マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

火ノ丸相撲の7巻の発売日にネタバレや感想!小関と火ノ丸が団体戦で!?

time 2015/10/15

火ノ丸相撲の7巻のネタバレ!
小関や火ノ丸が団体戦で!?


火ノ丸相撲の7巻

2015年の11月4日(水)

に発売
されますね!





61GVxeV7pfL__AC_UL320_SR202,320_



なんと言っても熱い展開

迫力のある画が魅力のこの作品ですが、

今までは王道展開過ぎて先が読めてしまう感が…

しかし、今後の展開次第では予想外の

展開があるかもしれません!









7巻では、

ついに大太刀高校対石神高校の

団体戦
が始まり、

さらなる盛り上がりを見せています!





というわけで、

火ノ丸相撲の7巻の

内容のネタバレ
について、

あなたにお伝えしちゃいますね!





 
Sponsored Link




火ノ丸相撲の7巻の
内容のネタバレ!




◆◆簡単なネタバレ◆◆

団体戦先鋒戦、

大太刀高校からは

まだ相撲初心者の蛍が出場!

桐仁のアドバイスで初っ端から

奇襲を仕掛けることで

意表をついた蛍

しかし相手主将の忠告を聞いていた相手は

即座に反応し、失敗に終わってしまいます




1f57aee4





あきらめずに食い下がる蛍だが、

もともと体格で劣ることもあり、

土俵外へ押し出されてしまいます

観客達の間で心無い言葉が飛び交う中

相手チーム荒木に

おこがましい』と言われてしまいますよ。

そしてその言葉に怒りをあらわにしたチヒロ





7ff29ca8




蛍を励まし、初めて自分以外の為に勝つと

決意したチヒロ
は仇を取るべく、

二陣戦に臨む…!!





◆◆詳しいネタバレ!!◆◆

チヒロVS荒木、

レスリング王者と柔道王者の

異種格闘技戦
となりますよ!

試合開始前から気合十分のチヒロ





6501bfe0




そしてはっけよいの言葉とともに

組み合いかと思いきや、




8da5917a



互いに迂闊には踏み込ません

観客からのヤジも飛ぶ中、

先に仕掛けたのは

やはりレスリング王者のチヒロでした

荒木(柔道という競技は下肢への

攻撃に弱い- …とでも思ったかよ

ナメるな…!






14478d2f-s




さすがにあっさり決まるわけもなく、

荒木は内股でカウンターを仕掛けますよ!

しかしそれをさらに腰投げで返すチヒロ


観客も選手も全員が決まったと確信する中




jououiou




まだ終わらない荒木

なんともしつこいです!




異常な集中力で動揺せずに返し技を放つ荒木


対してチヒロは走馬灯のように今までの記憶が

頭をよぎります!


しかしそれが引き当てたある一つの技の記憶




20150716130942




右下手投げ

鬼車!!






火ノ丸の技 鬼車!!


見事に勝利をおさめますよ!

見に来ていたレスリング部の監督や

部員たちもチヒロが楽しそうに笑う姿を見て、

居場所を見つけたんだな」とつぶやきます。




fa25c939-s




うーむ…

少年漫画って感じでいいんですけどやはり

どこかインパクトに欠ける気がしてしまいます…

私だけでしょうか?



そして続く中堅戦はユーマの登場となりますよ!




giouoiuoiu0oi




対するは全国トップレベルの主将金盛!

不良だった彼がどのように成長したのか、

今後の展開に期待したいところですね!

続きはぜひ単行本でお楽しみくださいね!




まとめ


というわけで、

火ノ丸相撲の7巻の

内容のネタバレ
について

あなたにお伝えしちゃいました!

いかがでしたか?

火ノ丸相撲の7巻では、

石神高校との団体戦第1試合~第4試合までが

収録されていますよ!




成長の著しい部長、小関の活躍

もちろん収録されています!





47df4072-s




少年漫画らしい熱い試合ですが

もう少し意外な展開や驚きがほしいですね~



今後の展開に期待したいところです!


ちなみに、火ノ丸相撲の

最新話のネタバレ
について

も記事を書いていますよ!

興味のあるあなたは、

こちらも読んでくださいね!


火ノ丸相撲の66話のネタバレの予想に感想!沙田の双月に火ノ丸が!?


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!



 
Sponsored Link



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック