リコリス・リコイルの小説「Ordinary days」のあらすじと感想!ノベライズでも千束とたきなが尊い!(ネタバレ注意)【リコリコ】

今回は、リコリス・リコイルの小説版「Ordinary days」について!

シリアスになってきた本編では描ききれなかったであろう、
リコリコのみんながイキイキしてる日常風景が見れて、
めっちゃ良い短編集でした!
なので、各エピソードのあらすじや感想について、語っていきます。

一部ネタバレを含んでしまうので、
苦手な方はこちらで読んでからご覧ください。
リコリス・リコイル Ordinary days
(電子書籍なので、売り切れとかもないです)






リコリス・リコイル Ordinary days 全体への感想(ネタバレなし)


まず一言で全体の感想を言うと、
「こういうのが見たかった!」
って感じのノベライズ。

ファンコンテンツとしては満点じゃないでしょうか。

本編では描ききれない、
キャラの内心やリコリス周りの設定
とかが明かされていくのが面白いし、
アサウラ先生ならではの銃撃戦描写は死ぬほどかっこいい!

その上……ちさたきがてぇてぇすぎるんよ。
映像と声付きでイチャつくアニメもヤバいですが、
小説はこう、互いに内面で感じる生々しい感情を感じられて大変よきだし、
いみぎむる先生の挿絵が最高に愛らしいんですよ……!

リコリコに求めてるものが、
かなり濃いめに凝縮されてるラノベ
って感じなので、
アニメでドハマリしてる人は絶対読むべきだと思います。

売り切れでまだ買えてないよ、って方はこちらでどうぞ。
リコリス・リコイル Ordinary days


それではここから、各エピソードについてあらすじと、個人的な感想をひたすら語っていきます。




リコリス・リコイル Ordinaryのあらすじと感想!(ネタバレ注意)


それでは、各エピソードのあらすじと感想を語っていきます。

第1話「閉じ行く人生にスイーツを」のあらすじ・感想


喫茶リコリコに訪れた、初老の男、土井さん。
セミリタイア状態の彼は、いつも辛気臭い顔をしていた。

そんな彼を、たきなはずっと気にかけている様子で……?
色恋の予感を感じ取った千束は、おせっかいを発動する――!

感想

というわけで、こんな感じでリコリコに訪れたお客さんとの絡みを中心に、
リコリコのみんなの日常が描かれていきます。

キャラのモノローグや、
お客さんを通してリコリコのみんなの印象が語られる
っていうのが、なかなか新鮮です。

特に好きなのは、遅刻する千束。
下着の上下がバラバラにしか見つからなくて探し回るの、
解釈一致すぎて鮮明にイメージできるし、
映画見まくって徹夜した上、
凝った朝食作っちゃうのとか、
遅刻する理由が役満すぎる。
彼女の生活感の解像度が一気に上がった感じがめっちゃよかった。

あと、客から見たミカの描写がやったら艶っぽい
(しかももれなく男性客からの評価が)の笑っちゃうんだよな。

『大きいのに繊細に指先はどこかしらセクシーですらある』、とか、
28歳の男性客のモノローグとは思えなすぎる。
『自分が女だったら、彼の笑みにやられてたかもしれない』
とか55のオッサンが思っちゃったりするのもズルい。
どちらもやたら説得力あるし、正直わかるけども。

あと彼に対してストーカーが出たこともあるとか、
罪な男すぎるでしょ先生……。
そんなふうに、キャラの魅力がめちゃくちゃ感じ取れる描写だけでも、見る価値ありです。

で、ストーリーとしては、土井さんを気にかけるたきなを見て、
千束が彼女の恋を応援しようとおせっかいを焼きまくる話。
まあ、当然勘違いなんですけど、それにしたって、
たきなの容赦の無さがクッソ面白い。

「土井さん?嫌いです。
客単価低い上に、お店の雰囲気悪くするじゃないですか」
ってアンタ。根がどこまでも効率厨で面白い。
「土井さんのこと男として見てたんじゃないの?」に対し、
「え?女性なんですか?」はこれ読んでて一番笑っちゃいましたね。
こういうリコリコらしい会話劇みたいなのも、
ふんだんに描かれてて最高でした。

あとは、人生の目標を失って、
虚しい人生を送っていた土井さんに対する、ミカの言葉が切ない。
人生は残り少ないと思えば、大人しくなんてしてられませんよ、って。
千束の心臓のこと知ってるとあまりにしんどい描写で、「ウッ」ってなります。
この切ない感じと、それでも前を向いてく感じがリコリコらしくて、
めちゃめちゃいいノベライズだな……と、この時点で感じましたね。


第2話「ガンファイトとコーヒーと千束の赤いアレ」のあらすじ・感想


薬物を売買する「アジア人」と、用心棒「ブルドッグ」。
彼らを千束とたきなが制圧するエピソード。

フルオートのマシンガンと、鉄壁の防御装備をしているブルドッグを、
千束とたきなはいかにして破るのか――!?

感想

で、2話は打って変わって、ガッチガチの銃撃戦パートです。
アサウラ先生による濃厚すぎる描写
が詰め込まれてて、あまりによかった。

千束つえー……って眺めるしかないアニメと違って、
立ち回りとか思考が言語化されてて、
合理的なのが面白いんですよね。

それゆえに、千束の化け物っぷりが改めて思い知らされました。
75連式のマシンガンの残弾数を数えてたり、
リロードのタイミングを狙って攻め込んだりとか、
指や防具の狭間を狙って戦うなど、
単純なスペック以外でもめっちゃ優秀で、
バトル物としての面白さにしびれました。最高。

あと、リコリスの靴には鉄が仕込まれてるとか、
エアバッグ付きリュックの仕組みとか、
明かされてなかったフキのゴキブリ戦闘スタイルとか、
アニメでは描ききれない設定とかも詰め込まれてたのもよかったですね。





第3話「Takina’s cooking」のあらすじ・感想


喫茶リコリコのまかないは当番制。
しかし、たきなが担当の日は、みんながげんなりした表情を見せていて……?

感想

そして、3話はリコリコの生活事情が描かれるエピソード。
みんなが作る料理が解釈一致すぎるんよな。

ミカ→安定のおいしい食事
千束→エンジョイ系。エンタメ寄り
ミズキ→酒のあて
クルミ→冷凍食品か駄菓子

で、たきなはくっそ時間かけて凝ったもの作ったり、
それを注意されたらプロテインで済ませようとするなど、
トランクスのときのような極端さを見せます。

で、文句たらたらのみんなに対して、
たきながめちゃくちゃ拗ねちゃうんですよね。
でも、千束がなだめようとすると、ちゃんと聞き入れるのがよき。
「あの噴水の前のときのように、知らないことを教えてくれるかもしれない」


アニメ3話より

って、3話のメリーゴーランドがめっっっっちゃ彼女の心に残ってるっていうのが、エモ。よき。

それだけで十分に悶えたんですけど、
そのあとさらなるてぇてぇが襲ってきてヤバかった。
卵焼き(スクランブルエッグみたいな)とか、
ピラミッド型おにぎりとか、ぶきっちょな失敗して落ち込むたきなに、


リコリス・リコイル Ordinary daysより
(C)アサウラ・いみぎむる・SpiderLily


「すっごくおいしいよ」って千束が微笑むんですよ。
ほっぺに米粒つけて夢中で食べてる感じがね、本心すぎてヤバい。
それを見て、「初めての感情知ってしまった」なたきなもヤバい。
ガチでときめいちゃってるたきながクッソかわいいし尊いし、
あまりにもよかった……最高……。

第4話「リコリコ・オブ・ザ・デッド」のあらすじ・感想


徹夜の張り込み任務を終え、ミズキの車で爆睡する千束とたきな。
彼女たちは、日本がゾンビパンデミックに襲われ、
二人きりで逃避行をする夢を見る――?



感想

賛否両論ありそうな、夢オチエピソード。
本人たちも「これ、夢ですよね」って言っちゃうの、新感覚すぎるでしょ。

あまりに唐突なトンデモ展開でびっくりしましたけど、
それはそれとして、めちゃくちゃてぇてぇやり取りが見れたので、
個人的にはアリ寄り。

なんたって、誰もいない世界で二人きりで生きていく……?
みたいな会話しちゃうんですよ?
究極の百合やん……。

深夜にふたりっきり、布団寄せ合って添い寝ですよ???
近くで息を感じて恥じらったり、
千束が思いっきり、たきなの髪に顔埋めたり、
うなじにキスしたりする
んですよ???


リコリス・リコイル Ordinary daysより
(C)アサウラ・いみぎむる・SpiderLily

ちょいちょいちょい、刺激が強すぎる……。
致死量のてぇてぇを感じる……!!
しかも、千束も同じ夢を見てるように示唆されてるんですけど、
「夢だからこそ千束が大胆になってる」って思うとまた……。
本編じゃ余命のことがあるから遠慮してるんだけど、
本当はこんなふうに一緒にいたいんだろうな……
って思うと、切なすぎて死ぬ。


二人きりの逃避行に、たきなもまんざらじゃないってのがヤバいし、
荒廃した世界で二人、コーヒーを飲むシーンとか、クッソエモい。
千束の告白みたいな言葉を聞いて、
動揺しまくりなたきな
は、マジで実際に読んで欲しい。
あと夢から覚めた後もてぇてぇが襲ってくるのもヤバいです。

第5話「ご注文は?」のあらすじ・感想


リコリコの常連となった女子中学生・カナ。
しかし彼女は、家庭にも学校にも居場所がなかった。

そんなある日、彼女は銃を手に入れてしまい、
自分を苦しめる人々を殺そうとするけれど――……?


感想

そして最後に、ちょっとビターめなエピソード。
イジメやクソ教師、毒親に苦しめられる女の子を助けるために、
裏から千束たちが動きます。


まず、居場所のないカナにとって、
リコリコがかけがえのない場所になっているってのが素敵すぎる。
彼女を受け入れてくれる暖かい場所なのがエモいし、
千束の人たらしっぷりが遺憾なく発揮されててよきでした。

で、憎い人たちを殺す勇気なんてなかったカナは、
自ら命を絶とうとするけれど――
千束が救いの手を差し伸べることで、彼女に助けを求めます。
千束の「おまかせあれっ♪」の安心感ヤバいし、カナに寄り添う優しさが最高すぎる……。
彼女のためにめっちゃ手を尽くしてくれる、
リコリコの面々が最高にグッとくるエピソードです。

特にたきなは、カナに手を出そうとした教師を
「殺しましょう」とサクッと撃とうとしたり、
カナが撃ちそうになったら、
「私が撃ったことにすればお咎めなしですよね」と言ってみたり、
相変わらずやり方が極端で笑っちゃう。
でも本質はやっぱり、
相手の気持ちや無事を思っての行動だっていうのがいいんですよね……。


といった感じで、
千束たちの魅力が詰まりまくってるし、
重厚でかっこいい銃撃戦や、
本編以上にイチャつくちさたきが、
あまりにも最高の短編集でした……!


リコリス・リコイルの小説版を半額で読むなら


リコリコの小説版「Ordinary days」を読むなら、ebookjapanというサイトがオススメ。
初回は半額クーポンがもらえるので、安くノベライズ版が読めます。

Ordinary daysを今すぐ半額で読む

発売直後の現在は、紙版は売り切れが多いんですけど、
電子書籍なら売り切れがないのでぜひ。


リコリス・リコイルを無料で見直すなら


改めてリコリコを見返すならU-NEXTがオススメ。

31日間無料で試せて、最新話の1つ前のエピソードまでが全話見れます。

U-NEXT

本来なら月額2189円(税込み)なんですが、無料期間中にやめればお金はかかりません。やめても買った本が読めなくなることもないのでご安心を。


(配信情報は2022年9月時点のものです。変更となっている可能性があるので、U-NEXTでご確認の上ご登録ください。)







まとめ


リコリス・リコイル Ordinary daysのあらすじと感想でした!
リコリコの面白さが全部詰まってて、ファンは絶対読むべき一冊だと思います!
特に百合好きはね、
本編に勝るとも劣らない尊さとイチャつき
を摂取できるので、ぜひ……!

Ordinary daysを今すぐ読みたい方は、こちらからどうぞ。
初回は半額クーポンがもらえますし、
電子なので売り切れがないです。
リコリコ小説版を今すぐ半額で読む


リコリコを見返したい方は、U-NEXTの31日無料体験でどうぞ!

U-NEXTで今すぐリコリコを見直す






リコリス・リコイルの記事


リコリス・リコイル(リコリコ)の2期はある?アニメ13話の続き・続編の放送はいつ?

【リコリコ】錦木千束(ちさと)がかわいい!心臓や能力、最後は死亡するのか解説!(ネタバレ注意)【リコリス・リコイル】

【リコリコ】井ノ上たきながかわいい!「さかなー!」やトランクス・じゃんけんなどの名シーンまとめ!【リコリス・リコイル】

リコリス・リコイルの百合・恋愛シーンまとめ!千束とたきな(ちさたき)の尊い・かわいいシーンまとめ!(ネタバレ注意)【リコリコ】

created by Rinker
アニプレックス
¥6,783 (2022/09/30 21:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥737 (2022/09/30 22:12:52時点 Amazon調べ-詳細)