【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」(2期2話)は原作・漫画の何巻?ストーリー・あらすじと感想!(ネタバレ注意)

この記事では、【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」(2期2話)について解説します。

アニメ13話は原作・漫画の何巻に収録されているのか?を紹介して、あらすじと感想を語っていきます。


一部ネタバレを含んでしまうので、まだ見てない方は公式アプリのヤンジャン!をどうぞ。基本無料のゴールドで、推しの子の原作漫画が読めます。





【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」(2期2話)は原作・漫画の何巻?


まずは、【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」は、原作・漫画の何巻の話なのか?を紹介します。

13話では、続きとなるアニメ13話では、漫画5巻の44話~45話がアニメ化されました。







【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」(2期2話)のあらすじ・ストーリー(ネタバレ注意)


脚本の変更を要求する、原作者の鮫島アビ子。
先輩漫画家の吉祥寺が心配が的中するように、彼女は爆発してしまった。

許諾を出していたはずなのに、一体なぜそんなことが起きたのか。
それには、原作サイドと舞台サイドの「伝言ゲーム」に原因があった――。




【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」(2期2話)の感想!(ネタバレ注意)


ここからは、個人的な感想を語っていきます。

【推しの子】のアニメ13話(2期2話)の感想:あまりにもピンポイントな話題


この時期にこんな話をやるのか…



今回のお話は、『原作のキャラを改変され、原作の良さを台無しにされたと原作者が、脚本家にブチギレるお話』なわけですが、あまりにもタイムリーかつセンシティブな話題過ぎるように感じました。




脚本の出来にブチギレる原作者アビ子先生
漫画45話より
(C)赤坂アカ・横槍メンゴ・集英社



いや、勿論、原作が描かれたのはだいぶ前ですし、アニメの放送も随分前から予定されているわけですから、冷静に今年のはじめにあった『セクシー田中さん』の事件とは一切関係がないことはわかるんですが、それでもどうしても、まだ半年も経ってないこの時期にこういう話をみると、やっぱり色々考えちゃいますよね。


原作者と脚本家の間が伝言ゲームになるなんて、ある意味、”まんま”とも言えますし





こういった事件が起こる原因の一つとされるもの
漫画45話より
(C)赤坂アカ・横槍メンゴ・集英社



――ただ、考えてみれば、大々的に話題になったのこそ、今年はじめの事件ですが、この手の話題はアニメや実写化でこれまでも無限にあった話題とも言えますよね。

私も、好きな原作のアニメや実写が、あんまりな出来で悲しくなったことだって、一度や二度じゃないですし。それこそ、推しの子でもこの話の伏線は一期の頃からやってますよね。




業界の闇にバッサリ切り込むルビーちゃん
漫画15話より
(C)赤坂アカ・横槍メンゴ・集英社



今現在も、SNSではブラックジャックの実写問題で荒れてたりしますし(※あれは公式、原作側から許可取ってます)、この手の話題でアニメと現実が被った!とか言ってもしょうがないのかもしれません。
(原作改変でどんなことがあったか気になる人は、色々検索すると良いと思います。多分、無限に話題が出てきます


とりあえず、リアルの話を作品の感想にこれ以上持ち込むのも違うと思いますので、続きの感想にいきましょう。







【推しの子】のアニメ13話(2期2話)の感想:悪人がいないのが問題



さて、改めて今回の事件を振り返ってみると、何が辛いって悪人がいないのがキツイんですよね。

まず、当然ですが、原作のキャラをバカに改変されたアビ子先生は怒っていい。あまりにも正当な怒りです。


じゃあ、今回の脚本家は責められるべきなのか?







脚本と舞台に対し、非常に真摯な脚本家
漫画45話・46話より
(C)赤坂アカ・横槍メンゴ・集英社



とてもそうは思えません非常に脚本に真摯な方です。


あえていうと、この二人の間に入った大人たちが気を使って言葉をマイルドにしたのが悪いと言えば悪いかもしれませんが、これも多分、社会人として普通なんですよねぇ。
私は社会人経験に乏しいのでなんとも言えないですけど、例えばこのアビ子先生の言葉をそのままSNSで公開したら、多分炎上するぐらいには過激なわけで、普通の会社の人なら、言葉をオブラートに包んじゃうのもしょうがない気がします。


これがもっとそれこそ、「金のために原作改変したぜ!」みたいなわかりやすい悪役がいれば、そいつを責めれば済むわけですが、そういうことも出来ないわけで、どう考えたもんかが難しくなってしまいます(そして、そんな安易な作劇をしないところが、原作の赤坂アカ先生の素晴らしいところだとも思います)



なのでもう、なんというか、こういう内情とか慣例を一切知らない外野の勝手な意見としては、やっぱり原作者と脚本家が直接話すべきと思っちゃいますよねぇ。今回の話も、実は原作者と脚本家自体のセンスは相当に近いんですよ。言葉が少ないほうがエモいって感性は一致してますし。





原作者の意図が真逆に伝わる伝言ゲーム
(ちょっと話それるけど、ここは原作漫画の表現が、見開きの左右の一番上のコマ同士で伝言ゲームのスタートとゴールになってるのがとてもいい表現で好き)
漫画45話より
(C)赤坂アカ・横槍メンゴ・集英社



少なくとも今回の話に関しては、絶対にアビ子先生とGOAさんが最初から良く話し合ってれば絶対に起きないですよね。





そんなわけで、ここまでこじれちゃったらもう、正直どうしようもないというか、時間も少ないですし、原作者は頑固そうだしで詰んでるって感じしかしないわけですけど、それでもアクアならなんとかしてくれそう感が強い




仙道なみに頼りになる男、アクア
漫画46話より
(C)赤坂アカ・横槍メンゴ・集英社




正直、こういう時の智将アクアはマジで頼りになるというか、凄くロジカルに人の心を操るイメージがあるので、どんなふうに解決してくれるのか楽しみでなりません。


果たしてこのややこしすぎる問題をアクアは――そして、この推しの子という作品はどのように決着をつけるのか?


次回も、本当に楽しみです♪




【推しの子】のアニメ13話(2期2話)の内容を基本無料で読むなら


【推しの子】のアニメ13話の内容を漫画で読むなら、公式アプリのヤンジャン!がおすすめ。

ヤンジャン!
ヤンジャン!
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

基本無料でもらえるボーナスゴールドで、最新話まで推しの子が読めます。






まとめ


【推しの子】のアニメ13話「伝言ゲーム」(2期2話)についてでした。
原作漫画だと、漫画5巻の45話~47話のストーリーとなりそうです。


【推しの子】の原作を読むならこちら。基本無料でもらえるゴールドで、漫画が最新話まで読めます。

ヤンジャン!




【推しの子】の関連記事


【アニメ2期の情報】まとめ
【有馬かなの可愛さ・魅力】まとめ
【黒川あかねの可愛さ・魅力】まとめ
【アクアのかっこよさ・魅力】まとめ

推しの子の単行本感想
【9巻】【11巻】【12巻】【13巻】
【14巻】【15巻】【16巻】

推しの子の本誌各話感想
【145話】

推しの子アニメの各話感想
【2話】【3話】【4話】【5話】
【6話】【7話】【8話】【9話】
【10話】【11話】【13話】【14話】
【15話】



関連:かぐや様は告らせたいの記事


【かぐや様4期情報】まとめ
【未回収の伏線】まとめ
【恋愛・相関図】まとめ
【藤原の可愛さ・蔑称】まとめ
【かぐやの可愛さ・恋愛】まとめ
【会長のかっこよさ・魅力・特訓】まとめ
【早坂の可愛さ・魅力】まとめ
【伊井野ミコの可愛さ・恋愛】まとめ
【石上のかっこよさ・恋愛】まとめ
【つばめ先輩の可愛さ・恋愛】まとめ

かぐや様の原作各話感想
【263話】【264話】【265話】【266話】
【267話】【268話】【269話】【270話】
【最終回】


created by Rinker
¥770 (2024/07/25 08:28:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥8,720 (2024/07/24 11:56:19時点 Amazon調べ-詳細)