マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

作画崩壊特集!! 伝説編

time 2015/07/19

そして伝説へ



前回、ジャンプアニメの

作画崩壊
をまとめましたが、




作画崩壊特集!! ジャンプアニメ編




あれはまだまだ序の口。

本当に「ヤバい」

作画崩壊
はいくらでもあります。



俺、ツインテールになります。 テイルレッド 作画崩壊



その中でも、

とりわけ有名、というか、

「伝説」となっている

作画崩壊
について、

今回はまとめます!!



 







夜明け前より瑠璃色な



ゲーム原作のアニメで、

恋愛もののはずが、

つまらないギャグアニメに。




夜明け前より瑠璃色な アニメ



それだけにとどまらず、

ひどかったのが作画。

3話の頭を抱えたくなる

ような料理回
は、

「キャベツ」と呼ばれ

伝説となっています。




作画崩壊 キャベツ



これですよ。

これ、なんだと思います?




けよりな キャベツ




キャベツです。

ボールじゃなくて、

キャベツ。




……なんと、

ここだけがひどいわけ

ではなく、

キャラの顔面

とんでもないことになってます。




けよりな フィーナ 作画崩壊

フィーナ 作画崩壊

けよりな 作画崩壊 目

けよりな 8話



んで、

なんですかこのポーズ。

馬鹿にしてんのか(笑)。




けよりな どどんまい 作画崩壊



ゲームの絵は

とても綺麗
なんですけどね~。

いったい何が起こったのやら。




夜明け前より瑠璃色な ゲーム






MUSASHI-GUN道-



時代劇ガンアクションという、

珍しいジャンルの作品。

これだけ聞くとわりと面白そう。




MUSASHI GUN道




……しかし、

蓋を開けてみると

作画のひどさが面白いアニメ。

毎回主人公の顔が変わるわ、



ムサシ 作画


動きが変だったりするわで、

話題となりました。

有名なのは、

「落ちながら戦ってる……」









対空時間ヤバいし、

銃の撃ち方がなってない)


や、

賢者の舞でしょうか。









「なんて無駄のない動きだ!!」

って、無駄を省きすぎて

全然動いてません。


動画や原画を海外に

委託した
ため、手直しが

時間的に厳しかったことが

原因のようです。






俺、ツインテールになります。



さて、ここにきて

最近のアニメです。

ツインテールを愛する

主人公が、ツインテール少女に

変身して、変態集団と戦うアニメ。





俺、ツインテールになります。 アニメ



特撮っぽい雰囲気のアニメで、

大抵のことは

ツインテール愛で押し切る、

勢いのあるアニメです。





……まあ、

作画崩壊は

どうにもならなかった


みたいですが。




俺、ツインテールになります。 作画崩壊 テイルオン




たしか2話くらいまでは、

普通に作画よかった
んですよね。


このシーンとか可愛いし。




俺、ツインテールになります。 テイルレッド かわいい



しかし、回を追うごとに、

海外作画が増え、

ヒロインたちは

見るも無残な姿に……。





俺、ツインテールになります。 作画崩壊 

俺、ツインテールになります。 イエロー 作画崩壊

俺、ツインテールになります。 トゥアール 作画崩壊



これも原作の絵は

とても良くて、

可愛いしかっこいいのに……。




俺、ツインテールになります。 原作






まとめ



以上、

伝説となっている

作画崩壊アニメ


まとめました!!




けよりな キャベツ 千切り



こうしてみると、

制作コストが足りずに、

海外に発注して

ひどい目にあう、


みたいなパターンが多いみたいですね。

こればっかりはしょうがない。





けよりな 作画崩壊 剣道





伝説だけあって、

ひどくツッコミどころ

の多いアニメ
ばかりで楽しいです(笑)。

他にもツッコミどころの多いアニメ

を知りたい!!
というあなたは、

ぜひこちらの記事も

読んでください!




愛すべきクソアニメたち 2014年編Part1!




ここまで読んでいただき、

ありがとうございました!


 










down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック