マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

デジモンアドベンチャーtri.の第4章「喪失」のネタバレ感想!姫川の目的は?

time 2017/02/27

デジモンtri. 4章、見てきました!

ざっくりとしたネタバレとともに、私の感想を書いていきます!





前章のおさらいはこちら

デジモンアドベンチャーtri.第3章「告白」ネタバレ感想!リブートとは?


Sponsored Link




デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」のネタバレ!




姫川の過去



デジタルワールドにて、

ピエモンたちダークマスターズに襲われる、幼少期の姫川と西島。

他の選ばれし子供たちが、四聖獣を進化させる。


しかし、姫川のパートナーデジモン、バクモンは、

ダークマスターズに特攻し、消えてしまった……。



「なんで4人だけ選ばれたの?」


姫川は呆然とするのだった。



徐々に馴染んでいく子供たちとデジモン



少しずつ話をしたり、食事したりして、

馴染んでいく選ばれし子供たちとパートナーデジモンたち。

しかし、ピョコモンだけは、空になかなか心を開いてくれない。



そんなとき、草むらから彼らを伺う気配が。

覗いてみると、そこにはメイクーモンの姿があった。

リブートで記憶を失っているはずが、芽心のことを思い泣いていた。

追いかけるも、ゆがみの中へと消えてしまう。



メイクーモンを探し、芽心に合わせることに決めた子供たち。

デジモンたちのもとへ戻ると、

弁当を食べたおかげで、彼らは成熟期へと進化していた。



落ち込む空



ピョコモンと仲良くなれず、落ち込む空。

そんな彼女を、太一とヤマトが慰めようとする。

しかし、なぜ起こっているのかわからない二人は失敗。



「みんないつも自分のことばかりで、

私がどんな気持ちかなんて、誰も考えてくれない」



太一「わかんねえよ、空の気持ちなんて昔から。

人にはおせっかいなくせに、自分のことは一人で結論出して、言わねえじゃん」

「……まあ、それが空のいいとこなのかもしれないけどさ」


空はピヨモンに同じことを言われたことを思い出し、涙を流すのだった。



ムゲンドラモン出現



そんなとき、メイクーモンが突如現れ、ゆがみが発生。

ムゲンドラモンが出現する!


太一たちはアグモンたちを進化させようとするが、

デジヴァイスは反応しない。



ムゲンドラモンの攻撃を受ける子供たち。

衝撃に耐えている間、生じたゆがみによって、それぞれが別の場所へ飛ばされてしまう。




姫川の狙い



学生時代の姫川を思い出す西島。

彼女は、消えてしまったパートナーデジモン、バクモンと会うために、

リブートを研究していた。


就職したら思う存分研究する、という彼女に、声をかける西島。

西島「やめなよ。もう見てられないんだ」

「俺じゃダメ? 新しいパートナー」


姫川「ドラマの見過ぎじゃない?」

「……まあ、試してあげてもいいけど」



そんな過去を思い出して笑う西島。

姫川の部屋で、彼女が隠していたデータを見る。

「イグドラシルに協力すれば、必要な情報を提供する」

と言った内容が、そこにはあった。


そして、その部屋にハックモンが現れた。

彼はホメオスタシスの使者だという。

ゲンナイは今、闇によって、捕らわれている。

イグドラシルはメイクーモンを利用し、目的を達成しようとしているのだ。

ホメオスタシスは、そうなれば世界は滅ぶという。



Sponsored Link




芽心がデジタルワールドに



砂漠に飛ばされていた、空とピヨモン。

ピヨモンになんでついてくるの、一人になるのが怖いの?と

言われ、ショックを受ける空。


しばらく進んだ先には、倒れている芽心の姿が。



パートナー



空「ピヨモンが覚えてないのは分かってる。

でも、分かってほしかった、私達ならきっと大丈夫って思ってた

でも、知らないって……

私、間違えちゃったのかな……



芽心「間違ってません!

パートナーデジモンは特別。いつでも繋がってる。


そう教えてくれたのは、空さんです!

そんなこと言わないでください!」



そこに現れたメイクーモン。

なんできてくれなかった、と怒って芽心に向かって攻撃する。

「メイちゃんが悪い子だったからこなかった。

でも、そんなメイちゃんもメイちゃん。メイちゃんが好きだから来たよ」


そう訴えて、メイクーモンを抱きしめる芽心。



芽心の後ろにやってきた、デジモンカイザーの姿をした賢。

ムゲンドラモンを呼び出す。

そして彼は、ゲンナイの姿に変化した。



各地でゆがみが起き、空と芽心のいるところに、

選ばれし子供たちとパートナーデジモンが集結する。



ムゲンドラモンに乗り、逃げる子供たちを追うゲンナイ。

彼はその目的を語る。

「デジモンが人間なんかと関わるべきじゃない。デジモンは使役される。

2つの世界は近づきすぎた」


「人間世界で死んだデジモンは、再生できない。

彼らのためにも、人間世界を支配する」




和解



ムゲンドラモンと戦っている時に、ピヨモンの身代わりになる空。

ピヨモン「そういうの、お人好しって言うのよ」

「……いいと思う」

「空は優しいのね」


そう言って2人は、分かり合うことができた。




Sponsored Link




バクモンと出会った姫川



バクモンを見つけ、近づいていく姫川。

姫川「ずっと会いたかった!」

しかし、何も覚えていないバクモン。


「どうして!? パートナーでしょ!思い出しなさいよ!」


姫川は泣き叫ぶのだった。



VSメタルシードラモン


海に現れたメタルシードラモンと、太一とヤマト、光が戦う。

一度はガブモンの攻撃でダメージを与えるも、

太一とヤマトがアグモンとガブモンをかばい、海に沈められてしまう。


アグモン・ガブモン「どうして僕たちを助けたの?」

太一・ヤマト「もう失いたくなかった

お前しかいない、お前に会うためにここまできた」


アグモン・ガブモン「強くなりたい!!」


海から太一とヤマトを連れ、

ウォーグレイモンとメタルガルルモンが!


プロットモンもテイルモンへと進化し、

メタルシードラモンを退けた。



VSムゲンドラモン



空と心を通わせたピヨモンは、

ホウオウモンへと究極進化!

パタモン、テントモンも

セラフィモン、ヘラクルカブテリモンに究極進化し、

ムゲンドラモンを倒すのだった。



そのときゲンナイは……



残された芽心とメイクーモンのところに現れるゲンナイ。

メイクーモンの怒りを煽るため、芽心を痛めつける。

メイクーモンは進化し、暴走しかかっていた……



NEXT→第5章「共生」


オファニモンが描かれたキービジュアル



Sponsored Link





私の感想!



正直に言うと、不満が多いです。




良かったところ



まずは良かった!と思ったシーンについてから。


1つは、ウォーグレイモンとメタルガルルモンがかっこいい!

海から同時に飛び出す登場シーンは、

そこで流れ始めるButter-Flyも相まって最高です。

細けえこたぁいいんだよ!!って言えちゃうくらいには良かったですね。







もう1つ、私が一番面白かったと思うシーンは、

光子郎の烏龍茶のうんちく。

みんなでお弁当を食べているときに、

1人モチモンに延々と語り続けるのが、本当に好きなんだなって。

モチモンに「光子郎はんが好きなのはようわかりましたわ」

と言われてやめたかと思えば、次の瞬間にまた語り始めるところでもう限界でした。



これくらいでしょうか。

あとは不満です。残念ながら。





Sponsored Link





見たいものを見せてくれない



まずtri.全体的に言えることなんですが、

妙に感動させよう、盛大にしよう、って感じが、微妙に見えちゃいます。


私は、当時大好きだった、

デジタルワールドでどんな冒険が待っているんだろう、

このデジモンはどんな進化をするんだろう、


という期待感、ワクワクが見たかった。


なんですけど、

tri.は話を壮大にしようとしているというか、

妙にシリアスにしようとしているというか。

いや、当時は子供だったので、ストーリーはあんまり覚えてないんですけど。

でもなんというか、私の見ていたデジモンは、

もっと子供心に響く、ストレートな熱い展開だったと思います。




……まあ、

「え? スカルグレイモンなんでダメなん?

かっこよくて強いじゃん」


とか言っちゃう子供だった私が言っても、

説得力がないかもしれません。

ストーリーとか全然見てなさそうな嫌なガキですね、これ。




話が雑



記憶を失ってギクシャク

ってのが、デジモンで見たいものじゃないです。

が、大きな問題だけあって、

子供たち、特に空がどうしていくのかは気になりました。

さぞ、凝った話が見られるのだろうと。





どうするのかな~と思ってたら、

身代わりになって助けただけで和解して、究極進化までしちゃうわけです。



えええ……。

それ、マイナスがゼロになっただけですよ……。

しかも、リブート前にそれぞれの課題を乗り越えて究極進化した、

ゴマモンやパルモン、テントモンたちと、重みが違いすぎる
のでは……。

と思ってたら、

テントモンやパタモンたちも普通に究極進化し始めます。


もはや賑やかしのために進化したとしか思えません。



そんなに簡単に、リブート前でもできなかった究極進化していいんですか。

もしかして今後の展開に関係があるんでしょうか。

実はバックアップが残っていて、とか。

それでも唐突でちょっとなあ、と思います。





極めつけは、ホウオウモンになったあとの空の扱い。

ホウオウモンの背中に空が乗ったまま、飛んで戦うわけですけど、

ホウオウモンの攻撃の勢いで、空が落ちちゃうんですね。

けっこうな高さから落ちて、それを丈がキャッチして、事なきを得ます。



……いやいやいや!

パートナーとの絆がテーマなんですよね?

絆が今芽生えたんですよね!?



だったら最初に地上に下ろしてあげなさいよ!

助ける素振りすら見せなかったよ!





itunesでレンタルして見てたんですけど、

思わずシークバーを戻して確認するレベルでびっくりしました。





空が苦手



まああと、私が空のことを嫌いなのが、

つまらないと感じた一つの理由
でしょうか。

理屈が通じなさすぎます。


空「なんで怒ってるのかわからないくせに」

太一・ヤマト「なんで怒ってんだ?」

「私にもわかんない」

太一・ヤマト「めんどくせぇ」


私「めんどくせぇ」

これ、ただのヒステリーではないでしょうか。


なんで怒ってるのかわかんないくせに、

私のことなんて誰もわかってくれない、なんて言ったかと思えば、

ピヨモンと和解した途端、

「それならもういいの」とか言い始める始末。



ストーリーのために無理やり怒ってるだけか、

ただ機嫌が悪いのを当たり散らしただけに見えます。



進化バンク長すぎ



進化時の演出は作画が気合入っててかっこいいんですが、いかんせん長い。

デジモンには必須の演出なのは分かりますが、

成熟期→成長期→完全体→究極体

の3回の進化をいちいちやられるとさすがに長いです。

1回の演出でたっぷり30秒くらい使ってます。

しかもピヨモン、テントモン、パタモンと、計9回。




尺を稼いでいるのかと疑いたくなるくらい長かったです。

テレビのときみたいに、

早送りかワープ進化でいいと思うんですが。



みんなの感想!






























5章



見てきました。

デジモンアドベンチャーtri.第5章「共生」を見た感想(ネタバレあり)

Sponsored Link

コメント

  • 陰気乙

    by 匿名 €2017年2月28日 9:05 AM

  • 劇場で視聴しました。

    正直自分も今回は一番ひどかったように思えます…
    周囲の客は完全に進化のシーンで感動しきって「良かった」「最高だった」と口々にしていましたが、自分はどうにも腑に落ちない感じでした… 
    たしかに進化シーンはテンション上がるんですけどね。でも冷静に考えれば不満点のほうが多い…

    自分も空が落ちた時丈が受け止めてる向こうでホウオウモンが戦いを続行しているのを見て、思わず劇場なのに「えっ?」っと声が出てしまいました…
    あんだけ予告で空とピヨモンをピックアップしていて、満を持して進化した直後にこれかよと…
    TV無印なら絶対落とさないか、振り落とされてもキャッチするだろうと思いました。

    パタモンは02の映画のときにサラッと究極体になっていますし、天使組はチートだから…

    今回の4章でようやく姫川が何のために行動していたのかわかってきましたし、
    4章を見るまでは「ホメオスタシス=イグドラシル」だと思ってもいたのでそれが違うこともわかってきたので←ややこしくなっただけ…?

    アグモン&ガブモンの進化のときは「ぼくらのウォーゲーム」の逆みたいな演出だったのであそこだけは良かったなと思いました。

    次のオファニモンがどうみてもフォールダウンモードだったので「共生」のタイトルにしては不穏な雰囲気がヤバイというか、あと2章なのにこれ以上ごちゃついたらまとめ上げられるのかとも不安になります。


    たしかにTV版の「デジモンアドベンチャー」を今見返せば子供アニメ向けで色々とご都合主義だとか若干辻褄が合ってないようなところはあります。
    だけど「デジモンアドベンチャーtri.」は成長して高校生、観にきている層もほとんどがアラサーから30代前半ばかり…
    もっとこだわりを持って、成長と絆と物語を描いてほしいのが正直な気持ちです。
    本当に制作チームや監督はちゃんと「デジモンアドベンチャー」を見て作っているかという疑問すら生まれてきました。

    自分にはButter-Flyとbrave heartを流して進化シーン見せれば盛り上がるだろ?と言われているような感じがします。
    確かに盛り上がりますし、「周りの声は進化シーン良かった」との声が多いです。

    ですが求めているのはそうじゃない!
    これでは絶対に後に残るような作品にならない。デジモンはtri.が終われば終了するコンテンツになるかもしれないという危機感さえ感じています。

    デジモンが好きだから声を大にして言いたい。劇場版作品制作決定のときの喜びをさらに越えて盛り上げてほしい…!

    長文失礼しました…。

    by 匿名 €2017年3月6日 11:24 PM

  • まぁライダー映画とかでも、話が滅茶苦茶なのに歴代ライダー勢ぞろいってシーンだけで「上がる」「燃える」って層はいるし、デジモンの進化シーンも似たような物なのかな
    その人達にとっては「アイツらにまた会いたい」って欲求が一番強くて、それは満たされてるわけだし「乗れないお前が悪い」「もっと素直に楽しめよ」とか押し付けてこなければ、それも一つの楽しみ方として良いと思う

    by 匿名 €2017年3月12日 5:58 PM

  • しかしリブートという設定があったのに、何故こんな簡単に進化させてしまったんでしょうね
    別にみんな究極体にしなくてもあの二体なら倒せたでしょうし、それが仮に無理ならもっと弱い敵にすれば良かったのではないでしょうか
    脚本も何もかも適当で整合性が取れてなくて、今回は脳内補正が間に合いませんでした
    今までの物語の中での積み重ねは何だったのかと
    こんなくだらないご都合主義の話で簡単に過去の自分達を超えて過去最強戦力になっちゃいましたからね

    by 匿名 €2017年3月19日 12:41 AM

  • 誰も突っ込んでないけど「ダークマターズ」って誤字してますよ。「ダークマスターズ」だったはずですよ。

    by 匿名 €2017年3月24日 12:28 PM

  • 面白かった点、不満点ほぼ同じでワロタ

    by 匿名 €2017年4月4日 2:10 AM

  • ワープ進化がいかに良い発想だったかがよく分かる映画だった

    by 匿名 €2017年4月17日 12:03 AM



down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック