龍と苺の最新話・179話「神の一手」のあらすじと感想!(ネタバレ注意)

今回は、龍と苺の最新話・179話「神の一手」
のあらすじと感想
を語っていきます。





龍と苺の最新話・179話「神の一手」のあらすじ(ネタバレ注意)


お互いに1分将棋となり、
勝負を仕掛けた苺。
ベストな応手の山野辺だったが、
苺の一手で評価値が逆転する。


(C)柳本光晴・小学館


次第に追い詰められていく山野辺。
苺が閃いたという一手に、
「神の一手だな」とつぶやき、彼は投了する――……。





龍と苺の最新話・179話「神の一手」の感想(ネタバレ注意)


ここからは、個人的な感想を語っていきます。

龍と苺の最新話・179話の感想:苺、にんげんやめるってよ


藤井聡太か

苺かっけぇええええええ!!

やばい!やばすぎるって!
もしかしたら勝つかもとは思ってたけど、
ほんとに山野辺竜王に勝っちゃたよ!!


苺が今回指した手――AIも気づかない妙手というのは、実際に存在する。
色々と有名なエピソードがあるが、
最も有名なのは、2020年6月28日に、藤井聡太(当時七段)が棋聖戦第二局の「△3一銀」だろう。





あるんだな、これが
(C)柳本光晴・小学館




当時、58手目の「3一銀」に対して、AI作者はこのように言っている





恐ろしいのは今回、苺が指した手が一分で出てきたということ。


4年前の当時、藤井聡太7段が使った考慮時間は23分


最善手RTAを22分も更新である


どう考えても人間ではない。
化物である。

ここまでくるとファンタジーだ!メルヘンだ!と叫びたくなるところだが、
最近の藤井聡太も負けていない。

2023年5月28日第8期叡王戦第4局では、藤井聡太叡王が、わずか一分強で、AI超えの手を編み出している。



なんかもう、将棋漫画というものは、どこまでファンタジーにしても、現実が許してくれる感が強い


現実に追い抜かされまくってる作品もあることだし…




竜王を超えた苺。
次はいよいよ名人超えか?
それとも、この後のプロ入りで一悶着ある?

はたまた、まさかの最終回直前?


本当に毎話毎話、緊張感と驚きが詰まっていて面白すぎる漫画である。

正直、ちょっとアニメ化するのは厳しいと感じているけど(あるとしたら、同作者の『響』のように、実写映画かドラマ化か?)、
本当に熱い漫画なので、
まだ見てない人は、是非ともアプリで一度でいいから覗いてみてほしい。


龍と苺は、サンデーうぇぶりで176話まで基本無料!


龍と苺は公式アプリのサンデーうぇぶりで配信中。

サンデーうぇぶり
サンデーうぇぶり
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

14巻の続きとなる138話~176話まで
基本無料のチケットで読めます。






まとめ


龍と苺の最新話・179話「神の一手」の感想でした。

サンデーうぇぶりでは、
龍と苺が176話まで基本無料のチケットで読めます。





【龍と苺】の関連記事


龍と苺本誌の各話感想
【177話】【179話】【180話】
【181話】【182話】【183話】
【184話】【185話】【186話】
【187話】


created by Rinker
¥3,980 (2024/04/12 04:50:03時点 Amazon調べ-詳細)