キングダムの73巻の発売日はいつ?特典にあらすじや感想!(ネタバレ注意)

2024年5月17日に、キングダムの72巻が発売されます。

なので続きとなる、キングダム73巻について紹介します。

発売日や特典、収録話をまとめて、あらすじと感想を語っていきます。




キングダムの73巻の発売日はいつ?


キングダムの73巻の発売日は、まだ発表されていません。

ですが、単行本の発売日は、これまでの発売ペース休載があるかどうかによって、ある程度予想ができます

そして、これらの情報から予想すると、73巻の発売日は、2024年8月16日(金)になる可能性が高いです。


というのも、キングダムの発売日は以下のようになっています。

キングダムの発売日
巻数発売日間隔
66巻2022年9月16日
67巻2023年1月19日(約4ヶ月後)
68巻2023年4月18日(約3ヶ月後)
69巻2023年7月19日(約3ヶ月後)
70巻2023年11月17日(約4ヶ月後)
71巻2024年2月19日(約4ヶ月後)
72巻2024年5月17日(約3ヶ月後)

このように、キングダムは3~4ヶ月に一冊のペースで発売されています。

それに加えて、現時点では休載がないので、早めの発売となりそうです。

なので、キングダムの73巻の発売日は、2024年8月16日(金)になる可能性が高いです。

次に、キングダムの73巻の特典を紹介します。




キングダムの73巻の特典は?


キングダムの73巻の特典はまだ発表されていません。

ですが、キングダムの単行本は61巻以降、特典がついてきていません。

なので、73巻も特典がない可能性が高いです。


次に、キングダムの73巻に何話が収録されるのかを紹介します。






キングダムの73巻のあらすじと感想!(ネタバレ注意)


次に、キングダムの73巻のあらすじについて紹介します。

キングダムの73巻には、791話~801話が収録される予定です。


前回の72巻では、王翦の本陣に迫る司馬尚が迫る……!?というところで終わりました。

その続きとなる、73巻のあらすじと感想を語っていきます。


ネタバレを含んでしまうので、苦手な方は公式アプリのヤンジャン!をどうぞ。基本無料で73巻の内容が読めます。


791話のあらすじと感想

791話「他人の戦争」のあらすじ
ジ・アガの死を知った司馬尚。彼は李牧が来た時のことを思い出す――。
791話より

というわけで、青歌が戦うことを選んだのは、李牧の演説によってやる気になったからだそうです。

簡単に李牧の言い分をまとめると……


791話より
(C)原泰久・集英社


「青歌が戦わないと外で悲劇が起こるけど、そんなのが”青歌の心”でええんか?後ろめたくないんか??」

「戦うんなら私が勝ち続けてやるよ」



といった感じ。
(かなり私の主観が入っちゃってるので、詳しくはご自身でお確かめください……)

李牧さん、その演説はどうなの……??

な、なんだろう……。
構図は合従軍編での政の演説(330話)と一緒ではあるんですが、あまりに心に響かなくて困った。

いや、あの名場面と比べてもしょうがないというのはもちろんそうなんですけど。
それにしたって、言い方と実態が卑怯に見えちゃったというのが、正直なところです。

なんだろう、民の良心を利用しようとしてる感がすごい。

「私たちがこれまで守ってやってたんですが?」みたいなことを言っちゃうあたりとかもキツイ。

何より、その後やってることが、自分は引っ込んで青歌に命を張らせてるように見えちゃうのがもう、ダメよ。
(作戦なのは分かるけどさ……)

良くも悪くも、人を戦いの道具として見てるように感じられてしまうのが、ちょっとしんどかったですね……。


逆に、政は民一人ひとりに礼を尽くすし、自分も戦場に立つわけですよね。相手の心を慮ってる。

キングダム 73巻 李牧 演説 政
330話より
(C)原泰久


後には、自分の行いを後悔もしてる(353話)あたり、心から尊重してるのが分かります。

人を人として重んじてるの、マジでいい王だよ……。


……と、なぜか李牧回のはずが、政のかっこよさを再確認できる回でした。また、330話あたりを読もう!!


792話のあらすじと感想

792話「脱出の責任」のあらすじ
ジ・アガの死に報いるため、一気攻にめる青歌軍。王翦を守る倉央と亜光だったが……?
792話より
ともあれ、李牧が戦に引き込んだ青歌の力で、王翦の本陣は壊滅寸前。ついに目の前まで司馬尚が迫ります。

ここで倉央と亜光が、二人とも進んで殿を務めるのが、忠義の厚さを感じて最高に熱い!!

こういう時に迷わず命を懸けられるかっこいい人ばかりだから、負け戦でも読めちゃうんだよな……。

キングダム 73巻 感想 亜光
792話より
(C)原泰久

それどころか、負けて自分が死ぬことになってもなお、王翦の覇道を一切疑わずに叫ぶの、死ぬほどかっこよくてビビりました。最高です。

793話のあらすじと感想

793話「本物の殿」のあらすじ
飛信隊・玉鳳隊と合流する信。一方、包囲された王翦のもとには田里弥が駆けつける!?
793話より

前巻の感想で、「王翦軍一の殺傷部隊(笑)」「かませではwww」とか言って、本当にごめんなさい。

瀕死になってもなお駆けつけて王翦を逃がすとか、ガチの忠臣だった。かっこよすぎる。

珍しく王翦が動揺してるというか、執着を見せているので、これまでの戦でも救われてきたんだろうな、と。

今まで注目してなかったのに、ここに来て王翦軍の株が上がり続けてて、急に惜しくなってきた……。


794話のあらすじと感想

794話「根を残す」のあらすじ
田里弥の犠牲と、亜花錦の乱入で包囲を抜けた王翦。しかし、李牧により、王翦軍は壊滅させられるのだった……。
794話より

ひええ……惨敗や……。。。

亜光と田里弥の犠牲、そして亜花錦の乱入でようやっと王翦が脱出に成功です。

これだけで相当な痛手……って思ってたら、本当に王翦軍が壊滅してて、秦自体がどうなっちゃうのレベル。

でも、ずっと黙りこくってた王翦が、はっきりと復活への道筋を見ていたことだけが救いですね。

キングダム 73巻 王翦 かっこいい
794話より
(C)原泰久・集英社

やっぱり王翦はこうじゃないと!!!

最近のお口ポカーンな王翦様、さすがにどうかと思ってたので、ようやっと、かっこいいところが見れそうでめっちゃ楽しみ!!

ミスっても折れずに、全力でリカバリーを考えられるのが強者ですよね。見習いたいところ。


……とはいえ、王翦軍はほぼ壊滅かぁ。ここから”復活”って何をどうするんだ……??

そもそも逃げ切れるかもわからないし、逃げたとて次があるかはわからない。

でも、王翦のこれまでの功績を考えると、絶対思いも寄らない手でなんとかしちゃうんだろうなと、期待しちゃいます!


……と、感想はここまでにしておきます。続きはぜひ、ヤンジャン!や単行本でお楽しみください。

王翦軍の忠義とカッコよさが最高なので……!!



キングダムの73巻の内容をいち早く読むなら


ヤングジャンプの公式アプリ、ヤンジャン!なら最新話までキングダムが読めます。

ヤンジャン!
ヤンジャン!
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

基本無料でもらえるボーナスゴールドで、73巻の内容が発売前に読めます。
なので気になる方はぜひ791話からご覧ください。





まとめ


キングダムの73巻についてでした。
発売日は2024年8月16日(金)となるでしょう。


キングダムを読むなら、公式アプリのヤンジャンをどうぞ。
基本無料のボーナスゴールドで73巻の内容を発売前に読めます。

ヤンジャン!で791話以降を読む





キングダムの記事


【アニメ6期の情報】まとめ
【アニメ5期】の情報まとめ
【死亡キャラ】の一覧・まとめ
【合従軍編の武将・キャラ】まとめ
【政のかっこいいシーン・名言】まとめ
【桓騎のかっこよさ・名言】まとめ
【桓騎の過去】まとめ
【麃公のかっこよさ・名言】まとめ
【王翦のかっこよさ・名言】まとめ
【呂不韋の最後・名言】まとめ
【汗明の面白さ・セリフ】まとめ
【合従軍の羌瘣】まとめ

キングダムの単行本感想
59巻64巻66巻67巻68巻
69巻70巻71巻72巻73巻


created by Rinker
ノーブランド品
¥44,561 (2024/05/26 16:39:49時点 Amazon調べ-詳細)