マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

【FGO】塩川洋介プロデューサーの名言・炎上まとめ!批判されている理由や「外圧」「捨てる」発言などを解説

time 2018/08/23

【FGO】塩川洋介プロデューサーの名言・炎上まとめ!批判されている理由や「外圧」「捨てる」発言などを解説


FGOの塩川洋介プロデューサーがまた炎上してますね。

まぁ彼に関しては今回に限ったことではなくて、

もはや大体の発言が炎上しているんですが、

なぜここまで評判が悪いのか、最近FGOを始めたユーザーの方は知らないかと思います。


というわけで、これまでの塩川氏の悪行・・・いや、名言や炎上についてご説明します。

有名な「外圧」発言や「捨てる」発言などのほか、

FGOユーザーに批判されていることをすべてまとめて、詳しく解説していきますね。



Sponsored Link





塩川洋介プロデューサーの経歴


まず軽く、塩川氏がどんな人物なのかご紹介します。


塩川洋介





FGO PROJECTクリエイティブディレクター。

要はFGOの偉い人です。


経歴としては、

2000年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社。

2009年からSQUARE ENIX, INC.(北米)に出向。

帰国後、スクウェア・エニックス・ホールディングス、Tokyo RPG Factoryを経て、

2016年DELiGHTWORKSに入社、現在に至る。

過去に携わったタイトルに

『KINGDOM HEARTS』『KINGDOM HEARTS II』『DISSIDIA FINAL FANTASY』『MURDERED 魂の呼ぶ声』『いけにえと雪のセツナ』

などがある。


スクエニでキングダムハーツやディシディアを作っていたそうです。

キングダムハーツではバトルシステム開発、

ディシディアはコンセプトディレクター、つまり生みの親
ということになります。

どっちも成功していて有能な人物に見えますが、

果たしてなぜFGOでは叩かれまくっているのか・・・。そのあたりについてご説明します。



Sponsored Link




塩川洋介はなぜ叩かれまくっているのか?名言・炎上まとめ


というわけで本題です。

なぜ塩川氏はFGOユーザーに叩かれまくっているのか?

これに関しては2つの要素があります。


1つはユーザーを軽視する発言を普通にしてしまうこと。

そしてもう1つはいわゆる「勘違い」。


これらは過去の炎上案件からとてもよく伝わってくるので、

塩川氏の炎上した名言をまとめていきます。



ユーザー軽視発言


まずは最大の問題である、ユーザーを軽視するような発言をまとめていきます。


ユーザーを軽視した名言1:「今FGOを楽しんでないユーザーのことは捨てる」


最新の炎上発言です。

2018年8月23日に、ゲーム開発者向けの交流会でのプレゼンにて。


FGOをどのようにプロデュース、デザインしてきたかというプレゼンで、

「捨てる、プロデュース」とやらを言ってしまうわけですね。




1.予測可能でありきたりな企画・運営を、捨てる。

2.他のスマホソシャゲがやっていることは、捨てる。

3.Fateらしくないことは、捨てる。

4.他のユーザーとの戦いを楽しむ要素は、捨てる。

5.FGOとは、FGOユーザーのためのゲームである。
今FGOを楽しんでいないユーザーのことは、捨てる



イベント=周回って毎回同じだし、他のソシャゲと何が違うんだとか、

全く聖杯戦争をしないゲームのどこがFateらしいんだとか、

全く別人になっちまったキャラもいるじゃねえかとか
、いろいろツッコミどころはあります。


が、今回一番問題なのは5のユーザーを捨てる発言ですね。

まあ、「FGOを楽しんでくれるユーザー(=お金を落としてくれるユーザー)にもっと楽しんでもらう」

というのが商業的に正しい
のは認めます。ただ、言い方よ。

「お金を落とす層に楽しんでもらう」ことと、

「潜在的なユーザー、ライトユーザーを捨てる」ことは全くもって別の話なのに、

あくまで「ユーザーを捨てる」ということをメインに言っちゃっているあたり、

塩川氏がユーザーをどのように見ているのかが伺えます。


なんにせよ、シナリオライターにフォローさせるような発言はしちゃだめだと思いますよ。





当然ですけど、今回の捨てる発言にはとんでもなく批判が集まってます。

https://twitter.com/sabo1038/status/1032565929387819014







Sponsored Link




ユーザーを軽視した名言2:「外圧に負けない」発言


電撃オンラインでのインタビューにて。




ごえモン:ユーザーの意見をなんでも取り入れすぎてしまうと、今度はゲームがめちゃくちゃになってしまう危険性がありますよね。

塩川:声をいただくことは大事だし、声を把握もしてはいるのですが、一方で全部聞くことが結果的にお客さんにとっていいことかと考えると、それは違うと思っています。

 外圧に対して臆病にならず、自分たちの信じることをTYPE-MOONさんと一緒に貫いていきたいというのが根底にあります。





ユーザーからの意見をどの程度反映するのか、という旨の質問に対しての発言です。

「ユーザーからの声を全て取り入れるのがいいことかというと違う」というのは事実です。

ユーザーは運営側の事情を一切知らないわけですし、所詮素人ですから。


でも「外圧」という表現は、すげえなって思います。

なかなか出てきませんよ、「外圧」って。

ユーザーからのフィードバックって良いものも悪いものも来ると思うんですけど、

ユーザーの目に届くところで、「ユーザーの意見が圧力だ」なんて言っちゃうと、そりゃ炎上しますよね。



ユーザーを軽視した名言3:挙げ句の果てに



塩川 質問とは全然関係ないですが、第七特異点の時はリアルイベントやインタビューのたびに
「とにかく第七特異点をクリアしてください」と言い続け、挙句の果てにはクリアした人に聖晶石まで配りました。
終局特異点にどうしても参加してほしかったためです。



意訳:「ストーリー盛り上げたかったからさっさと7章クリアしてほしかった。
本当に不本意だけどそのために石も配った」



いや、素直にイベント盛り上げるために全力を出した、とか言えばええやん・・・

インタビューでユーザーに対して「挙句の果てに」って言っちゃうのはやばいと思います。

相当不本意だったんでしょうね。


まず1つ、ユーザーを軽視した発言でした。

度々炎上していて多少は耳に入っているはずなのに、

こういった悪意が見える(もし悪意がないにしても、そう取られるような表現をする)
あたり、

かなりユーザーのことを軽視している傾向が伺えます。


続いてもう1つの要因「勘違い発言」についてご紹介します。


勘違い発言


FGOの人気はFateというネームバリューが多分に含まれているのにも関わらず、

「俺の作ったゲームの出来がすごいんだぜ」的な発言ですね。

もちろんFateが受けると思ってゲームを作って、それが大ヒットなのですごいのは事実なんですが、

「誇るべきはそこじゃない」って感じの発言が目立ちます。


「弟子」


なんと塩川先生、次世代のゲームクリエイターを作る、

「創点 弟子入りプロジェクト」というものをやっています。




個人的には、「いかにしてFateのような大きなコンテンツに目をつけられるか」

というところしか教わることがない
ように思います。


なぜなら残念ながらFGOのゲーム性はすごくはない。

「他のソシャゲがやってることを捨てている」わりに、他のソシャゲと大差がありません。

要は好きなキャラで同じステージをぐるぐるするだけですから。



もちろんストーリーとその盛り上げ方は圧倒的に上手いと思います。

しかしゲームとして、中身が「すごく面白い」かと言うと首を傾げます。


エンドコンテンツはキャラ育成と周回、そのわりにスキップ機能はない。

キャラクターが重要なのに、キャラクターがなぜそのスキルをもっているのか、みたいなフレーバー(雰囲気)が適当

高難易度をやるなら孔明・マーリンがいるといないとでは全く別ゲー。

カード選択をするとスキルが使えなくなるという、致命的なところが改善されたのも最近。



正直なところ、「ゲーム的な面白さ」ではなく、「ストーリーの面白さ」「Fateというコンテンツの人気」

に頼り切っている
、というのが実際のところだと思うんですが・・・。

「ゲームクリエイター」として弟子を取る、

というのがさすがに激しい勘違いすぎてユーザーから失笑をかいました。




Sponsored Link




まとめ


以上、FGOの塩川プロデューサーの炎上・名言まとめでした。

「外圧」「捨てる」などユーザーを軽視する発言や、

「FGOのゲーム内容」自体はすごくないのに弟子をとったりするあたりが批判の主な理由です。




Sponsored Link





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!



コメント

  • 「捨てる」に関してはinsideに発言の要旨が載ってるが、この記事にあるような発言はしてねえぞ
    そもそもあれは発言じゃなく文章、正しく批判するなら「この記事の様な切り抜き偏向叩きに使われるリスクがある脇の甘い表現」ってのが正しい
    そこんとこ解った上で切り抜き叩きやってるんのか?
    https://www.inside-games.jp/article/2018/08/24/116933.html

    by 匿名 €2018年8月28日 3:02 PM

  • 弟子さんが激おこで草

    by 匿名 €2018年9月2日 4:08 PM



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック