マンガアニメをオタクが語る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト

マンガやアニメやゲームに加え、ドラマ化や映画化した作品のネタバレや感想、最終回や結末をお届け!表紙や特典、発売日、恋愛要素や相関図、百合の情報も扱います!かっこいい、かわいいシーンの画像もまとめます!

【22/7】滝川みうがかわいい!魅力や性格・かっこいい名言・ニコル・桜との関係・プロフィールやポジションまとめ!

time 2020/01/02

【22/7】滝川みうがかわいい!魅力や性格・かっこいい名言・ニコル・桜との関係・プロフィールやポジションまとめ!

今回は22/7のメンバーで、アニメの主人公、滝川みうのかわいいところについてご紹介します。

めっちゃ可愛いんですが、22/7自体の情報がマジで少ないのでまとめていこうと思います。





この記事では、滝川みうの基本的なプロフィールや性格・声優に、アニメや22/7計算中(バラエティ番組)でのかわいいシーンや魅力、かっこいい名言などをご紹介していきます!







【22/7】滝川みうがかわいい!魅力やプロフィール!【ナナニジ】




「炭酸水には、いくつの泡があるんだろう。数えたことがあるんだ。言いたいことが言えない時って、そういう気持ちじゃない?」


まず、滝川みうのプロフィールがこちら。




人と話すのがちょっと苦手な内気なアイドル

名前:滝川みう(たきがわ みう)
年齢:16歳
誕生日:3月14日
出身地:埼玉県
血液型:AB型
座右の銘:特になし。
好きな食べ物:ツナ・菓子
苦手なもの:自分・人間
家族構成:妹がいる
コンセプト:オタク・無
メンバーカラー:ホワイト
キャラクターデザイン:堀口悠紀子(らきすた・けいおん・たまこまーけっとなどのキャラデザ担当)
CV(声優):西條和
SNS:Twitter/YouTube



滝川みうは、ガチで内気・口下手な女の子。ステージ以外では前髪で目が隠れる髪型。



どれくらい内気かと言えば、世界一無口なVTtuberを自称するほど。実際自己紹介動画はスタッフの手助けがなければ完全に虚無と言っていいレベルの喋らなさ。加えて天然。





質問に答えているとおり、趣味は石鹸を切る、スポンジを擦り合わせるなどのASMR動画。


(こういうやつ。ちょっとわかる。気持ちいい)


めちゃくちゃ人が苦手で、動物も駄目。

普段は下を向いて歩いているので、落とし物をよく見つけるという筋金入りです。

Youtubeの動画でも、ゲーム実況なのに無言で立ち尽くしてしまう、圧倒的にセンスがない挙動を見せるなど守ってあげたい系。





バレンタインの告白動画では、口数が少ないながらも、だからこそ破壊力の高い告白を見せてくれました。これはヤバい。




その他、コミュ障エピソードは22/7計算中で大量に披露されるので、後で詳しくまとめていきます。


【22/7】滝川みうの声優は西條和!中の人も同じく無口【ナナニジ】



出身地:兵庫県
誕生日:7月25日
血液型:B型
星座:しし座
趣味:石けんを切っている動画をみること・スポンジを握る動画を見ること
特技:季節、時間の匂いの嗅ぎ分け
ひとこと:無口な関西人です。なにもできませんが自分を変えれるように全力で頑張ります。見ていてくれたら嬉しいです。



声優さんは西條和(さいじょう なごみ)さん。

中の人も変わらず無口で人見知りな模様。

メンバーとは二人きりなら話すけど、大人数になると話せないとか、まだ写真撮影や人前に出ることも苦手。

みうが目立つポジションになったときに、「どうしよう」と不安に思ったようですが、

みうも同じ気持ちなんだ、と思うことで頑張ることができたというエピソードもあって、かなりみうに近い声優さんだなと思います!

エンタメステーションのインタビューより)。








【22/7】滝川みうのアニメでのかわいいところ・名言まとめ!【ナナニジ】


それでは、滝川みうのかわいいところについて、アニメのエピソードをもとにご紹介してきます。


アニメ1話:「一番やりたくないことを、しに来ました」





身体の弱い母と、妹の”はる”との3人家族。

学校に通いながら、働けない母の代わりにバイトに勤しみ、料理や洗濯をこなしていた。




――ここが、私の居場所。

そう信じて、家族を支え続けてきた。大好きで、家族に聞いてほしかったピアノも我慢して。


しかし、サービスエリアの店長から、クビを言い渡された。




「協調性がない」「笑顔がなくて愛想が悪い」。

それはみうにとって苦手なことだ。嘘が嫌いで、自分を偽ることが嫌いなみうには、できていないことだった。

「仕事は雪かきと同じだ。嫌なことまでやって初めて、お金がもらえる」

その店長の言葉が、ずっとみうには引っかかっていた。


――そんなとき。GIPからアイドルとしてデビューするようにとオファーが届く。

「やりたくないので」と一度は断った。

でも……このままだと、自分の大切な家族さえ、守ることが出来ない。だから。



「お待ちしておりました」合田が言う。


「あなたのために来たわけじゃない!」

「大人なんか嫌い……! 選別、指令、指示、強制……みんな勝手でだいっきらい。

アイドルだって同じ! 面白くもないのに笑って、フリフリの衣装着て、お客の前でお尻振って……馬鹿みたい!」



「じゃあ、あなたは何故ここに?」


みうは、目を見開いて叫ぶ。

「一番、やりたくないことをしにきました」




「やりたくないことをしなきゃ大人になれないっていうのなら、大切なものを守れないっていうのなら!

世界一のアイドルにだって、何にだってなってやる!!」


――その叫びに呼応して、「壁」は22/7のメンバーが揃ったことを歓迎するのだった……!


家族を守るためにアイドルになることを決意した苦学生。

1話ラストの決意がめっちゃかっこいい。

絶対にやりたくなかったことに、どうやって挑戦して、乗り越えていくのか……。頑張る姿に期待。


ちなみに、OPの映像や冒頭を見るに、今後はちゃんと仲良くなっていく感じでしょうか。良い。





(おててつないでる。あら^~)



アニメ2話:桜やニコルとの関係が百合百合しい……!



審査会の前、慣れない制服を着て、似合わない……と困惑。困り顔かわいい。


そんな彼女に、怒りを露わにしている子が一人いた。斎藤ニコルです。


「あなたって何でここにいるの? 面白くもないのに笑って? フリフリの衣装でお尻振って馬鹿みたい? アイドル馬鹿にしてる?

一番やりたくないことをしに来たって何? 意味分かんない……!」

みうが合田に言った言葉は――ニコルにとって、許せない冒涜だった。


「ごめんなさい……」消え入りそうな声で謝るみう。

「すぐ謝る人嫌いなの。だいたい、何その前髪? そんなんで何人のお客さんと目が合うの?

やる気がないなら今すぐ消えて。それがみんなのためよ

明確な敵意を向けられ、みうはその場にへたりこんでしまいます。



そして迎えた審査会。


……当然、みうにはアピールできることはなかった。

声は小さく、歌も歌えず、ダンスもよろけてばかり。特技はありません、とつぶやくことが精一杯。




(こんなのできるわけない……。こんな急になんて……踊れるわけないじゃん!)

(こんなことして何になるの? みんなだって同じ……急に命令されて戸惑ったまま、全員どこか手応えを感じられずいる。

これが審査会? たった2時間の練習で何が分かるの? 壁の指令だか知らないけど、本当に勝手……)


そう、心のなかでは不満ばかりが渦巻いていた。しかし――





みうの後に歌ったニコルのパフォーマンスに、圧倒された。


「すごい……!!」

みうの目には、彼女のことが輝いて見えていた。


ニコルのすごさは、メンバー全員が認めていた。しかし。


「センターは、滝川みう」

それが、壁の出した指令だった――。

誰もが、その結論に疑問を抱く。ニコルは圧倒的だった。

麗華にも「正直私も、何で滝川さんが選ばれたのかは謎だわ。あなたは声も小さかったし、ダンスも決して踊れてる方ではなかった」とはっきりと自分の駄目さを突きつけられてしまう。


「私はみうちゃんがセンターでも、面白いと思うな!」

「藤間さん……」

自分を責めそうになったそのとき、唯一味方してくれたのは桜だった。



(さくみう尊い)


それでも。

(なんで、私なんだろう……?)

その思いは捨てきれなかった。自分に自信なんて、あるわけない。みんなの前に立って、歌って踊るなんて考えられない。

彼女は一人、練習に参加できなかった。アイドルなんかより、バイトをひっそりとしたほうが、自分に合っている……と。

そんなみうの家に、一人の少女がやってきた。



「Hello!! みうちゃん!」

「ふ、藤間さん!?」



家の前の公園で、少しだけ話をする。

桜の荷物に練習着が入っているのを見て、みうはちょっと嫌な気分になった。きっと、連れ戻しに来たんだ。

――でも、桜はそうはしなかった。




「じゃ、私帰るね!」

「えっ、連れ戻しに来たんじゃ……」

「そのつもりだったけど、みうちゃんの顔見たら気が変わっちゃった」


困惑するみうに、桜は打ち明ける。

「実は、私も迷ってたんだ、やるかどうか。

アイドルだなんて、私、自分に自信があるほうじゃないし。

……でも、自分の殻を破るために、苦手なものでも飛び込もうとするみうちゃんを見て、なんだかウジウジ悩んでた自分がバカらしく思えちゃって




みうが叫んだ言葉は、桜の心にちゃんと響いていた。

「だからもう私は、みうちゃんからたくさんのものをもらったのかなって。

だから、みうちゃんがどんな決断をしたとしても、私達のことは、気に病まないで欲しい」






そう言って、少しだけ寂しそうな表情を見せてから――桜は笑った。




「私はみうちゃんが好き。大好き……!」



(こんなの結婚じゃん)


そんなハグの現場に、後から着けてきたニコル以外のメンバーたちが乱入。

――みんなも、みうのことを心配していたのだ。





みんなが心配してくれていた。

それがわかってもしばらく、みうはピンときていなかった。現実感がなかった。自分のことだと、受け止めきれていなかった。


別れ際。


「みうちゃん。次会うときは、桜って呼んでね!」

桜は連絡先を渡して、みんなと一緒に帰っていった。




翌日。GIPの事務所前に集まったみんなを、電柱から見る。



意を決して、近づいていく。



まだ、自分から挨拶するのも恥ずかしい。でも、そんなみうをみんなは受け入れてくれた。

桜はみうの手を取る。




「行こう、みうちゃん!」



「……うん!桜ちゃん!」

今週のベストショット!!笑顔がかわいすぎる!!!



――そして。更衣室で一緒になったニコルに宣言する。


「さ、斎藤さん!

あれは……私の本音。私はアイドルを好きじゃないし、その素養もなくて、きっとセンターにだってふさわしくない。

でも……もう少しだけやってみたい!

気に入らないし、迷惑かもしれないけど、どの道誰かに迷惑なら……自分のために、」




「斎藤さんに認めてもらえるアイドルになるまで!」


自分を受け入れてくれる友だちができて、笑顔をみせてくれるようになったみう。

そして――ニコルという目標に向かって、アイドルを目指すことも決意します!めっちゃ良い回でした。

さくみうなのか?みうニコなのか? こっからの展開にすごく期待。




ところで、お母さんのLINEには絵文字使って返すの、めっちゃかわいくないですか……。


アニメ3話:「今はここが、私の居場所だと思っています……!」


神回。ついにみうちゃんが、自信を持てた……!

そんな最高の回でした。かわいいし、尊くて、もうたまらん。


壁の指示によって決まった、2月27日のお披露目ライブに向け、練習に励むみうたち。

――しかし、センターであるみうには、ダンス講師から「滝川さんだけ遅れている」「周りが見えていない」と叱責が飛ぶ。

当然だ。まだみうは、アイドルとしての技術も、自信も、何も身につけてはいないのだから。


――化粧室で思い悩む彼女を、一人のメンバーが押さえつけた。



「斎藤さん!?あ、ちょ、やめ……なにするの!?」


「そんな前髪だからいけないのよ。先生にも言われたんでしょ。自信が足りないって。

そんなおどおどしてたら、私たちまで自信なく見えるじゃん」



「あなたがセンターって認めたわけじゃないけど、今はあなたが真ん中なの。これ以上、がっかりさせないで!」


そう言って、彼女は去っていく。みうの髪に――うさぎのヘアピンを着けて。



「うさぎ……かわいい……!」

みうはそうつぶやくも、すぐに今の状況を思い出す。真ん中。やはりその場所は重い。

「無理……」。消え入りそうな声で、つぶやくのだった。


そして迎えた、2月27日。22/7のお披露目ライブだ。


初のステージの眩しさに、圧倒される。それでも、少しずつ慣れてきて、歌もダンスもこなせるようになってきた。

できる。できるかもしれない……!


そう思ったみうの目に映ったのは、彼女のお母さんだった。


なんで、ここにいるの……?

アイドルのことなんて、秘密にしていた。心配をかけたくなかった。なのに――知られてしまった。

足がすくみ、ダンスがズレる。それでも、なんとか一曲、歌いきった。



……しかし、トークコーナーになると、本当に喋れなくなってしまう。

もともと、大勢の前で話すなんて無理だった。――しかも、いるはずのないお母さんに見られてしまって、もうどうしていいのかわからない……。


「ぇっと……埼玉県出身……滝川みうです。……よろしくお願いします」


――合田の判断で、みうのトークを打ち切って、次の曲が流れ始める。

呆然としていたみうは、困惑しながら歌い始める。


(私のせいだ……全部、私のせい。ごめん、お母さん。ごめん、みんな。

私が、秘密にしてたから。私が、歌やダンスが下手だから。私が、クビになったから。

いつもそうだ。私が馬鹿なせいで……どんくさいせいで、周りに迷惑かけて、やりたくないことから逃げて、人を悲しませて……

やっぱりやらなきゃよかった。アイドルなんて、やらなければよかった……)


「ごめん、みんな。ごめん……!」小さく、声に出してしまうほど、追い詰められてしまう。


――そのとき。機材トラブルで曲が止まってしまう。

お披露目ライブが、こんな形で失敗してしまう。みんなが困惑し、桜は涙を流す……。


無愛想な自分にも、手を差し伸べてくれた。そんな桜が泣いている。受け入れてくれたみんなが、困っている。

――今度は、私が桜ちゃんを、みんなを助けなきゃ。



ステージ横にあったピアノに座る。前髪が邪魔だ。見えない――。



ニコルからもらったヘアピンを着ける。これなら……!


僕は存在していなかったの続きを、ピアノで弾く。

すぐさま反応したニコルを皮切りに、みんなが歌い始める!




プロジェクターに映し出されたみうの表情は、とても楽しそうだった。それはメンバーたちにも、観客にも確かに魅力的に映った。歓声が、彼女のもとへ届く。そして。



「Wow!みうちゃんすごーい!」

「なにいまの!? かっこいい!」

「みうがピアノ上手かったなんて、全然知らなかったわ」

「素人のそれじゃありませんね」


みんなに讃えられる。そんなこと、今までなかった……。

それを実感する間もないまま、ニコルに手を引かれてステージへと戻る。



みんなからの歓声を聞いて、みうはマイクに向かって喋る。


「ぁの……私、この前までバイトしてたんです。サービスエリアで。

でも……その……クビになっちゃって。半分、ヤケになって始めたんです。アイドルを。

それが一ヶ月前。仕事と呼ぶには不確かで、夢と呼ぶほど前向きでもなくて。右も左もわからないことだらけだけど……」




「今日のステージ、こんなにも何かを成功させたいと思ったのは生まれて初めてで……ここが今は、私の居場所だと思っています。

今日はすごく楽しかったです。ありがとうございました」


みんなと協力して、ステージを作り上げた実感があった。自信が持てた。だからこそ、ここが居場所だと、そう思えるようになった。

胸を張って、自分が確かに成長したことをお母さんにお披露目したのです。


みうちゃん、マジで頑張った……!!

彼女にしかできないピアノ演奏で、みんなを支えたんです!

きっかけになったのが桜の涙っていうのもエモい。友達のためなら、勇気を出せる子なんだなって。

しかも、僕は存在していなかったの歌詞と展開がリンクしてて最高なんですよね。ちょうど2番の頭、”君”が必要としてくれた、生きていてもいいんだってところからピアノで再開ですから。





そして、そんな彼女に――


「その髪型……似合ってるじゃない」

ニコるんも少し、態度を軟化させます。デレきたああああ!!!

素直じゃない距離の詰め方をしてくる彼女に、みうも少し照れながら笑います。かわいい……!!



そしてエンディングはまさかのキャラソンですよ。ガチで神回でした……。





アニメ本編のキャラ同士の相関図(と百合描写)などはこちらにもまとめてありますので、よければどうぞ。

22/7のキャラクターの一覧や相関図・百合要素まとめ!さくみう、ニコみうが尊い……【ナナニジ】


あとは、本編以外にもショートアニメがあるので、そちらでの活躍も紹介していきます。


「あの日の彼女たち」day01 滝川みう





雪の積もった屋上で1人佇むみう。

リハーサルの時間を伝えに来たニコルは――風で見えたみうの目に、一瞬見惚れて息を呑む。




「あ、さぃ……さい……」

「リハ、始まるけど」

「あ、はい……!ありがとぅ……」

名前を呼べず、お礼も聞き届けられないまま。

……ぎこちないながらも、お互いにちょっとずつ距離が縮まってる感じがすき。


「あの日の彼女たち」day05 斎藤ニコル




ニコルのインタビューを見て、かつては自分と同じだった彼女を知る。

今でも頑張り続け、登り続ける彼女を、みうはまぶしげに見つめます。




少しでも彼女に近づきたい。彼女のことを知りたい。

「踊ってるときって、どんなことを考えてるの?」

「自分のことだけよ」

day1でほとんど会話できていなかったことを考えると、この問いかけって相当前進してますよね。感慨深い。


他・MVなど


「シャンプーの匂いがした」のMV中では、「先輩」役の絢香を想う「後輩」の立ち位置。






が、ここでもニコルがみうに好意を寄せている描写がちらほら。


「人に言えないくらい好きだった」というサビのところで、みうの方をちらりと見る。

桜に話しかけられているのに、美術室(絢香がみうに話しかけているところ)の方を見ているなど。


MV上の役割なのか、それとも……。

(シャンプーの匂いがしたのMVの関係描写に関しては、ジュン役の海乃るりさんのブログがめっちゃ詳しく考察されています。すごいのでぜひ。)



【22/7】滝川みうのMVでのかわいいところ・ポジション・立ち位置・衣装まとめ!【ナナニジ】


みうのポジションは、現在まででているシングルではセンターを務めています。MVではソロで映るパートも多め。

人前に立つのが苦手な彼女ですが、めちゃくちゃ目立つ立ち位置でがんばります。


僕は存在していなかった:センター







シャンプーの匂いがした:立川絢香とのWセンター







珍しくメンバーとの距離が近めでかわいい。ありがてぇ。


理解者:センター






何もしてあげられない:センター




MVでのダンスはなし。

ただやっぱりみうちゃんだけ立ち位置が特殊で、ライブでも西條さんがセンターです。



(MVの監督をされたukiさんのサイトより引用)


次に、計算中でのみうちゃんと他のメンバーの関係についてご紹介します!











【22/7】滝川みうの計算中でのかわいいエピソードや他のメンバーとの関係【ナナニジ】


次に、バラエティ番組、22/7計算中でのみうのかわいいエピソードをまとめていきます。

計算中はAbemaTVプレミアム(1ヶ月無料)で見れるので、気になったらぜひ。


#21 動物がマジで無理



デッサンクイーン決定戦にて。メンバーで水族館へ行きデッサンをするという企画。

……が、みうちゃんはどの魚も無理

独特の表現で辛辣に切り捨てていきます。




ウミガメ→「可愛くないです」

マンボウ→「ちょっと一番アウトです」

ヒトデ→「大丈夫です(いらないです、の意)」

魚→「全然アウトです」



シャチ→「いらないです」



クラゲ→「クラゲはセーフです」


「何か……こういうのが……よく……海で死んでるイメージ」


このコメントにはさすがのジュンも困惑。ガチのドン引きで笑う。



イルカ→「まだセーフ。でも飛んだ……」


「動かないで欲しい」


魚類から”圧”を感じて直視できないほどの小心っぷりが明らかになりました。



そして最終的に出来上がったデッサンが……


「身代わり」。右上の笑顔が眩しい。

ま、まあ水族館行くだけで頑張ったし!ね! 絵は上手いし!


#65 クイズ滝川みう 10万円使い切るまで帰れません!



みうのテンションが上がるところを見たいがゆえになされた企画。

10万円を支給し彼女に好きに使ってもらって、何を買ったのかを他メンバーが当てるクイズです。

普通であればご褒美企画。ですが……。



店員に話しかけられるのが嫌すぎて何軒も店を回ってはすぐ退散することを繰り返します。

レジが苦手で、普段から服とかもネットで買う彼女にとっては、外での買い物自体がハードルの高い行為……!!


しかし、10万円を使い切らなければこの企画は終わらない……!!


企画開始から2時間経過し、意を決して買ったものは、2000円分の靴下。


「レジがしんどい」

それでも彼女は頑張って店をまわります。


本屋にて本を選ぶ。選ぶ基準はだいたいタイトルで、「ハッピーエンドにならなそうなものを選ぶ」とのこと。筋金入り。


その他、一番テンションが上ったのは0円のラッピング袋だったり、


気に入った家具があるも、自分で組み立てられないからとあかねに頼んだりしようとしたり、



(あかねとの仲の良さが垣間見えて嬉しい)


うなぎ専門店へ行って、「どれも同じに見える」「(食器が)四角がいい(から、その料理を選ぶ)」



「(食べて)タレの味」と豪語するなど、独特のセンスを発揮します。


……結局、8時間以上のロケの末、買ったものとは。

みうの苦しむ姿を見たければ、ぜひAbemaTVプレミアムへ。


#39 春の告白クイーン



メンバーが自分で告白シチュエーションと台本を考えて演じるという、最高の企画。



みうちゃんが演じたのは「言えない気持ち」

気になっている男の子、大宮くんと一緒の日直。

黒板を掃除していたみうは、黒板に何かを書き込んでいた――。




帰ろうとする大宮くんを、みうは呼び止める。

「ぁ、ぁの……。なんでもない。じゃあ、また明日……」

そう言って帰っていくみう。隠れていた黒板が見えるようになる。そこには、みうの気持ちが書かれていて――。

続きは是非、AbemaTVプレミアムで。


#77 クリスマス告白大会



クリスマスにちなんで、告白シチュエーションを自作して演じる企画。

みうちゃんが演じるのは……「やっぱり言えない気持ち」。大宮くんシリーズです。


クリスマスパーティーの実行委員に選ばれた、みうと大宮くん。

大宮くんの家に行って、二人きりになる……。

部屋のカレンダーに、何かを書き込んでいるみう。




明日、みう一緒に買い出しに行く約束をした大宮くんが、カレンダーに待ち合わせの時間を書こうとすると――

そこには、みうからのメッセージが……!!

秘めた想いを書くみうのいじらしさみたいなのが見えて最高なので、AbemaTVプレミアムで是非見て欲しい!!


22/7のことをもっと知りたければ


22/7のことや、滝川みうのことをもっと知りたければ、AbemaTVプレミアムがオススメ。

上で紹介した、みうの告白シチュエーションを見ることができます!

ほかにもアニメでは見られない、各メンバーの可愛さや絡みが堪能できるようになっていて、ファンコンテンツとして秀逸なのでぜひ。

あともちろん、22/7のアニメも配信されます!


AbemaTVプレミアム


月額960円ですが、最初の1ヶ月は無料で試せます。

損はしないので、計算中を見てみたいって方はとりあえず登録がおすすめです。


サンデーうぇぶりで22/7の漫画が配信中!



無料マンガアプリ、サンデーうぇぶりで22/7のコミカライズが連載されています!

アニメよりも細かく、メンバーたちの過去が描かれていますのでこちらもぜひ。

無料アプリなので、とりあえずダウンロードがおすすめです。

サンデーうぇぶり






まとめ


滝川みうのかわいいところについてでした!

人見知りでありながら、シングル曲ではセンターを頑張って務めています。

ニコルとの絡みが公式では推されてる感じ。シャンプーの匂いがしたのMVでは絢香とガチ百合感出てて最高です。

計算中では彼女の独特のセンスが炸裂してて面白いので、気になった方はぜひ見て欲しい!


22/7のアニメや計算中を見るならこちら!

AbemaTVプレミアム


22/7のコミカライズが無料アプリで配信中です!

サンデーうぇぶり





こんな記事も読まれています


22/7のキャラクターの一覧・メンバーの相関図やかわいいところ・魅力を紹介!さくみう・ニコみう・百合が尊い……!【ナナニジ】

【22/7】斎藤ニコルがかわいい!性格や誕生日などのプロフィールや声優!滝川みうや他のメンバーとの関係・衣装や私服まとめ!【ナナニジ】

【22/7】佐藤麗華がかわいい!性格や誕生日などのプロフィールや声優!衣装や私服・メンバーとの関係まとめ!【ナナニジ】

【22/7】藤間桜がかわいい!性格や誕生日などのプロフィールや声優!衣装や私服・メンバーとの関係まとめ!【ナナニジ】

【22/7】立川絢香がかわいい!性格や誕生日などのプロフィールや声優!衣装や私服・メンバーとの関係まとめ!【ナナニジ】

【22/7】丸山あかねがかわいい!性格や誕生日などのプロフィールや声優!衣装や私服・メンバーとの関係まとめ!【ナナニジ】

【22/7】戸田ジュンがかわいい!性格や誕生日などのプロフィールや声優!薬指の包帯の意味や衣装や私服・メンバーとの関係まとめ!【ナナニジ】

【22/7】河野都(みゃーこ)がかわいい!魅力や性格・誕生日などのプロフィールや声優!衣装や私服・メンバーとの関係まとめ!【ナナニジ】










down

コメントする




カテゴリー



オリジナルブログの作り方

自分でブログを作ってみたい方は こちらをクリック
駿河屋スタッフ募集中