マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

昭和元禄落語心中のドラマのキャストの画像を比較!落語の演技力の評判は?

time 2018/07/04

昭和元禄落語心中のドラマのキャストの画像を比較!落語の演技力の評判は?




昭和元禄落語心中のドラマ化が決定しましたね!

NHKでの放送だったり、キャストが岡田将生さんだったりでとても話題です。


ただ、原作のキャラの雰囲気がちゃんと出せるか、

そして何より、アニメのときのような落語の演技ができるのかということが気になりますよね。


というわけで、昭和元禄落語心中のドラマのキャストと、

原作の画像の比較や、落語の演技などについてまとめてみました。



Sponsored Link




昭和元禄落語心中のドラマのキャスト・画像や演技比較!


それでは、キャストのみなさんについてまとめていきます。




八雲役:岡田将生さん




八雲を演じるのは岡田将生さん。

ちょっと若すぎない?という声が多いですね。





岡田将生さんは、落語の演技はまだやったことがない様子。

それに、ちょっとアニメの石田彰さんの演技が良すぎたせいで、

不安に思う人も多いようですね。





ですが、岡田将生さんはこのようにコメントされています。

このドラマのお話を頂いたときは正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品の為に落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです。しかし、僕が演じさせて頂く八雲という人物に、どんどん興味が沸き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました。今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください


モチベーションは十分なようですし、期待できそうです!



与太郎役:竜星涼さん








アンナチュラルの役の印象が強くて、

どちらかというと八雲役では?という声も。





こういうチンピラっぽい落語は難しそうです。



小夏役:成海璃子さん









小夏役の成海璃子さんはすごく好評です。



こういったかっこいい演技もしっかりこなせそうと評判。



みよ吉役:大政絢さん








みよ吉役の大政絢さんも、

ちゃんと色っぽい感じが出ていて素敵だと話題です。


助六役:山崎育三郎さん







演技派だから落語は大丈夫だろうけど、

ちょっと清潔感がありすぎ、っていう意見が多いです。

たしかに雰囲気は助六って感じではないですね。





あと、演技派とはいえ、山ちゃんレベルの演技ってハードル高いですよね・・・。




落語の演技について


・・・と、アニメの演技がすごすぎるって話をしましたが、

ちゃんと落語監修の先生として、柳家喬太郎さんがついています。





アニメレベルは厳しいかも知れませんが、

ひどすぎるってレベルにはならないと思います。



まとめ


以上、昭和元禄落語心中のドラマキャストについてでした。


今のところキャストの雰囲気は賛否両論。

落語の演技もアニメがすごすぎたので不安が残りますが、

ちゃんと落語監修に柳家喬太郎さんがついていますし、

岡田将生さんもモチベーション高いようですので、期待はできると思います!


原作漫画はこちら。

昭和元禄落語心中を今すぐ半額で読む

今なら購入分の半額が返ってくるので、実質半額で買えます。

今すぐ読めるので、気になったらぜひ。



Sponsored Link





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!



コメント

  • そもそも落語って役者が演じるとどうしようもなくひどくなる。落語家を演じたドラマはいくらもあるが、だいたいみんな失敗してる。よほどの名優が演じても、高座に上がった瞬間から落語家じゃない。落語家って、落語家でなければ他の何物でもないっていう衣をまとっているような人たちだから、存在そのものがすでに芸なので。それを演じようとしないから全然違う。志らくさんは「落語はリズム」と言ってる。それから、自分を出そうとして演じている役者はだめだと。まずは自分は全部殺すところから始める。さらにリズムのある語り口でないと聞いていられない。と言うことでむしろ歌手の人の方が上手だそうだ。今回助六役の人はミュージカルもやる人で、歌がうまい。どうなるか期待がある。逆に八雲はやっぱり不安。目の色の変わる破天荒な役ができるようになって、役者としては幅が広がった人だが、実際に落語を演じるところが多くて、それで客を魅了しないと成立しないこの物語ではどうなんだろう。だいたい、八雲は年取ったときの八雲が秀逸なので、(ここに至ったこの人の人生がないと成立しない話だから)若いときと年取った時を役者を変えた方が良かったんじゃないかな。日本の化粧は質が低いので、老け役やると、顔見ただけで興ざめになる。あんな老人いないだろう。八雲は歌丸さんレベルの落語家なのだから、あの老人風ができないとだめだし。
    アニメの時もあまり期待しなかったのだが、破格に落語シーンが良くて、すっかり魅了された。声優さんの力を感じさせられたアニメで、だから成功したのに。NHKはドラマを丁寧に作るから期待はしたいが、配役はどうなんだろうな。落語The Movieとかは良くできてるけど

    by 匿名さん €2018年10月2日 11:08 AM



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック