マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

鬼滅の刃の13巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)

time 2018/07/05

鬼滅の刃の13巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)

今回は鬼滅の刃の13巻についてです。

発売日はいつなのか、表紙、あらすじ、感想などをまとめました!

ネタバレを含みますのでご注意ください。


前:鬼滅の刃の12巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!上弦の鬼集結!(ネタバレあり)


Sponsored Link



鬼滅の刃の13巻の発売日はいつ?


鬼滅の刃の13巻の発売日はまだ発表されていません。

ですが、これまでの発売ペースから考えて、

2018年11月4日(日)となるでしょう。


鬼滅のコミックスは3ヶ月後に発売されることが多いんです。

11巻から12巻は2ヶ月で発売されましたが、

それより前は3ヶ月おきの発売がほとんどですので、11月4日になるでしょう。



鬼滅の刃の13巻の表紙は?


13巻の表紙はまだ分かっていません。

玄弥がメインになりますから、彼が表紙になりそうな気はします。


続いて、13巻の内容についてご紹介します。



Sponsored Link




鬼滅の刃の13巻のあらすじ(ネタバレあり)


それでは、鬼滅の刃の13巻の内容についてご紹介します。

ネタバレを含みますので、ご注意ください。


13巻には107話~115話が収録されます。


分裂する上弦の鬼、半天狗の襲撃を受けた炭治郎たち。


(C)吾峠呼世晴



そこにやってきた玄弥が銃で半天狗を撃ち抜く!


「おおおおこれは楽しい おもしろい

初めて食らった感触の攻撃だ」とダメージを受けていない様子の半天狗。


炭治郎は玄弥に伝える。

「斬ったら斬っただけ分裂する!

首を切らせてるのはわざとだ!!」



(C)吾峠呼世晴


四体に分裂する半天狗。

「哀」の半天狗が、玄弥の腹を貫く!




(C)吾峠呼世晴



「喜」の半天狗は、声で炭治郎に攻撃!



(C)吾峠呼世晴



回避するが、体がしびれ動けない炭治郎。そこに、更にもう一度攻撃をしようとしてくる――。


(C)吾峠呼世晴



炭治郎たちは、それぞれ窮地に陥ってしまうのだった



鬼滅の刃の13巻の感想!


半天狗さんつえー。

分裂体がそれぞれ能力が違うってのが非常に厄介。

戦闘中にそれぞれ攻略法を考えるのはかなり難しいでしょうから、すごくめんどくさいと思います。

それぞれ撃破していくのか、それとも本体のようなものがあってそれを探すのか・・・。

どう倒すのかが楽しみです。



鬼滅の刃を今すぐお得に読む


ちなみに、鬼滅の刃を読むならebookjapanがオススメ。

今なら買った漫画の半額分のポイントが返ってくるので、実質半額で単行本が買えます。

どの漫画でもOKなので、古本にない新刊も安く買えるのがすごい。

すぐに買って読めるので、ぜひ試してみてください。


鬼滅の刃を今すぐお得に読む



Sponsored Link




まとめ


以上、鬼滅の刃の13巻についてでした。

発売日は2018年11月4日(日)

内容は、半天狗VS炭治郎・玄弥です!


これまでのコミックスはこちら。

【新品】鬼滅の刃 (1-11巻 最新刊) 全巻セット


Sponsored Link



他の鬼滅の刃の記事




鬼滅の刃の9巻の発売はいつ?感想を語ってみた!(ネタバレ含む)


鬼滅の刃の10巻の発売日やネタバレ感想!禰豆子、覚醒!!


鬼滅の刃の11巻の発売日はいつ?表紙や感想!(ネタバレあり)

鬼滅の刃の12巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!上弦の鬼集結!(ネタバレあり)

鬼滅の刃の14巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり

鬼滅の刃の15巻の発売日はいつ?表紙やあらすじに感想!(ネタバレあり)

鬼滅の刃のアニメの声優は誰になる?善逸の汚い高音やお館様の1/fゆらぎはどうなる?

鬼滅の刃のアニメの放送日はいつから?何クールでストーリーは何巻のどこまで?最終回や結末をネタバレ!





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!





down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック