マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

NARUTOの在の書のネタバレ!ナルトが火影になった日を完全公開!

time 2015/08/12

「在の書」の中身をすべて見せます!!

NARUTOの最新映画

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」はもう観ましたか?

わたしは、公開日より少し遅れましたが

見てきましたよ!

アクションシーンが満載

ぜんぜんNARUTOっぽく無かったですね。

もちろん良い意味で笑

そして、なんといっても私がほしかったのは、

この「秘伝・在の書」!!

入場者しかゲットすることのできない

貴重なものです。

そこで今回は、

この「在の書」の中身を

ネタバレしちゃいたいと思います!

「映画には興味ないけど、

在の書は気になるなぁ…」

「わざわざ高いお金を払って見たい映画

ではないなぁ…」

というあなた!!

必見ですよ!!

 

Sponsored Link

◆◆簡単なネタバレ◆◆

最初に読み切り連載の

「ナルトが火影になった日」

がありますよ。

ナルトが火影になった1日

描いているもので、

その就任式の裏側が見られます。

みんなの前に現れたナルト

なんと……!?

なんじゃそりゃ?!

って感じのオチでしたが

あとで詳しく話しますね。

あとは次に

「忍の章」「創の章」「伝の章」

と題して、

映画の設定集

その他告知が書いてあります。

映画で出てきたキャラクターたちの

細かい設定がわかるのですが、

岸本先生の相変わらずの絵の上手さ

嫉妬してしまいますね。

やれやれ。

最後はフルカラーで

原作「NARUTO」の最終話が。

ジャンプで買ったときに

「お!全部フルカラーだ!」

と切り取って保存しておいたのに、

再録されるとは、

なんとなく悲しい気持ちになりました笑

さて、今回はそのなかでも

「ナルトが火影になった日」

画像も交えて詳しくお話ししますよ!

◆◆詳しいネタバレ◆◆

火影就任式にもかかわらず

なかなか起きてこないナルトを起こすように

ボルト・ヒマワリ兄妹にお願いするヒナタ。

ボルトが無理やり起こします。

兄妹でこうも性格違うんですかね笑

就任式で着る服がまだできておらず、

それを取りに行くヒナタ。

初代火影のときにも作ってるって

ばーちゃん何歳だよ!!

取りに行くと、

なんとか出来上がっていましたが、

会場にナルトが来ていない!

原因はボルト・ヒマワリの

兄弟ゲンカを待っていたからでした。

ぬいぐるみを就任式に持っていくか、

持っていかないか

めぐってケンカしてましたが…

ぬいぐるみが破損

ヒマワリちゃんマジギレして

白眼を開眼です。

2人の仲裁に入るナルト!

しかしタイミングが悪く、

ヒマワリに点穴を突かれます!

ヒナタによると急止の点穴らしく、

ここを突かれると1日動けなくなってしまうとか…

だが!

火影就任式にはナルトの姿が!!

そう!それは変化した木ノ葉丸だ!!コレ!!

なんだそのオチは。

最後のページには、

ヒマワリがボルトを探すシーンで、

ボルトが恐怖に怯えているシーンが。

兄妹というもの、姉だろうが妹だろうが関係なく、

女つよし。笑

私としては、

大事な火影就任式に出たのが

変化した木ノ葉丸って、

オチとして納得できませんね。

……ていうか、全体的に

くだらなすぎるよ……。

あなたはどう思いますか?

コメントでどう思うか、

ぜひ私に教えてくださいね!

まとめ

さて、ここまでNARUTOの在の書の

「ナルトが火影になった日」

のネタバレをしてきましたが、

いかがでしたか??

私としては、

相変わらずのナルトの話のテンポで

それなりに面白いけど、

納得いかない

という感じでした。

でも、お母さんになったヒナタ

たくさん見られて

ちょっと良かったりしましたが笑

この物語にかかわらず、

映画の感想やコメント

どしどし、私に教えてくださいね!

NARUTO好き集まれ!!

このブログでは、

他にもNARUTOの記事

書いていますよ!!

NARUTOクイズ!!【初級編】

BORUTOの1巻1話のネタバレの予想に感想!岸本斉史の新連載!

NARUTOがハリウッド化!ネタバレや感想にあらすじやキャストは?!

NARUTOの外伝がアニメ化!?第1話の放送日や声優の予想!

ここまでお読みいただきありがとうございます!

 

Sponsored Link



down

コメントする




カテゴリー