ベルセルクの最新話・375話「晴れぬ夜霧の朝まだき」のあらすじの感想!(ネタバレ注意)

ベルセルクの最新話・375話
「晴れぬ夜霧の朝まだき」
のあらすじの感想
を語っていきます。


43巻のネタバレを含んでしまうので、
まだ読んでいない方は375話が掲載されている
ヤングアニマル 2023 No.22を読んでください。
(※雑誌のバックナンバーは、販売期限が過ぎている場合があるのでご注意ください)






ベルセルクの最新話・375話「晴れぬ夜霧の朝まだき」のあらすじ(ネタバレ注意)


予言どおりに現れた船を警戒し、
襲撃したクシャーン兵たち。


捕らえられたガッツだったが、
リッケルトが彼の正体に気づく……!?





ベルセルクの最新話・375話「晴れぬ夜霧の朝まだき」の感想(ネタバレ注意)


ここからは、個人的な感想を語っていきます。


ベルセルクの375話の感想:若、襲来



若まで出てきたー!?

前回の感想で、「最後に出てきたキャラはリッケルトかなー?どうかなー?」とか言ってましたが、
若まで出てきたらもう確定じゃないか!

これはいよいよ、ガッツ一行+リッケルトやクシャーン VS 鷹の団が現実味を帯びてきました!


しかしここで、リッケルトがかなり気になることを言ってますね。


リッケルト
「――まさかこんなに遠く離れた異国の地で、
言葉が通じる人たちと遭遇するとはね。

でも君達は、
クシャーンの領海上に突然出現した
正体不明の不審船…

だから君達には悪いけど、
このまま拿捕させてもらうよ」

――船長たちと話すリッケルト

375話(ヤングアニマル 2023 No.22収録)より
(C)三浦建太郎・スタジオ我画・森恒二・白泉社



突然、クシャーンの領海に出現した…?

え、まって?どゆこと?
かなり混乱してます。

これは、
妖精島が偶然、クシャーンの領海上のすぐ近くにあったということでしょうか?
それとも、気づかぬうちに、ワープかなんかをしてしまったということ??

もし、後者とすれば、それはなぜ?
一体誰が、ガッツ達の船を飛ばしたのか?





えーっと、そもそも僕の記憶が確かなら、
まず、クシャーン帝国って、ミッドランド王国から見て、東にあるんですよ。

リッケルトや若が亡命した【バーキラカの里】の方は、場所は明らかになっていないものの、
今回リッケルトが自分から「クシャーンの領海」と言っていることから、
同じく、東に位置するのは間違いないでしょう。


しかし、一方で妖精郷(妖精島)は、西海の孤島・スケリグ島にあります。



真逆に位置してるんだが?


えー?これどういうこと?

僕の勘違いだったら申し訳ないんですが、
仮に勘違いじゃないとすると、誰かに飛ばされたか、地球を一周したかぐらいしか考えられません
(西の果てまでいけば、ミッドランドの東の果てにはたどり着く)


地球を一周した可能性はもちろんあるとして、
今回は、もし誰かに飛ばされたとしたらで考えてみましょうか。


誰かって?
そりゃ、グリフィスしかいないですよね。


なんで?
ガッツをリッケルトやシラット(若)達と合わせるためぐらいしか考えられません。


なぜガッツをリッケルト達と引き合わせた?

……
…………
………………


ガッツに戦力を整えさせて、自分と争わせるため……???



今、自分でリアルタイムに考えながら文章を書いてて、鳥肌が立ちました。

これ、案外可能性はゼロじゃあない気がします



グリフィスがゴッドハンドになった理由って、
勿論、『自分の国を手に入れる』というのが動機ですが、

そもそも、闇落ちしたきっかけって、ガッツにフラれたからなんですよね。

ガッツが、自分の手の中から抜け出して、
一人の自立した男(大人)として、自分の元から去っていった……

そこから、グリフィスは自暴自棄になり、
最終的に真紅のベヘリット(覇王の卵)と再開するわけです。


つまり、そもそものグリフィスの行動の優先順位って、

国を手に入れる<<<ガッツを自分のものにする


なんですよね。


一応、
グリフィス自身は、転生(受肉)した直後、それを否定しています。



「――確かめに来たんだ。
この新しい肉体で、おまえの前に立って。

こころが揺さぶる何かがあるのか。

…………
どうやら、
オレは、
自由だ」

――ガッツとリッケルトの前に突然現れたグリフィス

22巻より
(C)三浦建太郎・白泉社



でも、そういう割に、
ガッツを前にしてときめいてるし、

全然説得力はありません


そもそも、グリフィスが自分の国がほしいと言うならば、
その目的は、既に殆ど達成していると言って良いはずです。


この世界で、グリフィスに敵対するものなど、ほとんどいません。
人類の99%は、グリフィスを崇拝しています

国どころか、世界の王と言っても過言ではないポジションです。


それがなーんでまた、
キャスカをさらって、ガッツが自分に敵対するような真似をするんですかねぇ?

なーんで、
わざわざ自分を憎んでいるリッケルトと出会わせるような真似をするんですかねぇ?


……なんか、だんだんグリフィスが、
好きな女の子にちょっかいをかける、小学生の男の子みたいに見えてきました。

ガッツの気は引きたいけど、プライド高いし恥ずかしいから、
ついイジワルしちゃって、それで振り向いてくれたら嬉しいな……みたいな


もちろん、これはすべて
ガッツ達を飛ばしたのがグリフィスという仮定を前提にした話ですので、
完全に僕の妄想レベルの話にすぎません。


ただ、一つ言えるのは、
少なくとももしグリフィスがキャスカをさらわなければ、
おそらくガッツはもうグリフィスと敵対することはなく、
グリフィスはすんなり世界の王のなれたであろう、

というのは、確実だということですね。



最近のベルセルクは、更新頻度も安定してて、凄く嬉しいです。
僕の妄想があってるにしろ間違ってるにしろ、
続きが楽しみすぎて、仕方がありません。

本当に面白いので、
まだ見てない方は、是非とも雑誌で読んでみて下さい!


ベルセルクの単行本や、375話を読むなら


ベルセルクの375話を読むなら、
ebookjapanというサイトがおすすめ。

初回は70%OFFクーポンがもらえるので、
375話が掲載されている
ヤングアニマル22号が安く読めます。


ヤングアニマル 2023 No.22を今すぐ70%OFFで読む

今すぐ最新話を読みたい!という方は、
こちらからどうぞ。


単行本未収録のエピソードも安く読めます。

374話収録号(42巻の続き)

(※雑誌は販売期限を過ぎている場合があるので、ご注意ください。)


もちろん、ベルセルクのこれまでの単行本も70%OFFクーポンが使えます。

ベルセルクを今すぐ70%OFFで読む

安くまとめ買いできるので、
改めて電子で揃えたいという方はぜひ。


ベルセルクは公式アプリのマンガParkで、40巻まで基本無料!


また、ベルセルクは白泉社公式アプリの
マンガParkにて配信されています!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
開発元:HAKUSENSHA.INC
無料
posted withアプリーチ

基本無料でもらえるコインで、
40巻まで読み進められる
ので、
連載再開を機に読み返したいという方は、
インストールしてご覧ください!





まとめ


ベルセルクの最新話・375話「晴れぬ夜霧の朝まだき」の感想でした。

ベルセルクの375話が掲載されている、
ヤングアニマル2023年22号はこちら。

ヤングアニマル 2023 No.22を今すぐ70%OFFで読む

単行本未収録のエピソードも安く読めます。

374話収録号(42巻の続き)


こちらだと、ベルセルクの単行本も安くまとめ買いできます。

ベルセルクを今すぐ70%OFFで読む

(※雑誌は販売期限を過ぎている場合があるので、ご注意ください。)


ベルセルクは、白泉社公式アプリの
マンガParkにて配信中!

マンガPark

基本無料でもらえるフリーコインで
40巻まで読める
ので、
この機会に読み返したい方はぜひ!





ベルセルクの記事


ベルセルクの単行本の感想
【41巻】【42巻】【43巻】

ベルセルク本誌の各話感想
【365話/366話】【367話】【368話】【369話】【370話】
【371話】【372話】【373話】【374話】【375話】
【376話】


created by Rinker
¥29,315 (2024/06/21 13:42:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
白泉社
¥715 (2024/06/21 09:00:56時点 Amazon調べ-詳細)