マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリーをネタバレ!最終回・エピローグの結末は?1クールで第一部まで?

time 2019/12/26

マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリーをネタバレ!最終回・エピローグの結末は?1クールで第一部まで?

今回は、マギアレコードのアニメについてご紹介します!

まどマギの外伝ということで、どんな展開になるのか、どんなひどいことが待っているのか、と気になっている方が多いかなと。


というわけで、マギレコのアニメのストーリーについてまとめていきます。

何クールでどこまでがアニメ化されるのかということや、最終回の結末までの展開を語っていきます。

ネタバレを含むのでご注意ください!






マギアレコード(マギレコ)のアニメは何クールでどこまで?


まずマギレコのアニメが何クールで、どこまでがアニメ化されるのかということについて。

基本的には1クールで、メインストーリーの第6章くらいまでのアニメ化となりそう。


理由としては、DVDの発売予定から、全12話であることが明らかになっているからです。

その上で、2話までの進み具合を見るに、1クールで第一部を全部やりきるのは無理そう。

なので、キリの良さそうな6章くらいまでになるかと思います。






マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリーを最終回・エピローグの結末までネタバレ!


それでは、マギアレコードのアニメのストーリーをまとめていきます。





基本的にはゲームと同じく、いろはの願いの真相や、ういの行方を探っていくストーリー。

黒江というオリキャラが登場する以外はゲームに沿った展開になっていくようなので、まずはマギレコ第一部の1章~エピローグまでの展開、見どころをご紹介していきます!


マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第1章「はじまりのいろは」のネタバレ



環いろはは、近頃同じ夢を、何度も見る。


知らない女の子が病室で暮らすのを、眺める夢。

笑いかけてくれる。話しかけてくれる。――でも、いろはには彼女の言うことが聞こえなかった。

遠くから、別の世界から眺めているような感覚。

神浜市。その町に行ったその日から、彼女はその夢を見るようになった。

何度も何度もその夢を見るようになった理由を知るために、彼女は再び神浜市を訪れた。



いろはが探していたのは、小さいキュゥべえ。夢を見るきっかけとなったのは、それと接触したから――。

小さいキュゥべえを探すために神浜市で魔女を追ういろはは、一人の少女と出会います。




秋野かえで。彼女から小さいキュゥべえの情報を聞き出したいろはは、再び魔女を追う。

しかし、神浜市の魔女は強力。魔女にやられたいろはは、最後に一人の少女の影を見る――。


「ここは、あなたが居ていい場所じゃないわ」

そう、最後に聞いて、いろはは倒れた――。


目を覚ましたいろはの前にいたのは、最後に見た少女のとはまた違う少女だった。


十咎(とがめ)ももこ。面倒見の良い彼女は、いろはを連れて、魔力を強める「調整屋」・八雲みたまのところへ連れて行く。



「それじゃあ、服は脱いで、そこの寝台に横になってねぇ」

「分かりました!」

「ふふっ、ウソでしたぁ」

「ええぇぇ……」

そんなやりとりをしながらも、いろはの調整を行うみたま。


調整の中で、いろはは再び病室の少女の夢を見る。今度は、よりはっきりと。話しかけることができるくらい、近よって――。




その光景を、調整したみたまも見ていた。彼女はいろはに問う。

「ねぇ、いろはちゃん。わたしね、ソウルジェムに触るとその人の過去が見えちゃうの。だからね、いろはちゃんの過去も見えたわ」

勝手に見たことを謝りながら、みたまは聞く。




「あなた、何を願ったの?」

いろはは答えようとする。しかし――

「あれ、願い事……私の……?」


思い出そうとすると、またしても病室の少女がフラッシュバックする。




「あの子は誰……?私の願いと関係があるの……?」

願い事を忘れてしまっている。そう自覚した彼女は、再び小さいキュゥべえをさがそうと飛び出す。

「私、見つけないといけないんです!あの、小さいキュゥべえを!

私、あの子を見てからおかしくなったんです

知らない女の子の夢を見て、その度に胸がざわついて――」




「今は何故か愛おしくなって、もう訳がわからないんです!」

だから、彼女は再び小さいキュゥべえを探し始める。自分の願いを、あの少女が自分にとって何なのかを知るために――。


しかし、彼女の前に一人の少女が立ちはだかる。


魔女にやられたいろはを助けてくれた少女だった。七海やちよ。それが彼女の名前だった。

彼女はいろはに、この町から立ち去るように言う。この町で生き残ることは、いろはには不可能だ、と。

やちよは言う。キュゥべえを探すため、この町で戦えると言うのなら、自分で証明してみせろ、と。


こうして、いろはは砂場の魔女と戦うことになる――。


魔女を倒し、小さいキュゥべえと接触することもできたいろは。

しかし、やちよは、小さいキュゥべえが危険因子だから、排除するべきだと言う。

何故か小さいキュゥべえに逃げられてしまう彼女は、いろはを利用したのだ。

やちよは、小さいキュゥべえに襲いかかる!


「やめてーー!!!」

いろはにとって、大切かもしれない記憶。その鍵となっている小さいキュゥべえを、いろははやちよから必死に守る。

そのとき、彼女は思い出す。



「お姉ちゃん!今日も来てくれたんだね!」

「あーあ、早く元気になってお姉ちゃんと学校に行きたいなぁ」



「お姉ちゃん……息が……はぁ……うぅ……」

この子の、名前は――




「お姉ちゃん、本当に私、退院できるの……?」

「そうだよ、うい!」

うい、うい……そう、ういだ。いろはの



大切な妹のために、いろはは――


「お願い、妹の病気を治して……! ういを元気にしてあげて!

そのためなら……私、何でもするから……!!」


「環いろは、それが君の願いなんだね」

魔法少女となったのだった。



そんな大切なことを、ずっと忘れてしまっていた。

自分だけじゃなくて、家族さえも――。

だから彼女は決意する。また再び神浜市に来て、ういの行方や、消えてしまった理由を探ることを。


Sponsored Link




マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第2章「うわさの絶交ルール」のネタバレ


ういの記憶を取り戻したいろはは、妹に関わる記憶も取り戻し始めた。


ういと一緒の病院に入院していた、灯火(左)とねむ(右)

彼女たちなら、ういのことを覚えているんじゃないか――。そう思って、いろはは神浜市の病院に向かう。

しかし、病室も分からず入館証もないため、病院に入ることすらできなかった。


その帰り道。ういたち3人のやり取りを思い出す。


灯火とねむが喧嘩をして、ういがそれを止める……。そんな関係だった。

「ほんと……よく絶交だって言ってたはず」

そうつぶやいたとき――


「絶交……ですって?」

七海やちよだった。身構えるいろはに、彼女は危害を加えるつもりはない、と言う。

「ただ、忠告しようと思っただけよ」


やちよは、神浜市に流れる絶交ルールのウワサについて話す。

誰かと仲違いしたときに、絶交と言うと、「絶交ルール」に捕らわれてしまう、と

アラもう聞いた?誰から聞いた?
絶交ルールのそのウワサ

知らないと後悔するよ?
知らないと怖いんだよ?

絶交って言っちゃうと
それは絶交ルールが始まる合図!

後悔して謝ると、嘘つき呼ばわりでたーいへん!

怖いバケモノに捕まって
無限に階段掃除をさせられちゃう!

ケンカをすれば、ひとりは消えちゃうって
神浜市の子ども達の間ではもっぱらのウワサ

オッソロシー!




絶交と言ったあと、仲直りしようとしてしまうと――バケモノに捕まってしまう。そんなウワサだ。

突拍子もない話。でも、やちよは至って真面目に語って、去っていくのだった。


その後、いろはが歩いていると喧嘩している少女たちと出会う。一人は以前助けてくれたももこ。

ももこと一緒にいる、二人の少女が喧嘩していた。最初に助けた少女、かえでと、レナと呼ばれる少女だ。



「そういうなら、レナちゃんとはもう絶交だもん!」

二人の喧嘩は激しくなり、ついには絶交してしまう――。

レナは逃げ出し、二人は仲直りできなくなってしまいます。


いろはは、ももこと一緒に、かえでとレナの二人を仲直りさせる作戦を実行する。

しかしレナをなんとかかえでと対面させ、仲直りさせようとするが……



レナは、謝ることも、謝られることも拒絶して、逃げ出す。

それは、彼女が絶交ルールを信じていたからだ。


「絶交ルールなんて信じてて悪い!?」

「レナが絶交なんて言ったせいで――それで、かえでがさらわれたら……!!」

でも、二人は仲直りできた。何も起きない。安心した矢先だった。



魔女の結界ではないなにかが、かえでを連れ去ってしまった……!!


かえでを探しながら、レナは後悔していた。自分が絶交なんて言ってしまったから……。

だから彼女は、かえでに謝ろうと叫ぶ。かえでは自分に謝ったから、連れ去られてしまった。だから、自分も、かえでに謝れば同じところへ行けるんじゃないか――。


「絶交するなんて言ってごめん!」

「レナも、かえでとももこと3人のチームに戻りたい!だから、謝らせて!」

「レナ、ちゃんと気づいてたから!怒ってるの分かってたから!」

「ほんと、無理矢理コンビニに使いっ走りさせてごめん!レナが好きなフルーツタルトがなくて、怒ってごめん!

気を遣ってレナの好きなスイーツ買ってきてくれたのに……気に入らないからって投げちゃってごめん!

服汚してごめん! お金返さなくてごめん! ペットの餌代だったのに、本当にごめんなさい!

あと、そのペットのことキモイって言ってごめん! でも、爬虫類とか苦手だから今もキモイと思っててごめん!」





「ほんと、全部ぜんぶ、ぜーんぶ謝るから……出てきなさいよー!!」


「早く出てきなさいよかえで!アンタ、レナの下僕でしょ!?」



「だから、だから、出て……来なさいよぉ……」


レナは涙を流しながら、これまでずっと後悔してきたことを、かえでに謝る。

すると――


かえでが、「何か」とともに現れた。




絶交階段のウワサ。それが具現化した怪物――。

レナをも連れ去ったそれを、いろはとももこ、そして現れたやちよが戦う!

「何度、本音を出してぶつかっても、つながっていられる。そういう友だちってすごく尊くて大切だと思う!

だから私は、その絆を切ろうとしたことを許せない!」


いろははそういって、そのバケモノを倒し、レナとかえでは仲直りを果たすのだった。


その後。レナの変身能力で病院に潜入し、灯火とねむの入院記録を調べてもらう。

二人が退院していたことは分かったが――ういだけは、何の情報も残っていないのだった。



魔女とはまた別のバケモノ。これは神浜市にしか出現しないイレギュラーな存在。

なぜ、神浜市だけで噂が現実化しているのか?

そして、ういの情報だけが、どこにも残っていない……。結局、妹の足取りはつかめないまま。

謎が深まっていくばかり……。



マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第3章「神浜うわさファイル」のネタバレ


しばらく神浜市でういを探し続けていたいろはだったが、何も手がかりを得ることはできなかった。

やちよが言うには、神浜市ではうわさが現実になってしまう。

だから、その現実になったうわさに、ういが巻き込まれていてもおかしくない――……。

いろはは決めた。

「わたし、噂を調べてみます!」


いろははうわさを調べていく中で、会いたい人と会えるという、「口寄せ神社のうわさ」を調べる。

たまたま同じうわさを調べていたやちよと調査を続けていくうちに、ちょっとだけ彼女のことが分かっていった。

小さいキュゥべえを狙ったり、かと思えば忠告したり一緒に神社を探したり……。

邪魔しているように見えて、実はいろはや、他の魔法少女のことを気遣っている。


それがやりよなりの優しさだと、いろはは気付いて、少し微笑むのだった。


そして後日。うわさの場所だと思われる、水名神社という場所へ行き着くいろはとやちよ。そして、噂のことを教えてくれた鶴乃も一緒に、神社へと乗り込んでいく。


アラもう聞いた?誰から聞いた?
口寄せ神社のそのウワサ

家族?恋人?赤の他人?
心の底からアイタイのなら
こちらの神様にお任せを!

絵馬にその人の名前を書いて
行儀良くちゃーんとお参りすれば
アイタイ人に逢わせてくれる

だけどだけどもゴヨージン!
幸せすぎて帰られないって
水名区の人の間ではもっぱらのウワサ

キャーコワイ!



そして、噂を実行する二人。いろはは、ういと出会う。


でも、ういは不思議なことしか言わない。

「運命を変えたいなら神浜市に来て。この町で魔法少女は救われるから」とだけ。


そしてやちよは、行方不明になった幼馴染、梓みふゆを見つける……。


みふゆはウワサの支配する空間にずっといるように、やちよを誘う。

しかし、ウワサに逆らい、バケモノを倒す二人。でも、大元のウワサである、マチビト馬のウワサが襲ってくる。

魔法が効きづらいそのウワサに、3人は苦戦。しかも、いろはのソウルジェムが穢れ、魔女化寸前の状態となってしまう……。


限界を迎えそうないろはを、やちよは守り、傷つきながらも戦う。

いろはは穢れきってしまったソウルジェムから、謎の力を発現させた!


何故か穢れも消え、ウワサも退治した。一件落着――。


しかし、いろはの謎の力を魔女と勘違いし、一人の魔法少女がいろはを襲う!


巴マミだった。

ももこの参戦でマミは撤退したが、いろははまた狙われるかもしれない……。そんな状況になってしまうのだった。



そして。一緒に戦いお互いに信頼しはじめたいろはとやちよは、一緒に噂を調べることを約束するのだった。



マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第4章「ウワサの守り人」のネタバレ


鶴乃からの情報をもとに、ういと一緒に入院したねむの行方を探す。

その途中、いろははフクロウ印の給水所で水を飲んでしまう。


そのときからいろはは、どこからともなく、数字の書かれた紙がふりかかってくる……という奇妙な現象に襲われるようになってしまう。




給水所を探しに行くも、その場所には何もなかった。

同じく給水所を探しに来た深月フェリシアという少女は、噂を一切気にしていない。


が、彼女のことが心配ないろはは、ごはんをつくってあげる代わりに着いてきて欲しいと彼女を誘うのだった。

父と母を魔女に殺されたせいで、魔女は見境なく殺す。――それ以外は普通の少女。

そんな彼女を見て、いろはは両親が居なくて、ずっと大変だったんだろうな……と彼女のことを心配するのだった。


いろはたちはミザリーウォーターのウワサを止めるため、ウワサの打倒を目指す。

アラもう聞いた?誰から聞いた?
ミザリーウォーターのそのウワサ

むかし懐かしママチャリの、荷台に乗った保冷箱

おじちゃん1杯くださいなって
貰った水を飲んだなら
ゴクゴクプハーッって気分は爽快、元気も一杯!

けれどだけども、それはまやかし
飲んだ水はヤバイ水!!

24時間経っちゃうと
水に溶けた不幸が災いを引き起こすって
参京区の学生の間ではもっぱらのウワサ!!



いろはとフェリシアはウワサを追いますが、ローブを来た少女に止められてしまう。

彼女は、これ以上うわさに手を出すのは止めて欲しいと交渉を始める。


フェリシアの寝返りもあり、ローブの少女を逃してしまう……。


ウワサを追っていると、寝返ったフェリシアに邪魔されてしまう。

しかし――ウワサが成就してしまうと、フェリシアまで不幸になってしまう。

いろはは、その意味が分かっていないフェリシアに訴えかける。


たしかに、両親を失った以上の不幸はないかもしれない。

――でも。両親からもらったぬいぐるみが、宝物が傷ついてしまうかもしれない。


「お願いだから、自分から不幸になろうとしないで!」

「私、見たくないよ。これ以上フェリシアちゃんが不幸になる姿なんて……」


その言葉は、「不幸」の意味がわかっていなかったフェリシアに、そしてずっと一人だったフェリシアに響いた。

だからこそ、フェリシアは再びいろはと一緒に、ウワサを追うことを決意した。



フェリシアの言葉をもとに、黒いローブの少女がいる場所へと向かう。

――彼女たちは、マギウスの翼

その上に立つ「マギウス」の目的を果たすための実行部隊。

彼女の言う、マギウスの目的は――


「魔法少女を救う」こと。

マギウスは神浜市で、魔法少女を呪縛から解放しようとしている――。そう、言うのだった。


しかし、ウワサを守れば魔法少女が救われるのか?

マギウスの翼の少女にも、それは答えられなかった。

そんなことに従うわけにはいかない。不幸にもなりたくない。いろはたちは再びウワサを倒すために動く。


しかし、現れたマギウスの翼の二人の少女。天音月夜と天音月咲によって妨害されてしまう。


彼女たちは、神社でいろはが使った謎の力を使い、攻撃してくる。

それは、この神浜の地において、魔法少女が解放された証、「ドッペル」だという。



しかし、やちよたちは協力して月夜と月咲を足止めし、ミザリーリュトンのウワサをなんとか撃破。



マギウスの翼に行方不明になっていた幼馴染、みふゆがいることを知り、やちよはウワサとマギウスを追うことを決意した。

そして――



引っ越しを予定していたいろはと、家のないフェリシアに対して、やちよは一緒に住むように提案する。

こうして、いろはとやちよ、そしてフェリシア、鶴乃たちのみかづき荘での同居が始まる――。


Sponsored Link




マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第5章「ひとりぼっちの最果て」のネタバレ


4人での暮らしにも慣れてきたいろは。

引っ越してくる前は、周りに合わせてばかりで孤独を感じていたけれど、みかづき荘での暮らしはみんなが家族みたいに感じられて、恥ずかしいけれど嬉しい気持ちになっていた。


でも、ウワサについては進展がなかった。大きなウワサを聞くこともないから、マギウスの翼にも、ういのことにもたどり着けない。

そんな中、「普通の噂」として流れている、「電波少女」の噂を探っていく。

電波塔の近くで、少女が助けを求める声がする……という噂だ。


それを調べていると、いろはたちは二人の少女と出会う。


鹿目まどかと、暁美ほむら。神浜市に行ったきり戻ってこない、マミさんを探しに来たというのだ。

彼女がうわさに巻き込まれているかもしれない……。まどかとほむらは、いろはたちと一緒にうわさについて調べ始める。


その中で、電波少女だとうわさされているのが、水名女学園の二葉さなという少女だということが分かる。

彼女がとらわれているのは、”名無しさんのうわさ”というもので――クラスに馴染めず、家族からもいないような扱いを受けている彼女は自らうわさに巻き込まれて、消えてしまったということが分かる。


そんなとき、いろはのもとにメールが届く。

「私が監禁している人を助けて」「私を消して」。差出人不明のメールには、そう書かれていた。

差出人は、”ウワサ”そのもの。「アイ」と名乗った人工知能の”ウワサ”は、自らの中にいる少女――二葉さなを助けて欲しい、というのだった。


アラもう聞いた?誰から聞いた?
名無し人工知能のそのウワサ
知らない人からピロン♪と受け取る、謎の人からのイタズラメッセ!
それはみんなを監禁しちゃう、名無し人工知能のアマイワナ!
悪いことを覚えたせいでデジタルの世界で隔離され、ひとりぼっちで寂しい彼女。
捕まえた人を手放さないって、中央区の人の間ではもっぱらのウワサ
スタンダローン!



――ウワサや、マギウスの翼たちによる罠かもしれない。

疑ういろはに、アイはさなとのやりとりを送る。それを見て、孤独な少女さなが、ウワサのアイと少しずつ理解しあっていき、友だちになっていくのを確かに感じ取った。



いろはは、さなという少女が自ら望んで消えようとしたのを、見捨てられなかった。

消えたいと願ったけれど――二葉さなという少女は、自分を認めてほしかった。居場所が欲しかった。

さなはアイにそう打ち明けていた。アイは、そのことをいろはに伝え――いろはは、それに応えることを決めたのだ。




しかし、電波塔でウワサの中へ入り込むと、そこにはさなとアイがいた。


さなを連れ戻そうとするいろは。

でも、さながいなくなれば――アイは誰も捕らえていない。ウワサとしての本能が蘇り暴走してしまうだろう。

だが、アイはそれでもさなに戻って欲しい。必要としてくれる、新しい友だちのところへ行って欲しいと、彼女を送り出すのだった……。


しかし。そこに一人の魔法少女が現れる。


アリナと名乗るその少女は――「マギウスの翼」を統括する上位組織「マギウス」の一人だという。

魔法少女を解放する。その目的のために動いている彼女が――ウワサの結界の中に、魔女を隠していた。

マギウスの目的が、より怪しいものになっていく……。


みふゆの介入もあり、圧倒的な力を持つドッペルを操るアリナが撤退。

魔法少女になるときの願いによって、「透明人間」になってしまったさな。

そんな彼女を見かねて、いろはとやちよは誘う。――みかづき荘で、一緒に住もうと。

最初は遠慮がちだったさなも、みんなで一緒に過ごして、マグカップが揃うと――よく笑うようになっていった。


ついにさなも、「自分の居場所」を見つけることができたのだった。


マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第6章「真実を語る記憶」のネタバレ


やちよの家にやってきたみふゆは、いろはにマギウスの翼に入らないか、と交渉する。

当然、人を不幸にするウワサや魔女を守ろうとすることを良しとしないいろはは、それを断る。

しかし、「魔法少女の運命」についての講義を聞いてくれれば、意見が変わるかもしれない。まずは話を聞いて欲しい……そう説得される。

講義を聞くにあたって、マギウスに実力を示して欲しいと、「記憶ミュージアムのウワサ」を探るように言われる。


アラもう聞いた?ダレから聞いた?
記憶ミュージアムのそのウワサ

変えたい記憶?忘れたい記憶?
それとも思い出したい、き・お・く?

記憶の事でお悩みならば
記憶ミュージアムにイラッシャイ!

チリンとベルを鳴らしてみれば
そこは、アラユル記憶を展示して
研究を進める博物館!

記憶を通して解明された
色んな真実が見られちゃう!

保管されてる記憶を見ると
ソノ人の記憶に影響されちゃうって
栄区の人の間ではもっぱらのウワサ

アリャコリャナンダー?



記憶ミュージアムを発見し講義を聞きに行こうとするが――

みふゆに「以前のあなたに戻っている」と言われたやちよは、いろはたちを遠ざけるのだった。




そして訪れたミュージアムで待っていたのは――

「”初めまして” 環いろは」


「わたくしは里見灯火。マギウスのひとりだよ」

ういの親友である、灯火だった。面識があるはずなのに、”初めまして”。

何故か、自分のことを覚えていないのだ。


そして魔法少女の真実を彼女たちは知る。ソウルジェムは魔法少女の命。

ソウルジェムが黒く染まりきれば――魔女へと変わる。

そして。神浜市では魔法少女を解放する動きが始まる。魔女の代わりにドッペルが現れるようになっていた、と。


マギウスによって、魔女化はドッペルを出すということになった。


しかし、いろはたちは簡単にはそれを信じられなかった。

そんな彼女たちを、灯火たちは記憶ミュージアムのウワサに閉じ込める……。

そこで、やちよが、かなえとメルという2人の仲間を失った記憶を見る。



それでも。いろはは拒絶した。人を傷つける魔女を倒さず、利用するということが、許せない。

それに、記憶の中の灯火はもっと優しかった。

真実を知っているはずのやちよも、マギウスのことを信じていない。

だから、いろはははっきりと、マギウスの翼には行かないと言い切るのだった。



「環さん……チームは解散よ」

しかし。同じく記憶ミュージアムに来ていたやちよは、やはりいろはを突き放す。

そして――さなや鶴乃、フェリシアは洗脳され、マギウスの翼になってしまう……。




過去の経験から、いろはを拒絶するやちよ。

それは、やちよは「自分の仲間を犠牲にして生き残る」というのが自分の魔法だと思っていたからだった。

でも、そんな理由で突き放されたいろはは、怒りを覚える。


「何も理由を言ってくれないなら、解散なんて受け入れない!突き放されたくらいじゃやちよさんの側から離れません!

無理矢理、手を引っ張ってでも一緒に噂を出て行って、みんなを助けるんです!」


「やめて……やめて……そんなこと言われたら、また決意がブレちゃうじゃない」


彼女の願いは、「生き残りたい」。だからみんな私を守るために死んでしまった。そう、思い込んでいた。

でも、いろはたちはどんどん距離を詰めてきた。一度気持ちを緩めれば、昔のように戻ってしまう。


そんな彼女に、いろはは宣言する!


「”私が犠牲になる”なんて想像は、打ち砕いてみせます!

私は怒ってるんです!自分の想像でみんなを振り回してるやちよさんに、怒ってるんですよ!

だから……想像を確信するのは、私が死んでからにしてください。

私はやちよさんが居なくなったら、寂しいから。悲しくて嫌だからこのウワサを1人で倒します!

そして、ふたりで一緒に、みんなを助けに行くんです!」



頑固ないろはに、やちよは絆され――初めて、彼女の名前を呼んだ。


「ありがとう……いろは」


そんな彼女の前に、1人の魔法少女が現れる。


巴マミ。マギウスの翼に、彼女は加担していた。やってきたさやかの手助けによって二人は助けられた。


マギウスの翼に洗脳されて連れて行かれた3人を助けようと決意する、いろはとやちよ。

過去の解散でぎくしゃくしていたももことの仲直りも果たして、協力してもらえることになった。

まどかだって、また神浜に助けに来てくれると、連絡してくれた。

「やちよさん。私たちは、ふたりだけじゃない。私たちには、ももこさんがいる。

レナちゃんと、かえでちゃんもいる。そして、まどかちゃんたちも……」


ふたりは希望を確認しあい、みんなで戦うことを決意するのだった――。


魔法少女の真実、やちよさんの過去、そしてチームの解散、みんなが洗脳されマギウスに……!

めちゃくちゃ盛り上がるところなので、ぜひともゲームで確認していただきたいストーリーです!

途中の絶望感がヤバいですが、やちよさんのデレで全てが吹っ飛びます。そこで名前呼びはやばい……!

そして決意を新たにしたいろはとやちよさんが、マギウスの翼へと接触しようとしていきます。



Sponsored Link




マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第7章「楽園行き覚醒前夜」のネタバレ


みんなを見つけて、取り戻す。

神浜市に来てからできた、大切な人たちを助けるため、いろはは頑張ることを決めた。


しかし、手がかりを見つけることはできない。

が、マギウスの翼と接触すればなにか得られるはず。二人はウワサを片っ端から消して誘いをかける。

そして、ウワサが密集していたういたちが入院していた病院へ向かうと――



黒羽根となったフェリシアとさなが現れた。仲間同士で戦わなければいけない――



「ハンッ!ざーんねーんでした! オレは最初からいろは側だバーカ!」


「私もです……ここで、お家に帰らせてもらいます……!」

ふたりとも、洗脳は解けていた。涙を流しながら、再会を喜ぶ4人。




なんと、二人はみふゆによって助けられていたのだ。マギウスのやり方に疑問を感じ始めていた。越えてはいけない一線を、越えようとしているから。だから、二人の洗脳を解いて、逃がすよう手引していたのだった。


しかし、鶴乃だけは洗脳が解けず、どこかへ連れて行かれてしまった――。

彼女を探るため、遊園地のうわさを調べ始める。

向かった先にいたのは、


ウワサと一体化した鶴乃だった。





しかし、ウワサの一部にみんなで揃えたマグカップがあった。それはつまり――みかづき荘のみんなのところへ、帰りたいという想いは残っているということ。彼女が完全にウワサに飲み込まれたわけではないことを確信し、二人は鶴乃を助け出すことを決意する。

ウワサを倒すと……


目を覚ましても、ウワサのまま。どうやら、いつも元気な由比鶴乃という少女は本当の顔ではなかった……。それを、理解できていなかった。

みんなを支え続けてきた鶴乃という少女を、今度はみかづき荘の4人で支えていく。一緒に手を取り合っていこう。

そんな思いを込めて、4人で説得する!




ウワサと一体化していたはずの鶴乃は目を覚まし――再び、みんなと一緒に戦う。

今度は、みんなに助けてもらいながら。



ウワサを止めた4人。彼女たちの前に、3人目のマギウス――柊ねむが現れた。


そして、魔女やウワサによって生じるエネルギーを、解放につなげているという。

全ては、”エンブリオ・イブ”の孵化を促すために。



そうすれば、神浜という地から世界へ向けて、奇跡を起こすことが出来る。

キュゥべえに独立した人類として、宇宙に認められる。そして、世界の真実を知ることができる。あらゆる物語を具現化できる。あらゆるアートを創造することができる。

マギウスの3人はその欲望のために――人間を利用した。魔法少女よりも、価値のない人間。それを虐げることで、野望を実現しようとしたのだ。



そして次に彼女たちが利用するのは、見滝原に襲いかかる伝説の魔女。


――ワルプルギスの夜だ。



マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第8章「偽りに彩られ神浜」のネタバレ


遊園地での計画を邪魔されたマギウスたちは、ついに手段を選ばなくなった。

神浜の魔法少女たち全員を標的に、マギウスの翼たちを放った。

手分けして、魔法少女のみんなを調整屋みたまのもとに保護して――真実を伝えることを決意する。


しかし、みたまはずっと中立の立場を保ってきた。避難所として場所を解放するということは、マギウスに敵対するということ。

躊躇する彼女に対して、


「中立を破って欲しい」。ももこはまっすぐ目を見て伝える。


ももこの説得によって、ついに彼女は折れた。魔法少女たちに、真実を伝えることを決めたのだ。



真実を伝えて、判断はそれぞれの魔法少女に任せるももことみたま。

魔法少女たちは、各々の理由で明るい未来を――マギウスに対抗することを決めた!






マギウスの翼たちが暴走している。明らかに普通ではない様子に、やちよは「ウワサ」が関わっていると考えて調べる。


行き着いた先で、やちよと十七夜はマミと戦闘になる。

マギウスの理想を語るマミと、”読心”の能力で彼女の心を読む十七夜。

マミの心の中は、これまでの彼女が紡いできた想い出や友人の記憶が塗りつぶされてしまっていた。


そして、彼女たちを支配しているのがフラワースピーカーのウワサであると分かる。

アラもう聞いた?誰から聞いた?
フラワースピーカーのそのウワサ
受信と発信が一体になったチョーコーセーノーなスゴイやつ!
言いたいコトも聞かせたいコトもなんでも喋ってみてごらん!
みんなのハートにビビンッと響く、素敵なワードに変換してくれて、
意のままに操れるようにしてくれるって、マギウスの翼の間ではもっぱらのウワサ
イノママヨー!


身につけたペンダントによって、羽根たちは自由を奪われていた。

が、フェリシアと鶴乃の合体攻撃、炎扇乱舞によってペンダントを奪い、羽根たちの意識を復活させることに成功する!


しかし――マミはまだ、計画が進んでいることを確信していた。彼女は言う。

「呼んだのよ。そう、マギウスは神浜に……」


「ワルプルギスの夜を」


マミのウワサを剥がすため戦闘を続けるやちよ。



二人の攻撃がぶつかったとき、やちよはマミの本当の心を知る。

魔法少女の真実を知り、絶望し、マギウスに縋ってしまった。でも、認められないはずの彼女たちの所業を――どうしてか、認めてしまう。

だから、私のことなんて消して欲しい……!!

――やちよの手によって、そんな彼女からウワサを剥がすことができた。ついにマミは、心を取り戻したのだ。



そして、彼女から剥がれたウワサ、神浜聖女のウワサと1人で戦うやちよ。

そんな彼女のもとに、魔法少女のみんながやってくる!



「これだけの数に気付かないなんて、かなり参ってるみたいだなやちよさん!

今回ばかりはグッドタイミングを頂いたよ!」


みんなの力で、神浜聖女のウワサを撃退する!



そして、いろははさなと一緒に、「万年桜のうわさ」の場所へと向かう。




そこで、灯火とねむの二人に遭遇する。


――だれも知らないはずのうわさを嗅ぎつけたことに、灯火とねむは驚く。しかし、不思議なことは何もなかった。

何故なら、この噂はういたち3人が入院していたときに、いろはが考えたうわさなのだから。


みんなで走り回れるようにって
草原が広がっていて
みんなでお花見ができるようにって
大きな桜の木がある
そこでいつか
入院していた3人の女の子たちが
元気になって退院してきて
いつもお見舞いに来ていた
一人の女の子と再会するの
すると大きな桜の木は
4人の再会を祝福するように
満開の花を咲かせる




「だから思い出して!そして、こんなことは止めて!」

しかし、灯火とねむが記憶を思い出すことはなかった。いろはは彼女たちに捕らえられ――イブの孵化が間近となった。



Sponsored Link



マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第9章「サラウンド・フェントホープ」のネタバレ


連れ去られたいろはを助けるため、マギウスの本拠地に突入するやちよたち。

さなは能力を使って羽根を襲い変装。いろはを助け出すことに成功する。


しかし、いろはのソウルジェムは別の場所にあった。ソウルジェムから離れてしまったことで、いろはは意識を失ってしまう……。


マギウスの翼に連れられ、いろはは目を覚ます。

いろはは説得を試みるが、――その羽根は、目の前で妹が魔女となってしまったという。




だから、解放を望む。自分の宿命とは向かい合えない……。

いろははそれでも言う。「私の妹は願わないと思うよ。沢山の人を犠牲にしてまで、救われることは……」

「そういい切れるのは、あなたたち姉妹が強いからです……私達姉妹は嘆き崩れ、この宿命から逃れたいと思った。

その現実を愚弄するのは許しません……あなたと一緒にしないでください」


彼女は、神浜市の外からやってきた魔法少女だった。ドッペルの存在を知り、この上なく救われたと言う。

平行線な二人。だが、この羽根の少女との会話でいろはは確信する。

マギウスの計画は、どこかで必ずういにつながっている、と。


一方、やちよたちは、みふゆと合流する。

みふゆはワルプルギスの夜を呼び寄せたマギウスの行いに、ついに離反する。


「ワタシも、やっちゃんたちを手伝わせてください!」

ついに、みふゆも戻ってきた。真実を知ってしまったあの日以来の共闘。かつての仲間と一緒に戦える喜びに、鶴乃は涙を流す……!


しかし、女王グマのウワサと対面し、強力な力で分断されてしまう……。



マギウスのもとへ向かおうとすると、過去の自分が悩みをささやきかけてきた。

「無能でダメダメな私が幸せそうにしてていいんですか?」


「みかづき荘の中で、私はもうそんなことで悩んだりしません……!」


「オマエ親の仇のこと忘れてるだろ マギウスなら魔女がいなくなるぞ」


「でも、そっちにはいろはたちがいねーからヤだよ!」


「どうせみかづき荘の人たちは本当のわたしを理解してないって」


「実はそれは解決済みなんだよー」


「このままじゃあなた、また仲間を殺してしまうわよ」


「いろはたちが居ない生活が、今の私には……」


「そんな強い人間なんて、環いろはじゃないよ」


「これが今の環いろはなんだよ」

「学校に行くのを楽しみにしてるういに、ウソを吐き続けていた。楽しい学校生活を送るお姉ちゃんを演じてた……。

私はもう、そんな自分に戻るつもりなんてないんだよ。

自分の意見を貫かないといけなくなった時から、私の周りは変わっていったの。

いろんな魔法少女と出会って、かけがえのない仲間と出会って。

だからね、ビクビクしていた頃の自分とはもうサヨナラするよ。ういと再会した時に、紹介できる親友ができたから!


みかづき荘のみんなに、もう迷いはなかった。

過去の悩みは、もうみんなと出会って、一緒にいるうちに解決していった。だからもう、そんなところで立ち止まってはいられない!


しかし。マギウスのもとへ向かうと――



エンブリオ・イブが、孵化を始めていた。

自分たちの欲望を叶えるため、ワルプルギスの夜を呼び、人々の絶望をエネルギーへと変換する。

――イブはワルプルギスの夜のエネルギーによって目覚め、ワルプルギスの夜そのものさえも食らってしまう。それこそが、マギウスの目的。

魔法少女は救われるし、マギウスは望みを叶える。

しかし、人間は、神浜の人々は犠牲となってしまう。それは、いろはたちにとって許せることではなかった。


「私は未来の人類を救う!イブにワルプルギスの夜を食べさせて魔女にはさせない!」


目覚めたイブに掴まれるいろは。しかし掴むだけで何もしてこない。


――そのとき、万年桜が開花する。いろは、うい、灯火、ねむの4人が揃ったときにだけ、咲くはずの桜。

それが咲いたということはつまり。


イブが、うい……?


Sponsored Link




マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:第10章「浅き夢の暁」のネタバレ


いろはがずっと探してきた、妹は。エンブリオ・イブへと成り果てていた。


信じたくない。けれど間違いなく、万年桜は咲いてしまったのだ。

イブの拘束具は外れ、神浜には使い魔があふれる。


更に、ワルプルギスの夜さえも近づいてくる。

神浜の魔法少女や、まどかたち見滝原の魔法少女たちは、町を救うため各々の場所で戦う。


イブを倒して、中からういを救出する。それが唯一の、ういを助ける方法だった。

イブの胸元にある大きな赤い宝石。それこそがコアとなる場所。いろはたちはそこを狙うため、みんなで力を合わせる。


――しかし、イブは穢れを吐き出し抵抗する。町は燃え、みんなは傷つき倒れしまう……。



唯一立っていたのは、いろはだけ。狙いを定める。

でも、みんなの穢れを受け入れ、助けてくれた。そんなういを、撃ち抜けない。


いろはは、ういのいる宝石を直接取りに行くことを決意した。


「行くよ、あなたのところに……!今、連れて帰るからね!」


そのとき、小さいキュゥべえとイブが接触し――灯火とねむが記憶を取り戻す!


灯火、ねむ、ういの3人は――キュゥべえの持つ、「回収」「変換」「具現」の機能を奪うことを願った。3人の本当の目的は、魔法少女を、いろはを救うことだった。

しかし、ういの「回収」の力が暴走した。穢れの集まる彼女を、ねむは「ストーリーの具現化」という形で、小さいキュゥべえの中へ閉じ込めたのだ。結果、二人はういのことを忘れてしまう。


記憶を取り戻した二人の協力で、ついにういを救い出す!





しかし、まだ。アリナはイブを諦めていなかった。


アリナはホーリーアリナとなり、世界の滅亡を望んだ。人々は深層心理で、滅びを望んでいるのだから。


これまでのことを後悔していたねむは、自らの身を犠牲にアリナを倒す。



残されたイブは、感情を持たないキュゥべえを取り込み、全ては浄化された。



マギアレコード(マギレコ)のアニメのストーリー:最終回”LAST MAGIA”・エピローグの結末ネタバレ


――残るは、ワルプルギスの夜。

消耗しきった魔法少女たち。絶望するほむら。

しかし、別次元のアルティメットまどかの力によって、希望を取り戻す!


神浜に集った魔法少女たちが協力し、ワルプルギスの夜と戦う。


心を一つにし、力を一つに。


そしてやちよは、ついに自分の能力に気付く。仲間を犠牲に生き残るなんて、醜い力ではなかった。


「希望を受け継ぐ力」。託された希望を、その身に宿す。それに今、彼女は気づいたのだ。




みんなの力を注いだ一撃で、ワルプルギスの夜は消えた。



ういは戻ってきた。みかづき荘のみんなも、また一つになれたのだった。




書ききれませんでしたが、最終決戦の絶望感、そしてたくさんの魔法少女たちの想い、協力からのワルプルギスの夜撃破は、最高にカタルシスがあります。ぜひマギアレコードをプレイして楽しんで欲しい。

エンディングムービーもマジで”いい”。






まどマギシリーズをもっと楽しむなら


また、まどマギをもっと楽しむためにオススメの漫画やサイトをご紹介します!


個人的オススメスピンオフ


まどマギ本編(特にマミさん)が好きなら、スピンオフ漫画“THE differrent story”がめちゃくちゃオススメ!


魔法少女まどか☆マギカ ~The differrent story~ (上)

if世界線の話なんですけど、「3話でもしマミさんが死んでいなかったら……」というストーリーが描かれます。

しかも、いきなりアニメの3話以降から始まるんじゃなくて、アニメ開始時のストーリーの更に前、マミさんと杏子の出会いから師弟関係を築くところまで、じっくり見ることが出来ます。
(アニメ本編でもこの二人は師弟関係という設定なので、半分、正史です)


(C)Magica Quartet・ハノカゲ


まだ初々しい頃の杏子がマジかわいくて最高。スレてなくて、マミさんにめちゃくちゃ懐いてるんですよ。可愛くないですか??


(C)Magica Quartet・ハノカゲ


マミさんの方も杏子にベッタリだったりして尊い。



でも、二人の笑顔は長く続かなくて……


(C)Magica Quartet・ハノカゲ


スピンオフとしてめちゃくちゃ”良い”。お互いを思い合う、重めの百合要素とか、3話のとき、もしマミさんが生きてたら……っていう誰もが妄想した展開とか、最高な要素がつまってます!


全3巻でかなり読みやすいのでぜひ。

魔法少女まどか☆マギカ ~The differrent story~ (上)

こちらのebookjapanっていうサイトだと無料登録で一冊半額クーポンがもらえるので、ふつうよりお得に読めます!


マギレコ・まどマギのアニメを見直すなら


U-NEXTではまどマギ本編とマギレコが全話配信中!

毎回描写が凝ってて何回見ても発見がありますし、もっとまどマギの世界観を堪能したければぜひ。

U-NEXT

今なら31日間無料でお試しできるのでお気軽にどうぞ。


登録方法はこちらをタップ


Sponsored Link




まとめ


以上、マギアレコードのアニメのストーリーについてでした。

1クール全12話というのが確定しています。その上で、できそうなのは1部の6章くらいまでかなと。


その上で、第一部完結までのストーリーをご紹介しました。

妹のういを探すため、神浜に来たいろは。

魔法少女が魔女化しない町。しかし、マギウスによって神浜の人々は脅かされていた――。

みかづき荘のみんなと絆を深めていったり、神浜の魔法少女たちが力を合わせていくのがめっちゃ熱いです!




ちなみに、マミさんがもし生きていたら……っていうスピンオフ漫画がまどマギ好きなら超おすすめです。

良質なマミ杏もあるよ!

魔法少女まどか☆マギカ ~The differrent story~ (上)


まどマギ本編やマギレコのアニメを見直すならこちら!

U-NEXT



Sponsored Link



こんな記事も読まれています


マギアレコードの2期はいつ?アニメの続き・ストーリーは原作ゲームのどこからかネタバレ!

【マギアレコード】環いろはがかわいい!正体や願いは?やちよ・さな・妹のういとの関係!

【マギアレコード】七海やちよがかわいい!願いや過去・固有魔法をネタバレ!やちいろが公式カプ?

【マギアレコード】小さいキュゥべえの正体や小さい理由をネタバレ!本物や環ういとの関係は?

【マギアレコード】ウワサ(噂)とは何?目的や正体に設定・魔女との違いや一覧!(ネタバレ注意)【マギレコ】

【マギアレコード】「マギウス」・「マギウスの翼」のメンバー・魔法少女の一覧!目的やマミや環ういとの関係をネタバレ!【マギレコ】

【マギアレコード】ドッペルとは何?5話でいろはとかえでが魔女化しなかった理由や魔女化との違いを解説!

【マギアレコード】黒江がかわいい!本名や願い、武器・能力を考察!いろはやマギウスの翼・黒羽根との関係は?ゲームには登場・実装される?

マギアレコード(マギレコ)にまどかやほむら、さやかや杏子、マミ・なぎさ(ベベ)は登場する?まどマギ本編とのつながりは?


魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)のアニメ全話無料動画!dailymotionやnosub、ひまわりで消えてるけど見る方法は?

マギアレコード(マギレコ)のアニメの全話無料動画・見逃し配信!dailymotionやnosub、ひまわりで消えてるけど見る方法は?








down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック