マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

【魔王学院の不適合者】アノス・ヴォルディゴードがかっこいい!最強すぎる能力と名言、ミーシャやサーシャたちヒロインとの関係まとめ!(ネタバレ注意)

time 2020/08/03

【魔王学院の不適合者】アノス・ヴォルディゴードがかっこいい!最強すぎる能力と名言、ミーシャやサーシャたちヒロインとの関係まとめ!(ネタバレ注意)

今回は魔王学院の不適合者の主人公、アノス・ヴォルディゴードについてご紹介します。


暴虐の魔王として、もはや理屈の一切通用しないレベルの強さで他を圧倒するアノス様。

そのトンデモすぎる強さや能力を解説していこうかと思います。

また、常識外すぎる強さから繰り出されるめっちゃ面白い名言と、彼のことを信奉するヒロインたちとの関係などもご紹介します。


ネタバレを含むのでご注意ください。






暴虐の魔王 アノス・ヴォルディゴードについて紹介





アノス・ヴォルディゴードは、2000年前に破壊の限りを尽くした暴虐の魔王。

人間、精霊、そして神でさえも、彼に敵うものはいませんでした。

しかし、憎しみを断って争いを止めるため、勇者カノンたちと協力し、自らの命を犠牲に4種族の世界を分断。

2000年後の世界に《転生》(シリカ)することを選びました。


争いは終わり魔法の時代。アノスは目覚めました。


順応性の高い人間の夫婦のもとに生まれ、一瞬のうちに《成長》の魔法で成長。生後1ヶ月で転生前の姿まで戻ります。



始祖の生まれ変わりを探す学校、魔王学院へと通いますが――争いは終わり、アノスに敵う存在はいなくなっていました。


入学試験で絡んできた出来損ないの皇族派を、心臓の鼓動だけで殺しては、蘇生を繰り返しドン引きされたり……。



(C)秋・かやはるか・しずまよしのり



優等生であるサーシャたちの班を一人で壊滅させるなど、圧倒的な力を振るっていきます。



……しかし。アノスが暴虐の魔王であることは忘れられ、偽りの魔王アヴォス・ディルヘヴィアが始祖であると歴史は改ざんされていました。

アノスは始祖の資格が全くない不適合者の烙印を押されてしまいますが――そんなことは関係ない。


自分や仲間に降りかかる全ての不条理を、自らの力によって破壊していく――!


……そんな感じで、まごうことなき作中最強。

なんだけど世界がそれを認めてくれない。

否定され差別されていきますが――それを全て力でねじ伏せていく、恐るべき魔王です。

そんなアノス様の強さと、かっこよさについて、次は語っていこうかと思います。






アノス・ヴォルディゴードがかっこいい!最強すぎる能力や強さを解説


それでは、アノス・ヴォルディゴードのかっこよさと、強すぎる力についてご紹介していきます。


アノスのかっこいいところ:悲劇や不条理を許さない


最強であることは間違いないんですが、かっこいいのはその力を無闇に振るわないこと。

力を使うのは、何かを守るためなんですよ。


そもそも暴虐の魔王と呼ばれ始めたのは、人間に狙われた魔族を守るため。

命を落としたのは、争いを止め、種族間の恨みを晴らすため

決して私欲ではなく、誰かのため。それは転生した後も変わりません。


転生した後も、不条理を退けるためにその力を使う。

例えば、ミーシャとサーシャを助けた時。

ミーシャとサーシャが一つになってしまい、どちらかの根源はなくなってしまう。

……そんな何かを犠牲にしなければ助けられない。

そんな状況でさえ、犠牲を出さず全てを救い出そうと全力を尽くすのです。






アノスのかっこいいところ:それができるくらいの圧倒的な強さ


そしてやっぱり、全てを助け出そうとするだけではなく、それをいとも簡単にやり遂げてしまう暴力的な強さが魅力です。

口だけではなく、行動でみんなを助け出す。

理論上不可能なことでさえ、全てを捻じ曲げ実現してしまうという、まさに救世主のような存在です。

次は、彼の持つ魔法や能力について、まとめていきますね。


アノス・ヴォルディゴードの最強すぎる魔法・能力


それでは、アノスの最強の魔法や能力のほんの一部をご紹介します。

魔法でできることはだいたいなんでもできるし、戦闘で負けることはありえないくらいの強さ。

……その上で、彼にしかできない、特異点的な魔法や能力を中心にまとめていきます。

《転移》(ガトム)





失われた魔法。空間を渡り、一瞬にして移動を果たす。

2000年前、彼が開発した魔法。


《蘇生》(インガル)





殺しても三秒以内ならリスクなしで蘇生可能。

俗に言う三秒ルール。


《腐死》(イグルム)



ゾンビを生み出す。


《破滅の魔眼》



見ただけで物に破滅をもたらす。

サーシャのものとは格が違う。


《思念通信》(リークス)


遠くのものとの会話を可能に。

アノスの場合、魔力が強すぎて、他人のリークスを傍受する事が可能


《火炎》(グレガ)



最下級の炎属性魔法。

サーシャたちの班が全力を尽くした、最上級魔法・獄炎殲滅砲(ジオ・グレイズ)をいとも簡単に貫いて魔王軍の城を破壊する。

《獄炎殲滅砲》(ジオ・グレイズ)



炎属性の最上級魔法。

何重もの反魔法をものともせず、漆黒の太陽が燃やし尽くす。


《時間操作》(レバイド)



時間を遡る起源魔法。当然こんなものは魔法の時代にはない。


《過去改変》(イングドゥ)


レバイドを用いて、過去を改変する魔法。

神はそれを許さず、時の番神エウゴ・ラ・ラヴィアズによって狙われる。

が、アノスは何度もそれを倒して過去改変をしたことがある。


理滅剣ヴェヌズドノア




魔王の始祖が持つ、全ての理を滅ぼす魔剣。

どんな能力や魔法、秩序さえも、その剣の前では無に帰して、滅びてゆく。

伝承には一切残っていない。

――何故なら、見たものは全て滅ぼされたから。



それでは、具体的なストーリーとともに、アノス様のかっこいいシーンや活躍、名言をご紹介します!







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーンや活躍・名言まとめ!



それでは、アノス様のかっこいい活躍と、名言についてご紹介していきます。

常識外れの暴挙をお楽しみください。

ネタバレを含むのでご注意を。

アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:本当の奇蹟はこれからだ


1巻より。


《分離融合転生》(デイノ・ジクセス)で消えゆくミーシャと、それを助けようと嫌われていたサーシャ。

アノスは《思念領域》(リクノス)の力で、サーシャの本心をミーシャに聞かせる。

仲直りができて、喜ぶミーシャ。彼女の根源はなくなってしまうけれど、思い残すことはもうないという。

しかし。

「何を言う。本当の奇蹟は、これからだ」


彼女たち二人に、アノスは言う。

入学試験で問われた、適正に乏しい娘、適正に長けた息子。

呪いを受けた彼らを助ける聖杯は一つしかない。どちらを助けるべきか、という問題。

本当の始祖たるアノスの答えは、こうだ。




「正解は、聖杯を二つにして両方救う、だ。――二人とも助けてやる」


時間をさかのぼり、過去の自分たちと根源を一つにするという解決策を瞬時に考案。

そして、過去を改変するという荒業をあっさりと実行に移す能力。

救うためならば手段を選ばない。時の神をも敵に回し、彼はミーシャたちを助けます。







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:殺したくらいで、俺が死ぬと思ったか?





1巻より。

ミーシャとサーシャの融合を防ごうとすると、アイヴィス・ネクロンは妨害しに来る。

消えない傷を作る魔剣ガドルで心臓を突き刺されたアノス。しかし。




「たかだか心臓を潰したくらいで俺が死ぬとでも思ったか?」


時の神、エウゴ・ラ・ラヴィアズの力を得て復活したアイヴィスは、《時神の大鎌》の力を振るう。

アノスは永劫の時を過ごさせる白銀の光を浴びてしまう……。

いかに魔王といえど、無限の時間を生きることはできない。確実に殺したはずだ。


「殺したぐらいで、俺が死ぬとでも思ったか」



根源だけになった状態でも《蘇生》を使うことなど、アノスにとっては児戯も同然。


次こそは。時を止めた世界で確実に殺す。しかし。




「時間を止めたぐらいで、俺の歩みを止められるとでも思ったか」

アノスは物ともせず動き、アイヴィスを屠る――!







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:斬っていなければ、切断されぬと思ったか


2巻にて、メルヘイスによって左腕を切断されたアノス。

勝ちを確信したメルヘイスの右肩を、切断された左腕が掴んでいた。

「切断されたくらいで、俺の腕が動かないと思ったか?」


しかし、魔力を吸われて、メルヘイスの計算ではアノスは限界のはず。

……それでも、メルヘイスがアノスから吸った大半の魔力を使った攻撃を、無傷で受け止めた。

転生してから間もなかったアノスは、未だ魔力を取り戻しきれていなかった。

この瞬間、アノスはそれまでの十倍もの魔力を取り戻し、ヴェヌズドノアを召喚した。


……別次元に隔離された《次元牢獄》に、ヴェヌズドノアを召喚することなど不可能なはず。

――暴虐の魔王に、そんなことは関係ない。

「我が眼前の敵はただ滅べ。それがヴェヌズドノアの前に許された唯一の理だ」

逃げ出したメルヘイスに――「躱した程度で避けられると思ったか」


メルヘイスが大量の脱出門を出現させようと――斬り捨てることもなく、全ての門を破壊した。

「斬っていなければ、切断されぬとでも思ったか」


もはや何を言ってるのかわからないですが、小細工も正攻法も、彼の前では無力だということだけは分かる。






アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:根源を滅ぼしたくらいで、俺が蘇らぬと思ったか


3巻より。

霊神人剣エヴァンスマナ。暴虐の魔王の根源を滅ぼす聖剣に、アノスの身体は貫かれた。

未だに魔族を憎んでいた人間たちの陰謀に嵌り、……暴虐の魔王アノス・ヴォルディゴードの根源を消え去った。


アノスを失った魔族など、恐れるに足らず。

黒幕である人間・ジェルガは、《聖域》の魔法で憎しみを伝播させ――勇者を使い捨てるような形で魔族へと攻め入っていく。

そんな彼のもとに、不遜な声が届く。



「ご苦労だったな、レイ、サーシャ、ミーシャ、エレオノール。よくもちこたえた」

「…………なぜ、だ……………………いったい、なぜ……?」

「根源を滅ぼしたぐらいで、蘇らぬと思ったか」

存在の根幹で、命よりもその存在を定義する根源を滅してなお、彼は蘇ったのだ。もう倒すの無理じゃん……。







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:星の一つ動かせぬ俺ではない


4巻(上)より。


精霊界へと向かうことになったアノスたち一行。

しかし、条件は日食の日に現れるという妖精を笑わせること。

日食は9日後。しばらくは待つことになってしまうが、しかし……。



《森羅万掌》(イ・グアネス)によって右腕に魔力をまとわせ、空を掴む。

「ふむ。さすがに軽くはないな」

そう、彼は自らの手によって、日食を引き起こした。つまり――

「星の一つ、動かせぬ俺ではない。行くぞ」







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:答えが間違っているからと言って、満点が取れないとでも思ったか


4巻(上)より。


精霊界で、かつての腹心シンを探すにあたって、老樹エンユニオンのテストを受けることになったアノスたち。

2000年前から一方的にアノスを敵視する緋碑王ギリシリスは、アノスたちの答案に細工をし、妨害を仕掛けていた。

……だが、そんな小細工に屈するアノスではない。


「……答えが間違っているからといって、満点が取れないと思ったか?」

理滅剣ヴェヌズドノア。あらゆる理論を破壊する魔剣によって、誤答を全て正解へと昇華する。

ヴェヌズドノアは戦闘以外に使うことさえ、可能なのだ。


……まさか理滅剣もこんなことに使われると思ってなかったんじゃないかな!







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:理滅剣を手にすれば、俺に敵うと思ったか


4巻(下)より。


人間の魔族への憎しみを断つために、勇者カノンが騙った偽の魔王。

……その伝承をもとにした大精霊、アヴォス・ディルヘヴィアが真実となってデルゾゲードに君臨した。

再び暴虐の魔王の座を奪われ、皇族派は統一派を虐げる。



……アノスは平和を壊す存在を、偽の魔王を、それを生ませた神・ノウスガリアを許さない。

デルゾゲードへ潜り込み、アヴォス・ディルヘヴィアと対峙する。

アヴォスは魔王の切り札である、理滅剣ヴェヌズドノアを掌握した。

それの前ではあらゆる理が破滅する。

……たとえ真の暴虐の魔王、アノス・ヴォルディゴードだろうと例外ではない。

「一瞬で終わらせてさしあげますわ」



破滅の魔眼でヴェヌズドノアをにらみ、手で受け止める。

破滅の魔眼もベノ・イエヴンでさえも、防ぐことはできない。アノスはただ、滅びるのみ……。


ではなかった。



(C)秋・しずまよしのり



「理滅剣を掌握すれば、俺に敵うと思ったか」

偽の魔王に、彼の深淵は見抜けなかった。

「お前は贋物だ、アヴォス・ディルヘヴィア」


……ぶっちゃけ、理滅剣を防げた理由はピンとこない。まあでもアノス様だし。






アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:我が民へ誓おう



4巻(下)より。


アヴォス・ディルヘヴィアを倒し、暴虐の魔王として再び降臨したアノス。

彼は魔族の前で語る。

「憎しみの刃はもういらぬ。この手は、隣人と手を取り合うために。

勅令を出す。このディルヘイドに生きる者は、魔族も精霊も人間も、あらゆる者が平等であり、また公平だ」

「我が民へと誓おう。謁見を許す。誇りをかけ、全霊を持って、なおも覆せぬ悲劇があるのならば、俺のもとへ来い。一人につき一つ、その願いを叶えてやる」

――築き上げた平和を守り、繋いでいく。そのために彼は、自らの手で民に尽力することを誓うのです。


政治はこれまでの魔皇たちの手腕を信じ、彼らに委ねる。そして。

「だが、これだけは覚えておけ。

一つ、この国は不自由を許さぬ。一つ、この国は悪意を許さぬ。一つ、この国は悲劇を許さぬ。

これらが侵されるとき、その相手が何であれ、暴虐の魔王は命を賭して戦い、滅ぼすだろう



か、かっけえ……。こんな王様についてきてぇよ……。誇り高すぎるし頼もしすぎる。







アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:全能者には、全能ではない者の論理そのものがあてはまらない


5巻より。


地上の魔族や人間、精霊たちとの争いは、暴虐の魔王の再臨によって治まった。

――次なる敵は、神である。自らを秩序とし、人の意志を無視した理不尽を強要する。


神を従えた謎の男、アヒデは、アノスのことを選定審判の候補者と誤認して襲ってくる。

魔族に未だに恨みを持つ人間をそそのかし、また争いを生もうとするアヒデを、アノスは許さない。


……しかし、アヒデの身体は神の力により不滅。

彼を殺すには、全能者の剣、リヴァインギルマで三度傷つける必要がある。

だが、リヴァインギルマを抜けば最後。その者の根源は過去、現在、未来に渡り消滅する。つまり、最初から存在しないことになる。


神・アルカナはアノスに問う。

全能者は誰にも抜けない剣を作れるか。矛盾するその条件は、普通ならば不可能だ。

全能者は矛盾する二つを両方満たすことはできない。

――それが、暴虐の魔王でなければ、の話だが。





(C)秋・しずまよしのり



アノスはアヒデの身体に傷をつけた。リヴァインギルマを抜き、そしてなお生存している。

「答えがこれだ。全能者はこの剣を抜くことができない。しかし、同時に抜くことができる。誰にも抜けない剣を、抜けないままに抜くのだ

……可能性の上では、抜くことも、抜かないことも可能。

そしてそれを、現実にしてしまう。

「《波身蓋然実現》(ヴェネジアラ)だ。抜くことと抜かぬこと、矛盾していようと、可能性だけなら両者は同時に存在できる。そして、その可能性を実在化した」


そんなことはおかしい、矛盾している。普通の理屈じゃない。

その反論に、当たり前のようにアノスは返すのです。

「そう、論理がおかしいのだ。なぜなら、この全能者の剣の審判は、全能ではない者が考えているからだ。

全能者には、全能ではないものの論理そのものがあてはまらない


……もはや、理滅剣さえ使わずに論理を超越してしまった。

論理などという矮小な尺度に、我らの魔王様はあてはまらないのである。






アノス・ヴォルディゴードのかっこいいシーン・名言:七〇〇億年の痕跡を刻む大地も――


6巻より。


すべての過去が刻まれた、地下遺跡リーガロンドロル。

その痕跡の大地では未来にたどり着かない。

神の使徒、ゴルロアナの命は過去に刻まれたゆえ、滅びることはない。


「だが、それはすべて過去の話だろう?」

「悪いが俺は未来に向かっている」

アノスはとどまり続けることなく、絶えず成長を続けている。



「《涅槃七歩征服》(ギリエリアム・ナヴィエム)」

魔力を解放し、七歩歩くだけで、神域は耐えきれず崩壊した。

「七〇〇億年の痕跡を刻む大地も、俺の七歩には耐えられなかったな」


「即興で作ったからといって、一瞬で生まれたと思ったか」

「過去は固執するものではなく、積み重ねていくものだ。過去の積み重ねが、その数多の痕跡が、俺に新たな一歩を踏み出させ、《涅槃七歩征服》が生まれた」

過ちを認め、前に進む。それができないものに、アノス様を超えることなど不可能なのである。







おまけ:捏造されたアノス様の名言集


ちなみに、アノス様の「~したからと言って、~だと思ったか?」構文はファンユニオンの狂信者たちによって悪用されがち。

捏造された名言もいくつかあるのでご紹介していきます。主に3巻より。


キスしたからと言って、つき合ってるとでも思ったか?

抱いてやったからといって、心まで奪ったと思ったか?

昼に会いたいからといって、体目的じゃないと思ったか?

愛してるからといって、結婚できると思ったか?

捨てたからといって、俺のものじゃないと思ったか?

応援歌だからといって、ラブソングじゃないと思ったか?



ナチュラルに鬼畜男子。下手すれば本当に言いそうである。

散々もてあそばれた末に、「捨てたからと言って、俺のものじゃないと思ったか?」なんて言われたら、男でも落ちるかもしれない。正直カッコいい。






アノス・ヴォルディゴードとヒロインたちの関係


そして最後に、アノス様を慕うヒロインたちとの関係をご紹介していきます。


アノスとミーシャの関係



アノスが転生して初めての友人。

存在しない子として扱われてきたミーシャを普通に扱ったアノスに懐いていました。

……そして、アノスにサーシャとの仲直りと、彼女と一緒に過ごす人生をもらって、初めての笑顔を見せてくれました。




ちなみにお母さんたちには、真っ先にアノスの嫁であると誤認されています。

アノス様生後1ヶ月の出来事である。






アノスとサーシャの関係


サーシャはアノスに対し反抗的でしたが――勝負に敗北し彼の配下に。

配下について間もない段階で「人生最初で最後のキス」の相手に選ぶくらいには好感度がありました。



そして、ミーシャを助け、一緒に生きる道をくれた彼にいよいよ心酔。

彼の着替え写真に密かに興奮したり、抱っこされる夢見て興奮したり、ムッツリなツンデレに。

母親公認の、二人目のお嫁さん。





アノス様ファンユニオン





アノス様に心酔する頭のおかしい8人組の少女。

アノス様と同じ空気を吸えば間接キスと騒ぎ、

アノス様と語感の似た棍棒「アノッス棒」に興奮し、「ほらほら妊娠妊娠!」などと言いながら叩き合うなど、本当に頭がおかしい。


また、アノス様を讃える応援歌を作って非公式に応援していたところ、「聖歌隊」として重要ポジションへとなっていきます。

その歌詞は「お前が下で、俺が上♪」「シュッ、シュシュッシュ、瞬殺♪ ふぅーあはぁあー♪」(アノス様応援合唱曲第二番より)だの、

「ゼーンラゼラゼラゼーラゼラ♪」魔王賛美歌第五番『平和』より)だの、

「ク・イック、ク・イック、ク・イックウッウー♪」魔王賛美歌第六番『隣人』より)と堂々と歌うなど、斬新かつ頭がおかしい。


しかし、想いを力に変える《聖域》(アスク)の魔法で、わずか8人の想いで敵を圧倒したり、

アノスの母を、命をかけて守ったりと、ふざけているわけではなく本当にアノスのために尽くすし、基本有能。

ただちょっと頭がおかしいだけ。


ファンユニオンたちの奇行についてはこちらにまとめています。


【魔王学院の不適合者】アノス・ファンユニオンが頭おかしくて面白い!応援歌・賛美歌の歌詞や名言・活躍・メンバー一覧!








アノスとエレオノールの関係



(C)秋・しずまよしのり



命を生み出す魔法として、勇者学院に利用され続けていました。

が、アノスは子どもである1万人のゼシアごと、エレオノールを「幸せにする」と、助け出しました。

5巻では、助け出されたけど結局アノスに捕らわれちゃったと話しています。

アノスの両親には側室と誤解されました。


アノスとゼシアの関係


エレオノールの子どもで、勇者学院に命を軽んじられていた存在。

1万人もいましたが、全員まとめてアノスに助けられます。一番幼い個体はアノスに懐いている。

特にアノシュのことがお気に入りで、幼い姿の彼に対してお姉さんぶりたがる。






アノスとエミリアの関係


初めてアノスの逆鱗に触れた存在。

エミリアは母を殺そうとしたため、混血へ転生させられました。

5巻でそんな自分を救って欲しいという嘆願にアノスは答え、彼女を勇者学院へ。

何も上手く行かず、自分の醜さにばかり目がいく。そんなときに、アノシュに救われます。



(C)秋・しずまよしのり



アノスのことは感謝してるけど嫌いアノシュにはデレ始めるという謎の構図に。



アノスとシンの関係





(C)秋・しずまよしのり




アノスのかつての右腕、シン。

一度は妻のために裏切ったものの、アノスがそれを許し再び主従へ。


6巻では互いの恋愛感情を昇華する《聖愛域》を更に進化させた、《双掌聖愛剣爆裂》を二人で使用。

「これが、俺たちのさらけ出した愛だ」恋愛を越えた友愛を堂々と衆目に見せつける。

当然ファンユニオンは大興奮である。



魔王学院の不適合者を楽しむなら


ちなみに、魔王学院の不適合者をお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介しますね。


原作を揃えるなら


魔王学院の不適合者の原作を読むなら、ebookjapanというサイトがおすすめ。

今なら半額クーポンがもらえるので、単行本を一冊お得に読むことができます!


魔王学院の不適合者を今すぐ半額で読む

偽の魔王、アヴォス・ディルヘヴィアを倒し、真の魔王として君臨する4巻(下)がめっちゃかっこいいのでおすすめ。ファンユニオンのアノス様賛美歌もあるよ。


ちなみに、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーなら、買った本の値段に応じて、たくさんポイントが返ってきます。

単行本を安く揃えられるので、アニメからハマった方におすすめです!

魔王学院の不適合者を今すぐお得に読む



マンガUPでコミカライズ版が配信中!



(C)秋・かやはるか・しずまよしのり



また、魔王学院の不適合者の漫画版が、無料アプリのマンガUP!にて配信中。

マンガUP!

「コミカライズ版だからといって、つまらないとでも思ったか?」ってくらいアノス様のかっこよさが描かれてるので、とりあえずダウンロード推奨です。






まとめ


アノス・ヴォルディゴードのかっこいいところについてでした。

理滅剣によって理すら破滅させ、神をも討つ暴虐の魔王。

「殺したくらいで俺が死ぬと思ったか」を始めとする、もはや常人の論理が一切通用しない名言の数々を生み出し、彼を敬う魔族が続出。ファンユニオンという狂信者まで生まれます。



漫画版が無料で読める公式アプリはこちら!

マンガUP!


原作を読むならこちら。

魔王学院の不適合者を今すぐ半額で読む






こんな記事も読まれています


魔王学院の不適合者の2期はいつ?アニメの続き・ストーリーは原作・ラノベの何巻からかネタバレ!

【魔王学院の不適合者】アノス・ファンユニオンが頭おかしくて面白い!応援歌・賛美歌の歌詞や名言・活躍・メンバー一覧!

異世界転生・なろう・最強系の漫画が無料で読めるアプリまとめ!オススメ作品も紹介

【ありふれた職業で世界最強】南雲ハジメの強さや武器・魔法にステータス・嫁や恋愛まとめ!

賢者の孫の2期の放送日はいつ?アニメの続きやストーリーは原作の何巻からかネタバレ!

【SAO】キリトが復活するのはいつかネタバレ!理由はアスナ・シノン・リーファ・ユージオの想い!原作の何巻・アニメの何話?











down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック