マンガアニメをオタクが語る

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化した作品の感想をお届け!表紙や特典、発売日、最終回や結末、恋愛要素や相関図、百合の情報も扱います!かっこいい、かわいいシーンの画像もまとめます!

86-エイティシックス-のアニメのストーリーを解説・ネタバレ!原作・漫画の何巻までで、最終回の結末・感想は?

time 2021/05/07

86-エイティシックス-のアニメのストーリーを解説・ネタバレ!原作・漫画の何巻までで、最終回の結末・感想は?

今回は、86-エイティシックス-のストーリーをご紹介していきます。

アニメでは原作や漫画版の何巻がアニメ化されるのか?ということや、

エイティシックスのストーリーを最終回までわかりやすく解説しつつ、シンやレーナたちのかっこいい戦いや生き様など、見どころを語っていきます!


一部、ネタバレを含んでしまうのでご注意ください。

ネタバレが苦手な方はマンガUP!というアプリで漫画版が連載されているので、こちらをどうぞ。

無料でもらえるポイントで、前半クールのコミカライズと、後半クールの「ラン・スルー・ザ・バトルフロント」の序盤が読めます。






86-エイティシックス-のアニメのストーリーは原作の何巻までかネタバレ!


まずは、86-エイティシックス-のアニメのストーリーは、原作小説の何巻までか、ということについて。

86-エイティシックス-のアニメは公式発表で分割2クールということが明らかになっています。

その上で、現時点でのアニメの進み具合を見ると、アニメ化されるのは原作小説1巻3巻までのストーリーとなるでしょう。

構成はおそらく時系列順で、以下のようになると考えられます。

前半クール(1話~11話):サンマグノリア共和国編
・原作小説1巻
・漫画版:マンガUP!で連載中(無印)

後半クール(12話~22話):ギアーデ連邦編
・原作小説2巻3巻→その後、1巻の終章
・漫画版:マンガUP!で連載中(”ラン・スルー・ザ・バトルフロント”の副題が付いてる方)


ここからは、具体的にどんなストーリーになっていくのか、エイティシックスのアニメの見どころをご紹介していきます。

ネタバレを含むのでご注意ください。




86-エイティシックス-のアニメのストーリーのネタバレ:前半クール・原作1巻の解説



(C)安里アサト・しらび・I-IV


まずは、前半クールで描かれる原作小説1巻の内容について。

まずは簡単なあらすじ・世界観をご紹介した上で、特に重要なところ、かっこいい見どころに注目しながらまとめていきますね。

(ちなみにマンガUP!で漫画版が連載中。無料でもらえるポイントで読めるので、雰囲気を知りたい方はこちらもどうぞ。)

86-エイティシックス-の前半クールのあらすじ


ギアーデ帝国の無人兵器、レギオンの攻撃を受けるサンマグノリア共和国が舞台。


△帝国の無人戦闘機械・レギオン


国境は襲撃を受けているものの、国内は平和な共和国

戦争の最中とは思えない豊かな生活を白人種は謳歌しています。



それは、共和国の全85区は無人戦闘機・ジャガーノートによって守られていたから。


△共和国の無人戦闘機械、ジャガーノート


……しかし、ジャガーノートの実態は無人機ではない。

戦争の開始に伴い、共和国は白人種以外をエイティシックスと呼称。人間と認めず――ジャガーノートの”部品”として道具のように扱っていたのです。

エイティシックスの部隊を指揮するエリート軍人・レーナは、そんな共和国の現状に不満を抱いていた。


現実から目を背け、軍人でさえも平和ボケ。そして何より――同じ人間であるエイティシックスを人として扱わない。

彼女は心を痛めながらも、自分だけはエイティシックスと対等に接しようとする。


――そんなレーナが配属されたのは、エイティシックスの少年、シンが率いる「スピアヘッド戦隊」



原作小説1巻より
(C)安里アサト・しらび・I-IV


彼らと共に戦い、距離を縮めようとするレーナだったが、彼らの反応は冷ややかで――。


86-エイティシックス-のアニメ 前半のストーリー・解説(ネタバレ注意):本当の名前(アニメだと4話)


何度もパラレイドでエイティシックスたちと交流を深めようとするレーナ。

彼女に対し、クレナを始めとして、隊員たちは冷ややかな態度で応じるばかり。

しかし、<キルシュブリューテ>――カイエという少女だけはレーナに歩み寄る。


しかし。直後の戦いで、カイエは命を落とす。

彼女の死を通信で悼むレーナに。セオは押し殺していた彼女への怒りをぶつける――。

解説・感想(タップで開く)

解説・感想


最初のターニングポイントとなるのは、カイエの死

「状況終了、お疲れ様です。キルシュブリューテのことは、残念でした……」

と、彼女の死を悼む言葉を――”軽々しく”口にしたレーナに、セオが叫ぶ。

「しおらしい声つくって、空々しいんだよ」「暇なら時なら聖女気分に付き合ってやるけど、空気読めよ。たった今仲間が診断だよ」「高みの見物のあんたのその状態が、豚扱いじゃなくて一体なんだっていうんだよ?」


(C)安里アサト・しらび・I-IV


対等に扱っている、と思い込んでいたレーナの安易な正義を、全て切り捨てる。このシーンは聞いてて痛々しいんですけど……最もすぎるんですよね。

口はご立派だけど、共和国の在り方に反発するわけでもなく、従うばかりですから。それに何より。

「僕たちの名前さえ、一回だって訊いたことがないじゃないか!」

というセオの慟哭のとおり――レーナは一度も彼らの名前を呼ばず、コードネームで……家畜のように呼んでいた。

他の白人種と同じように、自分も差別意識の塊だったこと。そのことに気付かないまま善人気取りをしていたという、最も恥ずべき人間だったことを自覚させられてしまいます。

こういう、耳が痛すぎるところを、めちゃくちゃしっかり、ありありと描いてくれるのが86の面白さだなって思います。


そして。それに対するレーナの向き合い方も立派。

仕組み上、指揮官はエイティシックスの名前を知るという発想に至らないようになっていた。そのことがわかってなお……


「それを言い訳にするのは卑怯です。……わたしは、卑怯なままでいたくない。

わたしは、レーナ。ヴラディレーナ・ミリーゼと言います。こんな、今更ですけれども……あなたたちの名前を、教えていただけませんか……?」


と、シンに名前を聞いて、すべて覚えて。そのあと、みんなから直接名前を聞こうとする。

レーナは自分の罪を認めて、その上で真の意味で歩み寄っていきます。

その結果。セオたちは未だ仲間と思わないけど、それでも名前で呼ぶことを許してくれるようになるのでした。



86-エイティシックス-のアニメ 前半のストーリー・解説(ネタバレ注意):黒羊と、終わらない戦争


――カイエの死後の任務にて。

「今回はパラレイドを切っていてもらえませんか。今回は<黒羊>(ブラックシープ)が多い」

シンはそのときだけ、レーナにパラレイドを切るように忠告する。

疑問に思いながらも、それを拒否して指揮を続けるレーナ。


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


彼女はその戦場で、膨大な数の怨嗟の声を聞く。


<黒羊>。人の脳をコピーして処理装置に取り込んだ、冒涜的なレギオン。


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


そして、”死者の声を聞く”というシンの異能が、取り込まれた亡霊の声を聞き。パラレイドを通してレーナを襲ったのだった。

黒羊は普通のレギオンに比べて寿命が長い。――消耗するばかりの共和国の敗北は必至。

しかし、それでも。戦い抜けば希望はあるとレーナは信じていたが……。


詳しい解説・感想(タップで開く)

解説・感想


そして、敵の自動戦闘機械・レギオンについて、新たな真実が明らかに。

彼らは倒した人間の脳をコピーし、中央処理装置へと取り込みます。

中央処理装置の寿命は残り2年弱と信じられ、時間が経過すれば勝てると考えられていたんですが――


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


その算段は全て崩れた。人間の脳を奪い、寿命を延ばす。

死者を逝かせず彷徨わせる。その醜悪な行いによって、レギオンたちは無限に湧き出てくるのです。


絶望的な事実。……ですが、それでもレーナは戦い抜くために自らにできることを続ける。

スピアヘッド戦隊の仲間は、あと少し戦い抜けば任期を終えて、市民権を得られるのだから。

そう信じていたものの……増援はこないまま、過酷な戦場への任務が続く。死んで減っていくシンの部隊。その理由は――。


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


どこまでも腐った、共和国の白ブタによる選民思想は、使い古したエイティシックスたちを殺して処分していたのです。



祖国のあまりの所業に、絶望するレーナですが……それに対する、シンたちの答えがかっこよすぎる。

反乱する道もあったのに、クズと同じところには落ちないと、力強く言うんですよ。


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


「死ぬ時まで戦い切って、生き抜いてやる。諦めも、踏み外しもしてやるものか。――それが俺達の戦う理由で、存在証明(誇り)だ」

自分が正しいと思う、納得できる道を。たとえ死が待ち受けようとも、逃げずに戦うことを。自らの意思で選ぶ姿が、本当にかっこいい。

安易な復讐に身を染めず。かと言って、死にに行くのでもない。抗って、自分なりに”生きる”ために選び取った道であるというのが、高潔すぎて鳥肌が立ちます……!!

散々差別されまくったにも関わらず、こんなことを言えるのは本当に立派。そんな彼らを見て、レーナは一体何を思うのか――?




86-エイティシックス-のアニメ 前半のストーリー・解説(ネタバレ注意):特別偵察。レーナとシンたちの別れ



(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


数を減らしてなお、生き残ったスピアヘッド戦隊。

彼らに最後の任務として、<特別偵察任務>が課せられた。

レギオンの支配区域へと、補給もなく前進し続ける。後退することも許されない、ただの処刑を強いられるのです。


レーナはシンたちを助けるために、あらゆる手を尽くす。

上司に掛け合って中止を要請したり、シンたちに逃げるように伝えたり。

……だけど、誰も取り合わない。シンたちもむしろ、この偵察任務を望んでいた。彼らにとって、これは処刑ではないのだから。


ついに止めることは叶わず、始まってしまった特別偵察任務。

任務が始まっても、レーナからの連絡はない。

進み続けるエイティシックスたち。


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


その先でシンは、探し求めていた兄を取り込んだレギオンと交戦する――。


詳しい解説・感想(タップで開く)

解説・感想


前半クールの最終回は、この特別偵察任務になるでしょう。

下がることが許されない、ただの処刑。それに向かっていくシンの言葉が、やっぱりかっこいい。

むしろ、この任務こそが彼らにとっては始まりで、解放なのだと、言い切るのです。

「おれ達はずっと、閉じ込められて縛られてきました。それがようやく終わるんです。

ようやく、自分が行こうと思ったところまで、行こうと思った道を辿って行けるようになる。」
と。


そんな彼らの言葉を聞いた、レーナの行動もこれまでとは違って、これがまた最高。

任務開始時は通信してこなかったんですが……スピアヘッド戦隊がピンチになったそのとき。


(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


要塞の迎撃砲を使って彼らを手助けするのです。

――紛れもない、自分の意志で。規則なんて無視して、自分がやるべきだと思ったことをやり抜く。流されてばかりの、いい子でしかなかった、あのレーナが。

このときの吹っ切れたレーナのセリフがめちゃくちゃ強気で、覚悟の決まってる人間って感じで最高に好き。

「どうせ本部や政府だって道理なんか弁えてないんです。こちらだけ道理に従ってやる謂れなんかありませんし、その誰に非難されようがどうだっていいです」

腐りきった祖国が嫌なら、抵抗するべきだった。そのことに気づいて、ここ一番で行動する。……それがシンたちの言葉の影響っていうのも、マジでエモいんですよ。


そして。レーナのアシストによって、レギオンとなった兄を弔ったシン。

それでもなお、やっぱり進もうとする彼らに、「おいていかないで」とレーナは言ってしまうけれど。

シンたちは進むのです。死への道を。……ただ、少し違ったのは。

シンたちは、「先に行きます」と言葉を遺してくれた。自分たちと同じ場所に進んでいいと。共にあることを許してくれた。

――ここにきて、やっと。レーナの悲願が叶ったのです。死んでしまうことは悲しいけれど、最高に嬉しい。色んな感情で胸がぐちゃぐちゃになります……!

このシーンはぜひ、原作1巻で読んでみてください!


実は1巻はもうちょっと続くんですけど……時系列どおりにいくと、アニメでは2巻3巻のエピソードが挟まってから、1巻ラストのストーリーとなりそうです。








86-エイティシックス-のアニメのストーリーのネタバレ:後半クール・原作2巻~3巻の解説



(C)安里アサト・しらび・I-IV


そして、後半クールでは特別偵察任務の後が描かれます。原作小説でいうと、2巻3巻のストーリーになります。

ストーリーと見どころ、かっこいいところをダイジェストでご紹介します!

マンガUP!で漫画版も連載中。無料でもらえるポイントで読めるので、雰囲気を知りたい方はこちらもどうぞ。


86-エイティシックス-のアニメ 後半のストーリー・解説(ネタバレ注意):平穏な暮らしを享受するエイティシックスたち


特別偵察任務へ向かい、レーナと別れたスピアヘッド戦隊。

――彼らは戦いの果てに。隣国であるギアーデ連邦に保護されていました。

シン、ライデン、クレナ、セオ、アンジュ。5人だけだけれど、生き残ることができたのです。


2巻より
(C)安里アサト・しらび・I-IV


連邦で出会った幼い少女・フレデリカとともに、エイティシックスたちは平穏な暮らしを送る。

普通の少年少女のように、娯楽を楽しみ、おしゃれを楽しむ。自由を保証された彼らだったが――……?


86-エイティシックス-のアニメ 後半のストーリー・解説(ネタバレ注意):再び戦場へ


ギアーデ連邦の大統領に保護され、自由を保証されるも――彼らが選んだのは戦場へ行くことだった。

大統領はその言葉を否定しようとするけれど。シンたちにとって、それは余計な世話だった。

「たまたま助けられただけなのに、それをいいことにこのまま足を止めていたら、戦い抜いて死んだあいつらに顔向けができない……まだおれ達は戦い抜いたわけじゃない」

「いずれ死ぬのなら、その最期まで戦い抜くのがおれ達の選んだ生き方です。それを――奪わないでもらえませんか」




いろんな景色を見た上で、自分の生き方は、あるべき場所は戦場だと、シンたちははっきりと決めているのです。

……それに。「先に行きますとか言っておいて、もし追いつかれたりしたら恰好悪いよな」っていうライデンの言葉が……。

やっぱり彼らの中でレーナは対等な存在になっていて、追いついてくることを期待している、っていうのが分かってすごく嬉しいです……!

ただし、シンだけは。やりたいことも行きたい場所もない、ということに。生きる意味を見出だせないまま、戦いに身を沈めるです……。


86-エイティシックス-のアニメ 後半のストーリー・解説(ネタバレ注意):再会、そして”生きる意味”を見つけるシン


……戦場に戻ったシンたちは、強大なレギオンと戦うことを強いられる。

モルフォと呼ばれるレギオンは、電磁加速砲による攻撃で――レーナたちのいるサンマグノリア共和国を、一撃で吹き飛ばした。


(C)安里アサト・しらび・I-IV


こいつが生き残れば、ギアーデ連邦は滅びを待つばかり。

シンたちスピアヘッド戦隊は決死の突撃作戦を敢行し、モルフォと激突。

――シンがピンチになったそのとき。パラレイドの同調が一人増え、その人物の援護によって戦いを制するのだった。


詳しい解説・感想(タップで開く)
戦いの果てを見て、平穏を味わって。その空虚さに、生きる意味を見失っていたシン。

――そんな彼を救い出したのは、最後に戦場に現れた、共和国の軍人でした。


3巻より
(C)安里アサト・しらび・I-IV


互いに相手のことが誰かは分かっていなかったけれど。……シンは、生きる意味、戦う理由をモルフォに滅ぼされた、共和国の軍人に問うのです。戦う意味なんて、もうないだろう、って。

それに対する少女――レーナの答えがもう、胸熱。

「生き抜いた彼らに追いつくために――彼らを連れて、その先まで進むために戦うんです!

……わたしは、ヴラディレーナ・ミリーゼ大尉。わたしはこの戦、決して逃げません!」


そう。共和国が破壊しつくされてもなお、レーナは戦い続けていたし――シンたちの背中を追い続けていた。生きている確率が少ないことが分かっていて、なお。

今度こそ、追いついて。今度こそ、一緒に戦いたい。戦場の向こうへ、シンたちを連れていきたい。そんな願いを、レーナは誰とも知らぬ連邦軍の軍人へと語るのでした。

一度も顔を合わせたことがないのに、死をも超えて、”想い”で繋がっている。そんな感じがしてすごく尊い。


……結局シンを回収にきた軍によって邪魔されて、相手がレーナだとわかったのはシンだけでした。

だけど。彼女に会えたことでシンも生きる意味を見つけ出すのです。

彼女が追いつこうとしてくれていることがわかったから。――「彼女が見るべき景色は、こんな戦場なんかじゃない」と。

自らを信じ、ついてきてくれた人に見せたい景色を、道を進むべき。それこそがシンの見つけた答えでした。

いや、もう……互いの想いが強すぎる。互いが互いのために、全力で生きる。素晴らしい関係すぎて、めっちゃドキドキします。

そして、この後。原作1巻の最終章へ繋がります。







86-エイティシックス-のアニメのストーリーのネタバレ:最終回の結末は?


再び原作1巻へ。

レーナのいたサンマグノリア共和国は、モルフォによって壊滅。

旧共和国は連邦からの保護を受け、レーナは連邦軍に指揮官として派遣されることになります。

そこで、レーナは預けられた部隊の面々に挨拶を交わす。

「サンマグノリア共和国軍大差、ヴラディレーナ・ミリーゼです。初めまして」

その言葉に、部隊の隊長は――……。


解説・感想(最終回・結末のネタバレ注意・タップで開く)

「初めまして、ではありませんよ。もっとも、お目にかかるのはこれが初めてですが」


1巻より
(C)安里アサト・しらび・I-IV


「お久しぶりです、ハンドラー・ワン」


――そう。お互いに戦い抜いて、その先で。レーナはついに、追いついたのです。

壁の内外で、パラレイド越しの通信ではなくて。――初めてちゃんと顔を合わせて。対等な人間として。

ついに肩を並べて、”一緒に戦える”ときが来たのです。ほんっっとうにエモい。

1巻だけでも読めるようになってて、エモいんですけど……2巻3巻を経て、互いの存在が支えになってるところを見た上でこのシーンを見ると、もう感動レベルが段違い。




86-エイティシックス-の原作を読むなら



(C)安里アサト・しらび・I-IV


86-エイティシックス-の原作だと、シンたちのかっこよすぎる生き様と、レーナの成長、そして2人の関係がめちゃくちゃエモく描かれています!

とにかく感情に訴える地の文、内心が細かく描かれてて、ほかの媒体じゃ出せない味があって、おすすめ。

なので、アニメでエイティシックスにハマったっていう方にはぜひとも読んでみて欲しいです。ほんと、1巻だけでも。


ebookjapanというサイトだと半額クーポンがもらえるので安く買えるので、よければこちらからどうぞ。

86-エイティシックス-を今すぐ半額で読む


86-エイティシックス-の漫画版がマンガUPにて基本無料で配信中!



(C)安里アサト・吉原基貴・しらび・I-IV


また、86-エイティシックス-の漫画版は、スクエニの公式アプリ、マンガUPで連載中。

マンガUP!

前半クールが描かれた「86-エイティシックス-」と、後半クールのエピソードが描かれた、「86-エイティシックス- ラン・スルー・ザ・バトルフロント」の2つが、無料でもらえるポイントで読めます。


(C)安里アサト・山﨑博也・しらび・I-IV


マンガUP!

どちらも連載中なので途中までではありますが、小説だと分かりづらいバトル描写が、丁寧にかっこよく描かれていておすすめ。

無料で読み進められるので、86が好きならダウンロードして読んでみてください。





まとめ


86-エイティシックス-のストーリーについてでした。

アニメだと分割2クールで、前半で1巻、後半で2巻3巻が描かれます。

自分の決めた誇り高い道を貫き通す。その意志のかっこよさと、それに影響を受けて成長したレーナが、本当に尊い。

レーナはシンに追いつこうと必死に戦い、その末に――……。2人が対等になるまでの流れが本当に熱いし、エモいです。

ぜひ原作小説で堪能してみてください。半額クーポンがもらえるので、お気軽に試せるのでぜひ。



ちなみに、前半クール、後半クールの漫画版が両方、公式アプリのマンガUPで連載中。

マンガUP!

無料でもらえるポイントで読み進められるので、エイティシックスにハマった方はダウンロードがおすすめです。





86-エイティシックス-の記事


86-エイティシックス-のアニメ12話以降(後半・2クール目)はいつ?ストーリーをネタバレ!続きは原作の何巻から?

【86-エイティシックス-】レーナを解説!かわいいシーンやシンとの恋愛、かっこいい名言まとめ!(ネタバレ注意)

【86-エイティシックス-】シンがかっこいい!能力や名言、兄・レイとの過去やレーナとの恋愛を解説!(ネタバレ注意)

【86-エイティシックス-】フレデリカがかわいい!シン、キリとの関係・恋愛や正体・異能をネタバレ!

86-エイティシックス-の死亡・生存キャラの一覧・まとめ!シンやレーナ、スピアヘッド戦隊は生き残る?(ネタバレ注意)


86-エイティシックス-の各話感想(タップで開く)

86-エイティシックス-のアニメの5話「私も一緒に」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの7話「忘れないでいてくれますか?」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの9話「さよなら」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの12話「ようこそ」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの13話「今更そんなこと」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの15話「おかえりなさい」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの16話「それでも」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの17話「忘れません」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの18話「本当は」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)

86-エイティシックス-のアニメの19話「いっそ このまま」のストーリー・解説と感想!原作・漫画の何巻?(ネタバレ注意)



created by Rinker
¥4,207 (2021/11/30 23:43:22時点 Amazon調べ-詳細)










down

コメントする




カテゴリー

オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック
駿河屋スタッフ募集中