紙にネタバレや感想!机くん号泣!!

ちはやふるの35巻の発売日や表紙にネタバレや感想!ヒール太一もかっこいい…

ちはやふるの37巻の発売日はいつ?感想を語ってみた!(ネタバレ含む)


ちはやふるの感動シーンやかっこいいセリフに名言のまとめ





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!





down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック