マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

がっこうぐらし!のアニメの8話のネタバレの予想に感想!4人の身に!?

time 2015/08/26

がっこうぐらし!のアニメの8話!
4人の身に何が……!?



がっこうぐらし!のアニメの7話

もう見ましたか!?



がっこうぐらし! 手紙



先週私が予想したように、


がっこうぐらし!の7話のネタバレの予想に感想!みーくんが!?


風船で手紙を飛ばす話でしたね!




がっこうぐらし! ゆき めぐねぇ



ゆきがめぐねぇの存在に

違和感を感じる
のは

予想していませんでしたが、

久しぶりに緊張感があって

よかった
ですね!



続く8話のタイトルは、

「しょうらい」



がっこうぐらし! アニメ 8話


ゆきたちがこれから

どう生きていくのか?

みたいなことが描かれそうで、

楽しみですよね!




というわけで、

がっこうぐらし!のアニメの8話の

ネタバレの予想と感想


について、

あなたにお伝えしちゃいますよ!



 





がっこうぐらし!のアニメの8話の
ネタバレの予想と感想!



◆◆簡単なネタバレ◆◆



りーさんの指示によって、

倉庫の整理をすることになった

学園生活部。

物資を調達しに

地下一階の倉庫へと、

4人で向かいます。




がっこうぐらし! 冷蔵室



そして、ゆきは

冷蔵室を発見。

その中にあったのは……!?





◆◆詳しいネタバレと感想!◆◆



というわけで、

原作の23話、「しょうらい」に

沿ってやりそうなので、

がっこうぐらし!のアニメの8話は

探索パートになりそう
ですよ!



がっこうぐらし! 倉庫


今回はりーさんの提案で、

倉庫への物資の調達ですね。

学園生活部の活動として、

「倉庫の整理」という建前です。




電気をつけて、

使えそうなものを探す4人。



がっこうぐらし! 物資



……倉庫が広い!!

充実しすぎですよね、なんていうか。

普通の学校じゃないっていう設定

なのはまあわかる
んですけど、

イマイチ緊張感がなくないですか?




しばらく探索していると、

くるみが冷蔵室を発見。

恐る恐るみんなで中を見ると……!?



がっこうぐらし! 冷蔵室 中


ですってよ!!

ですってよ!!




がっこうぐらし! ステーキ



……サバイバル感ねえ!!


今更っちゃ今更ですけど、

学校が至れり尽くせりで、

ぬるま湯ですよね。



で、その後は



がっこうぐらし! ゆき 卒業


「今日は楽しかったねー」

「でももうすぐ私達卒業だしなー」

「みんなで過ごすのももうすぐ

終わりだねー」


みたいなことをゆきが言い始めます。



がっこうぐらし! りーさん くるみ 卒業


で、卒業後のことも考えなきゃね

とりーさんやくるみがなんとなく

考えますが、



がっこうぐらし! みーくん 卒業


みーくんが

「もう少し先でもいいと思いますよ」

とか言って終わりです。

……なんじゃそりゃ。それだけ?





もっとこう、美少女が錯乱して

仲間割れしまくる
、みたいな

極限状態が見たいんですよね~。



がっこうぐらし! みーくん りーさん 喧嘩



今のところ、

たまにゾンビが出てくる

日常アニメ
じゃないですか。

そういうのが好きな人がいるのも

わかるんですけどね。

日常アニメが見たいなら、

わざわざゾンビ出る作品

見なくていいかな
、って私は

思っちゃいますね。




がっこうぐらし! ゾンビ




どうせゾンビが出てくるなら、

もっと絶望感があるといいなあ、

って感じていますよ。




あなたはどう思いますか?

ぜひコメントで、

あなたの意見や感想を

教えてくださいね!!






まとめ



というわけで、

がっこうぐらし!のアニメの8話

について、

ネタバレの予想や感想

あなたにお伝えしちゃいました!

いかがでしたか?




がっこうぐらし! 卒業



アニメの8話では、

倉庫への探索が描かれます!

で、豪勢な食事をしながら

卒業後についてちょっと

考える話ですね~。




がっこうぐらし! 地下



これだけだと全く緊張感がない

ですから、もしかしたら、

地下室でゾンビと遭遇

なんていう展開も

あるかもしれませんね!!




ここまで読んでいただき、

ありがとうございました!



 










down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック