マンガアニメを斬る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化、実写化した作品のネタバレや感想をお届け!新刊や新連載のwiki代わりになりたい!OPやEDやBGMにキャラソン等のCDやDVDの情報も扱います!

2018年09号ジャンプ感想(【青春!!サナエの大冒険】内藤裕紀先生の読切掲載号)

time 2018/01/30

2018年09号ジャンプ感想(【青春!!サナエの大冒険】内藤裕紀先生の読切掲載号)

今週の表紙は【約束のネバーランド】でした。
なんでこんなに節分押しなんだろう?と疑問に思ってたけど、考えてみりゃ、敵は鬼だったわな。
エマの敵って鬼っていうより、エイリアンっぽい見た目だから、ついそのことを忘れがち。


Sponsored Link




【約束のネバーランド】72話感想:ちょっとずつ露出が増えてきた新しいママ


最近ちょくちょく、新しいママの後ろ姿が見えてまいりました。


(C)白井カイウ・出水ぽすか


ミネルヴァ(ジェイムズ・ラートリー)によると、”道”はGF農園にあるみたいですし、思ったより早く、GFに戻るのかもしれませんね。
GFの様子をチラチラ見せてたのは、GFを読者に忘れさせないようにしていた意味もあったと。
無駄のない表現ですね。素晴らしい。


七つの壁とはなんなのか?とか、ミネルヴァを裏切ったのはどんな人間なのか?とかは、どうせつばさが考えてくれるんで、ゆっくり待ちます。


→約束のネバーランド考察サイト








【ONE PIECE】892話感想:意外と優しいオーブン様


オーブンがカカオ島で、鏡を一つに絞ったのはお見事。
盲目的にカタクリを信じないで、モンドールの忠告を素直にきいたのがいいですね。
油断のない、強者っぽさが出てて好きです。



(C)尾田栄一郎


何より、『鏡を割りたくないなら海に沈めればいい!』というのは、地味に嬉しい気遣い。
海に沈めたら、ルフィは出てこれないもんね。
柔軟な発想と優しい気遣いがナイスです。


【BOZEBEATS】3話感想:文字が多い


最初っからすごい。


(C)平野稜二


いきなりそんなにたくさん言われても分かんねぇよ!!


頼むから、文字の説明よりも、動きで話を見せてくれないだろうか。
せっかく、滅茶苦茶絵はきれいなんだからさ。
かっこいいポーズとか、かっこいい武器ばっかりじゃなく、キャラクターの動いてる所を絵で見たいです。


因みに、1話、2話と同じく、詰め込みグセは変わっていません。
今回出てきた要素は


・魂喰という現象の説明
・百鬼夜行
・東京タワー(スカイツリーじゃないよね?)に龍が封印されている
・環は龍にシンパシーを感じている
・輪入道があらわれた!
・銃が弱い
・直接ぶん殴る!(2話であった巨大な魂設定はどこへ)
・BOZE渋谷支部登場
・いいじゃん東京!いいじゃんBOZE!


すごいです。
もう3話なのに、未だにこの漫画がどんな漫画なのかさっぱりわかりません。

環が自分が何者なのかを見つける話なのか?
環が周りの奴らをぶちのめし、超えていく話なのか?
魑魅を倒す話なのか?
さっぱりでございます。

『いいじゃん東京!』とか言ってる場合じゃないよ。
完全に主旨を見失っているよ。

こんな調子で、これからどうするつもりだろうか。


Sponsored Link



【ハンターハンター】371話感想:久しぶりすぎてなんだかよくわからん


久しぶりのハンターということで、かなりワクワクしながら読み進めました。

色々設定が明かされたり、旅団が見れたりと面白かったんですけど、前の話をよく覚えてないので、正直ビミョー。
面白かったは面白かったけど、期待よりはイマイチというか。

前のジャンプを読み返してからかなぁ。


【ブラック・クローバー】142話感想:なんだか複雑になってきた


私はブラック・クローバーは小学生向けの漫画だと思っているので、読む時はテンションを小学生にして読んでるんですが、そういう目でみると今週はちょっと難しかったですね。
ウィリアム=リヒトってのはびっくりだけど、ちょっと唐突というか。

「えー!?」って驚きより、「…………だれ?」って感じ。

もうちょっと前もって、白夜の魔眼の頭首は誰なんだ!?とか、前フリをしといたほうが良かった気はします。


【鬼滅の刃】95話感想:禰豆子かわいい


善逸が泣き叫んでるのを見て、ああやっぱりあの時のかっこいいセリフは全部無意識の寝言だったんだ。そうだったとは思っていたけどちょっと残念というか、善逸の株があがらないなぁ、残念だなぁとか思ってたんですけど、そんなことより禰豆子が可愛い。






(C)吾峠呼世晴



え、めっちゃ可愛くない?天使かよ。
これと同一人物とは思えない。



(C)吾峠呼世晴



【ハイキュー!!】287話;皆かっこよすぎない?


ちょっと今週、みんなしてカッコよすぎて、どこから喋っていいのかわからないよ。


まず大地さん。
宮のサーブを取れなかったものの、落ち着いて失敗したことを受け止め、次に行くっていう表情が大人すぎる。


(C)古舘春一


そのあと宮のサーブを止めたのもカッコイイんだけど、それよりも、失敗しても心が折れない所が一番かっこいい。



で、次に影山くん。
負けん気の強さから、ギリギリのところでボールを日向に上げることに成功しました。
その負けん気の強さ、男の子らしさにグッときました。



(C)古舘春一



で、最後に月島と日向。


(C)古舘春一



自分の実力を冷静に把握して、相手の球を誘導する月島。
その月島の信頼(?)に応え、きっちり球を受ける日向。

最高だな、お前ら。


Sponsored Link



【斉木楠雄のΨ難】275話感想:色々なつかしい


覚えてるキャラ、覚えてないキャラ、いっぱい出てきて楽しかったです。
ストリートミュージシャンは、流石に覚えてなかったわ……。



【アクタージュ】2話感想:1話ほどの感動は覚えず


1話で完全に惚れ込んだので、2話もすっごく楽しみでした。

結果として、1話ほど面白く感じなかった、ってのが正直なところです。


これは、私の期待していたものと、マツキタツヤ先生達が描きたいものがずれてたせいですね。

私は1話を見て、この漫画は夜凪を中心に描いていくと思ったんですよ。
夜凪は周りの人間に色々悪口を言われるけど、それを実力で黙らせる……そんな漫画を期待してたんです。

ただ、どうやら2話を見る限り、この漫画は夜凪だけでなく、墨字も主人公ポジションみたいです。
アクタージュは、『業界では爪弾きものの映画監督が、天才役者の原石に出会う話』でもあるみたいです。

1話の中心が夜凪なら、2話の中心は明らかに墨字となっています。
言ってしまえば、ダブル主人公状態で話が進んでいるみたいです。


(C)マツキタツヤ/宇佐崎しろ


これはこれで面白いんですけど、上手にバランスが取れるのか、凄く心配になります。

バランスが取れるかどうかっていうのは、『片方のキャラを目立たせるために、片方のキャラが崩壊しないか』ってことです。
実際、今回の墨字と夜凪のやり取りは、私には違和感がありました。



(C)マツキタツヤ/宇佐崎しろ


夜凪って、こんなに感情豊かな子なんだろうか?
流石に1話しか見てないので確信は無いんですが、夜凪はもう少し感情が無いというか、『自発的な感情には乏しい人間』だと思ってたので、少し意外です。

もちろん、まだ2話しか見てませんから、これだけでキャラがブレてるとか言うつもりはありません。
ああ、こういう子だったんだ、と私が認識を改めるだけです。

でも、この先、キャラがブレずに2人を立たせることが出来るのか、ちょっと心配ですね。


最近のジャンプで女主人公と男主人公を上手く立たせた漫画と言えば、『めだかボックス』ですけど、あれは創作者としてベテランとも言っていい西尾維新先生だからこそ出来たことですからね。
新人のマツキタツヤ先生にもこの綱を渡れるのか、不安を感じるというのが正直なところです。





【ぼくたちは勉強ができない】48話感想:イルカ??


小美波先輩かわいいなぁ、とニヤニヤして見てたら、イルカの登場で一気に冷めました。



(C)筒井大志


つ、筒井先生!!
流石に無理があるよ!!
いくらニセコイのスピンオフを描いてるからって、無理やり話を転がす所まで真似しなくていいから!!

こんな無理やり桐須先生を出されても、素直に喜べないよ……。

Sponsored Link



【僕のヒーローアカデミア】168話感想:親近感がなさすぎる


ごめんなさい。
青山くんのことを知らなさすぎて、全く楽しめませんでした。

ほんの少しでいいから、青山くんがどんな人なのかおさらいしてから読みたかった。

こーいうのはネギまが上手いんですよね。
新しいクラスメイトに触れるときは、改めてどんな人なのか紹介があってから話に入ってた。





【食戟のソーマ】248話感想:一色先輩がんばれー


一色先輩は相変わらず良いことを仰る。


(C)附田祐斗/佐伯俊/森崎友紀


ただ、この後、司に負けることはほぼ決定なわけで。
ということは、この考え方はこの後、否定されるわけで。

結構、世界の真理を突いたと思える言葉だけに、どう否定してくるのか、逆に楽しみになってきました。


【青春!!サナエの大冒険】感想:内藤裕紀先生の読切


率直に言って、面白かったです。
ギャグ漫画らしく、一コマ一コマにギャグが濃密に入ってましたし、運命を察する人形、というアイデアも良かったです。
大爆笑するような内容ではなかったですが、ちょっとひねったギャグが多くて好みです。

事故を人形が予知したところで『クルマもないのに?』と言いながら、次の瞬間轢かれるのもどうかと思いますが、細かいところは『ギャグだから』で済ませられるし、むしろツッコミがいがあって面白い、とも言えそうです。



(C)内藤裕紀


このままギャグ漫画を描いてくれるなら、それも読みたいですけど、この雰囲気なら、ストーリー漫画もイケそうですよね。
次回作を楽しみにしています。


【火ノ丸相撲】178話感想:納得しました


前回から、あっさり右手が使えないことを明らかにしたり、今回で必殺技を見せたりしましたが、このコマで納得しました。


(C)川田


なるほど。
火ノ丸にとって今の状態は決して理想的な状態ではなく、むしろ乗り越えるべき課題なんですね。
火ノ丸自身、まだ気づいていないようですが、今のままでは決して刃皇には勝てないと。

そもそも火ノ丸相撲ってのは、『自分の理想VS現実』ってのがテーマなわけで、今の火ノ丸って現実に負けてる状態ですよね。
『腕が使えない→しょうがないからテクニックに頼る』っていう逃げの状態なわけです。

私なんかはそれは逃げじゃなくて、立派な戦い方だと思いますけど、火ノ丸相撲の世界観にはあわないよね。
はたして、火ノ丸は、いつこの事に気づき、いつ横綱相撲を身につけるのか?

俄然、楽しみになってきました。


【ゆらぎ荘の幽奈さん】96話感想:今のところ何とも言えない


今回の話だけ見ると、全く面白くないというか、感動する所がなかったです。

表紙やタイトル(朧さん、とまどう)から察するに、今回は朧がメインのお話のようですが、今のところ玄士郎が騒いでるだけだからね。

久しぶりに復活した男が、いきなりやってきて女の子脱がしてるだけだからね。

最近の話を見るに、『コガラシが好きじゃない女の子も続々とコガラシが好きになっていくよ』シリーズのようなので、おそらく、今回は朧のコガラシへの思いが変わっていくんだ思われます。



(C)ミウラタダヒロ



玄士郎の行動により、朧がどう変化するのか?
次回を見ないと、感想の言いようがありません。




【青春兵器ナンバーワン】62話感想:取り返しの付かない雰囲気に


ヤバイ!ヤバイって!
人気投票で一話使わずに、スッゲー話を詰め込んでるって!
これは、おそらく打ち切りが決まってますねー……。

長谷川先生の話は本当に好きなんですけど、やっぱりアンケートを取るのは難しいよなー……。
残念。


(C)長谷川智広


あ、ゴルゴンは懐かしくて良かったです。
キューピッドも大好きだったよ。





【ROBOT×LASERBEAM】42話感想:アンタ誰




(C)藤巻忠俊


最近おもうんですけど、ロボの個性が、完全に能力だけになっちゃってる気がします。
こんな熱い台詞、ロボじゃないよ。どっちかって言うと黒子だよ。
人間の心を理解しないロボはどこいったんだよ。

ROBOT×LASERBEAMじゃなくて、HUMAN×LASERBEAMだよ。


藤巻先生…………今回のロボの台詞こそ、『誰でも言うような台詞』に見えて仕方がありません……。
せめて、普段はクールな台詞を喋らせてやってください……。


Sponsored Link



【フルドライブ】13話感想:カッコイイ所意外がおざなりに


相変わらず、『意思』がぶつかる台詞が熱くてカッコイイです。



(C)小野玄暉


これですよ。
この熱い台詞こそ、小野先生の魅力ですよ。
グッときます。素晴らしい。


一方で、それ意外の所がテキトーになってきました。



(C)小野玄暉



ナンデヤネン Σ\(゚ロ゚ )

入ったばかりの一年生っすよ!?
いくらなんでも無茶がすぎるよ!

完全に、展開(ストーリー)を優先させて、キャラに台詞を喋らせてる状態です。
こうなっちゃうと、漫画って急につまんなくなるんですよね。


こうやってみると、やっぱり商業誌は難しいですね。
同人誌レベル、個人サイトレベルなら、自分の面白いところ、シーンだけ描いてればいいですけど、少年ジャンプで連載するとなると、自分の描きたい所以外にも気を配らなきゃいけない。

理想は、全てのコマが自分の描きたいコマであるべきなんでしょうけど、難しいよねぇ。


ベスト3と打ち切りレース


ベスト3


1位、ハイキュー(ゾクゾクするシーン多し)

2位、ハンターハンター(大筋わかってないんだけど、部分だけで面白い)

3位、アクタージュ(なんだかんだ言って、夜凪の演技が周りを圧倒する所が良かったです)


打ち切りレース


1位、青春兵器ナンバーワン(展開的にほぼ確定)

2位、ゴーレムハーツ(面白さ的にほぼ確定)

3位、フルドライブ(光る所はあるけど、現実は厳しい)


おまけ 最近読んだ面白い漫画シリーズ


これから毎週、最近呼んだ面白い漫画を紹介しようかな、と。
面白かったものを紹介したいんだけど、記事にするには面倒なんで、ここのスペースを使うことにしました。


最近読んで面白かった漫画は、【不能犯】です。





主人公は殺し屋的存在で、人間のクズを殺していくんですけど、絶対に直接手を下すことはありません。
全て暗示――催眠術のようなもので、自ら死ぬようにしむけるのです。

一風変わったサスペンスが好きなら、一度読んでみてください。


Sponsored Link





2017年ジャンプ感想一覧

→2017年上半期のジャンプ打ち切り作品をまとめて、考察してみた

→2018年01号ジャンプ感想(【近未来杯】結果発表号)

→2018年02・03合併号ジャンプ感想(西尾維新/河下水希読切【パートスリーズ】&クリスマス特別番外編掲載号)

→2018年04・05合併号ジャンプ感想(ONE PIECEショート!掲載号)

→2018年06号ジャンプ感想(古味直志先生【eの原点】&新年ショートギャグフェスタ掲載号)

→2018年07号ジャンプ感想(【BOZEBEATS】(ボウズビーツ)連載開始&クロスアカウント打ち切り号)

→2018年08号ジャンプ感想(【アクタージュact-age】マツキタツヤ原作、宇佐崎しろ漫画 連載開始号)





「漫画は読みたいけど定価は高い」

「古本で済ませてるけど、新刊も安く読みたい」

「気になったとこだけ気軽に読みたい」


そんなあなたのために、安く漫画を読む方法を紹介します!

安くたくさんの漫画を読む方法!





down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック