【AIの遺電子】の2期はいつ?アニメ最終回・12話の続き・続編のストーリーは原作・漫画の何巻から?(ネタバレ注意)

今回は、「AIの遺電子」の2期について紹介します。

12話で最終回を迎えた「AIの遺電子」ですが、
アニメの2期はあるのか、
また放送日はいつからになるのか
をまとめていきます。

加えて、2期は原作・漫画の何巻からか、
見どころを解説していきます。






【AIの遺電子】の2期はある?:現時点で公式発表はなし


(C)山田胡瓜(秋田書店)/AIの遺電子製作委員会2023

作品名AIの遺電子
原作者山田胡瓜
原作本編:全8巻
RED QUEEN:全5巻
Blue Age:既刊6巻
制作マッドハウス
放送日2023年7月~9月
話数全12話

「AIの遺電子」は、
山田胡瓜先生のSF漫画が原作。
第21回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で、
優秀賞を受賞した人気作品
です。

AIが圧倒的に進歩し、
人権を持ったヒューマノイドがいる世界。
そこでヒューマノイド専門の医者・須藤光が、
ヒトとAIの共存がもたらす、
「新たな病」に向き合っていく作品となっています。

この記事では、
そんな「AIの遺電子」の2期があるのか、
あるとしたら放送はいつからになるのか、
2期は原作・漫画の何巻からになるのか、

ということを紹介していきます。


【AIの遺電子】の2期の可能性:現状だと低め


(C)山田胡瓜(秋田書店)/AIの遺電子製作委員会2023

それでは、
「AIの遺電子」の2期はあるのか、
ということを紹介していきます。

「AIの遺電子」の2期があるかどうかは、
2023年9月現在、
公式からの発表はありません。

2期の可能性は、
現状だと低めですが、
期待が持てる部分もあります。

2期の可能性★★★☆☆(約50%)
円盤売上(1000枚以下で控えめ)
配信人気(各配信サイトで中位)
原作売上-(不明)
アニメの続き(漫画でストックあり)

AIの遺電子の2期の希望となるのは、
原作漫画の人気です。
累計発行部数こそ公表されていませんが、
本編完結後も、現在まで続編や前日譚が連載されています。
このことから十分な人気があると考えられます。

また、これは個人的な見解ですが、
AIが発展している現代において、
間違いなく意義のある作品
です。
なので、続編が検討される余地があると考えています。


ということで、
AIの遺電子の2期の可能性について分かったところで、
次は2期があるとしたら、
放送日はいつからになるのか、
を解説していきます。





【AIの遺電子】の2期の放送日はいつから?


(C)山田胡瓜(秋田書店)/AIの遺電子製作委員会2023

それでは次に、
「AIの遺電子」の2期があるとしたら、
放送はいつからになるのか
を解説していきます。

結論から言うと、AIの遺電子の2期は、
2026年10月頃の放送
になると考えられます。

なぜそんなことが言えるのか?
その理由について、簡単に説明していきます。

まず、アニメの2期や続編は、
よっぽどの人気作でも最短1年はかかります。

その上で、AIの遺電子の2期はもう少し時間がかかりそう。

というのも、
AIの遺電子の2期は現状だと若干厳しめです。
なので、今後の売上などを見て検討する時間が必要そうですから、
すぐに2期を制作することは難しいでしょう。

なので、AIの遺電子の2期は、
2026年10月頃となる
でしょう。


そんなに待てないという方のために、
ここからは、「AIの遺電子」の2期が、
原作・漫画の何巻からなのか
を解説します。

その後、詳しい見どころを
感想とともに語っていきます!

一部ネタバレを含んでしまうので、
苦手な方はご注意ください。





【AIの遺電子】の2期のストーリー・感想!アニメの続きは原作・漫画の何巻から?(ネタバレ注意)


それではいよいよ、
「AIの遺電子」の2期のストーリーを紹介します。

アニメ1期では、
原作漫画の1巻8巻のエピソードを中心に、
アニオリを加えた内容
がアニメ化されました。

(アニメ1期のあらすじを
振り返りたい方は、こちらをタップ)

【TVアニメ1期のあらすじ】

22世紀後半。
AIが圧倒的な進歩を遂げ、
人々は人権を持ったヒューマノイドと共に暮らしていた。

そんな中、須藤光はヒューマノイドの医者として、
ヒトとAIの共存がもたらす「新たな病」と向き合っていく。
彼の目的は、母の行方を探すこと。
――かつて人格をコピーされてしまった彼女の、別の人格を。


(C)山田胡瓜(秋田書店)/AIの遺電子製作委員会2023


須藤は超高度AIである”MICHI”との取引により、
母親の居場所を知り、会いに行く。
しかし、他のコピーされた母も探すため、
彼はさらなる旅へと向かうのだった――。

ここまでが1期で描かれた、
1巻8巻のあらすじです。


なので、続きとなる2期は、
原作の続編「AIの遺電子 RED QUEEN」(全5巻)がアニメ化すると考えられます!
無印にも未アニメ化エピソードがありますが、
話の流れとしてはRED QUEEN編になりそう、という感じです)

【AIの遺電子】の2期のストーリー・感想


コピーされた母の人格が、
アフリカの紛争地帯にいると知った須藤光


RED QUEEN 1巻より
(C)山田胡瓜・秋田書店


次なるコピーを探すため、
彼はAIを嫌う人間至上主義の国、
北ロビジアへと潜入する――。

感想


め、めちゃくちゃ考えさせられる……。

なんだろうな、日本でのエピソードも深い話ばかりだったんですけど、
RED QUEEN編からは、いよいよ”重い”


AIやヒューマノイドを悪魔として吊るし上げたり、
コピーされた人格が最低な利用をされていたり、
AIに管理された世界の是非を問うたりと、
日本とはまた違った国の、
倫理観がヤバめな、AIに対する思想
が描かれてて、
非常に示唆に富んだエピソード。
AI社会の闇が描かれてて、
ゾクゾクするし、読み応えがすごい
です。

ていうか、アニメや無印でも思ったんですけど、
これだけ、AIに対する多様な価値観や問題を描けるっていうのが、
本当にすごい
んですよね、山田先生。

どれもリアルで、もし同じ世界になったら、
「そう思う人はいるよな」
「そういうことは起こりうるよな」
って思わされるし、
ともすれば、「自分も同じように考えるかも……」って感じてしまうときもあって、
そもそも、SFとしての完成度がめちゃくちゃ高くて面白いです。


で、メインのエピソードとしては、
須藤のお母さん(コピー)を探すことになるんですが、
これがまた、なかなかしんどい。
ロビジアという国を仕切るマフィア・レッドクイーンにて、
母の人格は、複製されまくって奴隷扱いされていました。


騙されて息子と離れ離れにされ、
過酷な環境に投げ出されてしまった……。
そんな母の人格がいくつも生まれていることが、ただただ残酷。
同じ人格なのに、環境や立場の違いであらゆる変化を遂げていて、
元は同じだった自分を恨んでしまったりと、ひたすらに胸が苦しいです。
ただ、どんな境遇の人格も、”大切なもの”は変わっていない……。
そんな救いもあったりして、すごく心を揺さぶられてしまいます。


そんなふうに、無印よりも重いエピソードが中心で、
難解だけど、読み応えがものすごいので、
アニメでハマった方はぜひ、RED QUEEN編もお楽しみください。



【AIの遺電子】の原作を読むなら


AIの遺電子の原作を読むなら、
ebookjapanというサイトがおすすめ。

初回は70%OFFクーポンがもらえるので、
安くAIの遺電子を読むことができます。

AIの遺伝子/RED QUEEN(続編)/Blue age(前日譚)を今すぐ70%OFFで読む

2期のストーリーは、RED QUEENの1巻からとなるでしょう。





まとめ


「AIの遺電子」の2期についてでした。
売上などは控えめなため、現状だと可能性はやや低めです。
ですが、時代に即したテーマですから、
続編の可能性は十分にある
かなと考えています。

2期のストーリーは、RED QUEENの1巻からとなりそうです。


AIの遺電子の原作を読むならこちら。
初回は70%OFFクーポンがもらえます。

AIの遺伝子/RED QUEEN(続編)/Blue age(前日譚)を今すぐ70%OFFで読む





created by Rinker
¥5,217 (2024/04/19 14:06:11時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,426 (2024/04/19 14:06:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥4,191 (2024/04/19 14:06:11時点 Amazon調べ-詳細)