マンガアニメをオタクが語る

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化した作品の感想をお届け!表紙や特典、発売日、最終回や結末、恋愛要素や相関図、百合の情報も扱います!かっこいい、かわいいシーンの画像もまとめます!

ドラゴンボール超の映画・劇場版(2022年)の「意外なキャラ」は誰?主役・メインキャラクターを予想・考察

time 2021/05/09

ドラゴンボール超の映画・劇場版(2022年)の「意外なキャラ」は誰?主役・メインキャラクターを予想・考察

はいどうも、ロイドです。

昨日はオバロの4期が決定したということで大騒ぎだったのですが、
皆さん、今日もまたとんでもないことが起こりました。

何かと言うと、本日2021年5月9日・悟空の日、ドラゴンボールのオフィシャルサイトがリニュアルオープンしたんですが、
そこでなんと、
ドラゴンボール超の劇場版の制作が発表されました。

前作の映画、ドラゴンボール超 ブロリーの公開日が2018年12月ですから、
およそ2年半ぶりの新作情報です!

で、放映は2022年と公表されてるんですが、そこで原作者の鳥山明先生から、
気になるメッセージが出てるんですよね。

簡単に読み上げますと、

『ドラゴンボールスーパー ブロリー』に続く劇場版の制作が決定し、進行中です!
今回も僕がセリフを含め話を作り込んだ渾身の一作となっています。

内容はまだ内緒らしいので言えませんが、
ちょっと意外なキャラが大活躍する激しく楽しい内容になってると思います。

ビジュアルも新鮮で、すごいことになっているみたいですから、どうぞ期待して待っていてください!





……はい、ということで、意外なキャラが大活躍らしいです。
最近のドラゴンボールの映画って、ご存知無い方もいらっしゃるかもしれないんですけど、
最近の映画って鳥山明先生が脚本から関わってまして、復活のFやブロリーと、従来の原作ファンや映画ファンが大興奮するようなキャラが再登場、大活躍してるんですよね。

なので早速、今回の映画は誰が主役だ!?
大活躍するキャラクターって誰だ!?
とツイッターやニュースサイトでは様々な予想、考察がなされています。

そこで今回は、色々予想されているキャラの中でも、

特に多くのファンから注目されているキャラクターや、
多くのファンが映画に出てほしい!出てくれたら嬉しい!と思っているキャラ

を中心にまとめていきたいと思います。



なるべく幅広いドラゴンボールファンに楽しんでほしいので、あまり有名ではないキャラは少し初心者向け(初見の方向け)の解説も付け加えていきます。
詳しい方からすると当たり前のようなことを喋ってしまうかもしれませんので、その点は予めご了承ください。



動画版はこちら。









ドラゴンボール超の映画(2022年)の「意外なキャラ」は?注目されているキャラその1:クウラ




まずは一人目。

おそらく最も多くの方が話題にあげているのが、クウラです。


クウラって誰?

という方も多いと思うのでご説明すると、彼はフリーザの兄です。


え、そんなの原作にいた?って思うかもしれませんが、原作にはいません。

彼は昔の映画

『とびっきりの最強対最強』(1991年公開)
『激突!!100億パワーの戦士たち』(1992年公開)


で最強の敵として登場しました。



その実力は弟のフリーザをはるかに凌ぎ、また、残酷さもフリーザ以上です。

フリーザとかフリーザのお父さんとかって、優秀な敵がいたら、部下にしたがるような性格をしてるとおもうんですけど、

クウラはもう敵とあれば容赦がなくて、

例え敵を虫の息まで追い込んだとしても、確実に死体を見るまでは、警戒をとかないという、ものすごく優秀な戦士・軍人タイプなんですよね。



なんでこのクウラが今、最も注目されているかというと、まず、前作の映画、ドラゴンボール超 ブロリーでフリーザが「(悟空とベジータと戦うなら)こちらももう一人戦力が欲しい」って言ってるので、

その戦力って家族のクウラなのでは?という考察ですね。


加えて、ドラゴンボールの昔の映画って、映画ごとに新しいオリジナルの敵が毎回登場する、って感じなんですが、このクウラとブロリーだけは、過去作で2回以上登場してるんですね。

で、ブロリーもクウラもファンからの人気って凄い高かったんですよ。


勿論クウラはブロリーに比べると、ニコ動とかでものすごい扱われてたってこともないし、ブロリーには一歩劣りますけど、それでも昔からのファンにとっては存在感が高いんですね。


さらに加えて、ドラゴンボールスーパー ブロリーの監督である長峯達也(ながみねたつや)さんは、


ドラゴンボール超 ブロリーのときのインタビュー(超!アニメディア様)より引用


フリーザについて「兄弟設定もあるし、今後も見逃せない存在になると思います」って言ってますし、

最近の映画でフリーザ、ブロリーと復活したなら、次はクウラだろう!

って思ってるファンが多いということです。




では、続いて、クウラと同じくらい、多くの方が予想しているキャラについて触れていきましょう。








ドラゴンボール超の映画(2022年)の「意外なキャラ」は?注目されているキャラその2:バーダック



バーダックはクウラよりは有名かもしれないですね。

カカロット――悟空のお父さんです。



もともとはアニメのテレビスペシャルで一回出ただけのキャラクターだったんですけど、原作者の鳥山明先生がそれを見て凄く気に入って、漫画に逆輸入したっていう経緯があります。

このバーダックが活躍する回はファンからも凄く人気で、原作者の鳥山明先生も


「僕だったら絶対描かない話。いい意味で違うドラゴンボールを見ている感じがする」


と絶賛されています。

(鳥山明先生って、こういう感動系の話ってあんまり書かないよね)


2012年の「最強ジャンプ」のアニメDVDでのオリジナルストーリーでは、なんと超サイヤ人化を果たすなど、実は水面下でものすごくプッシュされてるキャラなんですね。



今回の映画の活躍キャラの予想候補としては第二位で、
クウラに比べるとほんの少し劣る理由は、やっぱり前回のブロリーの映画で既に登場したからですね。

登場時間は短いですけど、やっぱり既に取り上げられたので、今回主役レベルに活躍するのは考えにくいのでは?
という予想があります。



で、似たような話で、そもそも最近の映画は復活キャラばっかりでどうなの?という話もあります。

フリーザにしろブロリーにしろ、既存の登場キャラなので、もっとこれまでに取り上げられてないキャラが、次の映画では取り上げられるんじゃないの?

という予想があります。


そういった理由で注目されているキャラが、次にご紹介するヤモシです。







ドラゴンボール超の映画(2022年)の「意外なキャラ」は?注目されているキャラその3:ヤモシ



ヤモシに至っては、原作漫画や、アニメシリーズを見ているだけだと、絶対に聞いたことがないキャラクターだと思います。

こいつは誰かと言うと、初めて世に名前が出たのは、2017年の終わりのこと。

「最強ジャンプ」2018年1月号の付録「DragonBall サイヤ人 超最強COMICS」のインタビューにて原作者の鳥山明先生が語った新たなサイヤ人です。

歴史上初めて超サイヤ人になった人物で、フリーザが恐れ、ベジータが噂に聞いていた「伝説の超サイヤ人」の言い伝えの起源とされる人物です。




彼はサイヤ人でありながら、清く正しい心をもっており、周りの悪のサイヤ人たちの行動に疑問をいだきます。

そこで、同じく善の心を持つ5人の仲間たちと共に悪のサイヤ人達と戦い、そこで初めて超サイヤ人として覚醒します。

彼はその戦闘力で悪のサイヤ人を全滅に追い込みますが、流石に多勢に無勢。

ギリギリの所で力尽きます。



ただ、ヤモシは死んだ後も魂があの世にいくことはなく、現世をさまよい、自分たちと同じく善の心を持つ6人のサイヤ人を追い求めていました。

なぜなら、さらなる救世主である超サイヤ人ゴッドとめぐりあいたかったからです。


そして、このヤモシの魂の波動が、破壊神ビルスの脳のアンテナに反応し、ビルスは超サイヤ人ゴッドの予知夢を見て地球に向かいました。

結果的に悟空達6人のサイヤ人とシェンロンの力で超サイヤ人ゴッドが顕現する……というのが、2013年の映画『神と神』や、アニメドラゴンボール超の序盤のストーリーのきっかけだったんですね。



つまり、ヤモシというのは超サイヤ人の伝説の始まりであり、超サイヤ人ゴッドの始まりでもあるので、ある意味『ドラゴンボールZ』や『ドラゴンボール超』の始まりの男とも言えるキャラクターなんですね。

前作のブロリーの映画では【サイヤ人の“強さの原点”が明かされる】ということで、一部のファンの間ではヤモシの登場が望まれていたのですが、結局ブロリーでは登場しなかったので、

今度こそヤモシの登場だ!と期待されているわけですね。




……と、ここまで、前作のブロリーに負けるとも劣らないキャラクター、

クウラ、バーダック、ヤモシというバトルキャラクターを紹介してきましたが、実は次の映画って、

『今までのバトル100%な展開』とはちょっと変わったテイストの可能性もあるんですよ。


というのも、前作の映画ブロリーのブルーレイ購入特典のブックレットで、

集英社ドラゴンボール室 室長の伊能昭夫(Vジャンプの犬マユではイヨク青木として登場)さんによると、

『次の映画は多分、ぜんぜん違う方向になる』

という発言があったんですよ。




今までの映画はどちらかというと、バトルシーンのクオリティが非常に高かったと思うんですが、ストーリーとか人間ドラマはそこまで取り上げられてなかったと思うんですよ。

勿論、ドラゴンボールは戦闘アクションを楽しむ作品なので、全く問題ないんですけど、『今までとぜんぜん違う方向』となると、そういった人間ドラマなどを取り上げる可能性もあるんですよね。

そうなった時に最もファンから期待されているのが、次に紹介する『未来悟飯』です。







ドラゴンボール超の映画(2022年)の「意外なキャラ」は?注目されているキャラその4:未来悟飯




未来悟飯は原作や旧アニメにも出てるので、昔のファンの方はご存知だと思うし、逆に最近ドラゴンボールを知った方は知らないかもしれないんですが、

その名の通り、『未来の世界の悟飯』です。


未来の世界っていうのは、人造人間17・18号によって、悟空やベジータ、ピッコロが皆死んでしまった世界のことで、ピッコロが死んだので、勿論ドラゴンボールもありません。

そこで唯一生き残った未来悟飯は、まだ幼いトランクスの師匠となって、いつか人造人間を倒すことを目標としているんですね。


人造人間との何度目かの戦いによって左腕を失って隻腕となります。




ファンアートとかでも、隻腕で描かれることが多いですね。



普通の大人悟飯と何が違うかと言えば、今言った隻腕という点と、

少年時代に悟空と精神と時の部屋で修行してない点が大きいです(なぜなら、セル編が始まる前に悟空が死んだので)


そのため、未来悟飯は潜在能力の片鱗を目覚めさせることなく、人造人間と戦って何度も死にかける過程で、強くなっていったという経緯があります。
(サイヤ人は死にかけるほど強くなれる)



正直、戦闘力という意味では、現在の悟飯や悟空達の足元にも及びませんが、

そもそも新作の映画がバトルのインフレ方向ではなく、別方向に進むというのなら、未来悟飯にスポットがあたってもおかしくないんですよね。



というのも、未来悟飯って、未だにツイッターとかでファンアートや二次創作が多いですし、根強いファンが多いんですよね。

隻腕で仲間を全て失ったという悲しい過去を持ちながら、トランクスを生かすために自らを犠牲にしてトランクスに希望を託す所とかマジエモいし、泣けるんですよ。


この未来世界って、未だにそこまで掘り下げられたこと無いし、未来悟飯と未来トランクスがいっぱい見られるなら、一部のファンは大歓喜だと思います。


唯一の弱点は、もし未来世界を舞台にすると、悟空もベジータもいないので、流石に2時間の映画としてどうよ?

ってところですね。

OVAなどで扱うテーマとしてはいいですが、大衆向けに2時間の映画でやるには少し範囲が狭すぎるかもしれません。



ただ、未来悟飯でなくても、純粋に悟飯が活躍するキャラになる可能性はあります。

漫画版ドラゴンボール超の悟飯は「超サイヤ人にならない」宣言をしてますので、そのあたりを掘り下げるという方向で、悟飯を活躍させるという展開はありえます。






ドラゴンボール超の映画(2022年)の「意外なキャラ」は? その他、注目されているキャラ



もちろんこれまで紹介した4人以外にも、色々なキャラが予想されています。

意外なキャラ:セル説



・フリーザが求める戦力は、地獄で知り合ったセルじゃない?


意外なキャラ:ピッコロ説



・今日(5/9)はピッコロの誕生日だから、次の映画で活躍するのはピッコロさん!

意外なキャラ:ゴテンクス説



・ゴテンクス(悟天とトランクス)の活躍がみたいなぁ


意外なキャラ:17号説



・これは17号一択


意外なキャラ:ラディッツとナッパ説



・ラディッツとナッパがみたいぞ!

意外なキャラ:ヤムチャ説



・意外なキャラが活躍……?ヤムチャですね


意外なキャラ:ミスターポポ説



・ついにミスターポポの活躍が見られるのか


意外なキャラ:バクテリアン説



・バクテリアンが活躍するかもしれない


意外なキャラ:チャパ王説



・おめぇの出番だぞ、チャパ王!


意外なキャラ:天津飯・チャオズ説



・天津飯とかチャオズ出ないかなぁ……


意外なキャラ:戦闘力5のオジサン説



・戦闘力5のオジサンですね!


なんか最後の方は大喜利みたいになってましたけど、ほんとに色々予想がされてます。


よろしければぜひ、あなたの予想もコメントなどで教えて下さい。



それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!


動画版はこちら。
















down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック
駿河屋スタッフ募集中